【MHW】モンスターハンターワールドにおけるスリンガーの操作方法と使い道について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

モンスターハンターワールド(以下MHW)からの新要素、スリンガーについての記事です。ここでは、スリンガーの操作方法や使い道についてまとめていきます。

スリンガーは今作で初登場したハンターの新アクションですが、簡単操作で様々な用途で役立つ万能装備になっています。MHWの醍醐味の一つである環境利用や、アイテムをより便利に扱うことができるようになり、スリンガーを上手に使いこなすことで狩りがより快適になります。

【1】スリンガーの操作方法

(1)弾の装填について
弾の装填には2つの方法があります。
①マップに落ちているスリンガーの弾になるアイテムを拾うと自動で装填する
②アイテムポーチからスリンガーの弾を選び、□ボタンで装填する

石ころなど、マップ上のアイテムは拾うことで自動装填されます。装填されている状態で別のスリンガーの弾を拾ったり、アイテムポーチから装填すると古い弾はその場に置かれます。アイテムポーチのスリンガーの弾は、弾が更新されるとアイテムポーチに戻ります。

(2)発射の仕方
照準:L2ボタン
発射:L2を押しながらR2ボタン

弾が装填されている状態で、納刀時にL2で照準、R2を追加入力で発射です。弾速はかなり速いので、打てばすぐに目標に到達します。移動しながら発射することも可能です。ちなみに、片手剣だけは抜刀状態でもスリンガーを使用できます。

【2】スリンガーの使い道
スリンガーはモンスター狩猟時はもちろん、探索中にもハンターの活動をサポートしてくれます。

(1)装填した弾をモンスターに当てる
スリンガーの弾はモンスターに当てることでダメージを与えたり、怯ませたりすることができます。
過去作ではこやし玉や閃光弾、各種投げナイフは手投げでモンスターに当てていましたが、今作ではスリンガーに装填して発射します。一見面倒くさそうですが、一度装填してしまえば回復薬などの他のアイテムにカーソルを合わせた状態で閃光弾だけを発射することができるので、非常に便利です。

(2)マップの環境生物に当てる
今作では、シビレガスガエルなど、モンスターとの戦いを有利に進められる環境生物がマップの様々な場所にいます。それらは直接近づいて〇ボタンで利用することができるのですが、スリンガーの弾を当てることで利用することもできます。これも覚えておくと非常に狩りが捗ります。

(3)モンスターとの乗りバトルで使用する
モンスターの上に乗っているでもスリンガーは発射可能です。それだけでなく、モンスターに吹き飛ばされた時も、条件が揃っていれば自動でスリンガーを使ってモンスターの上に乗り直し、乗りバトルを継続することができます。

(4)マップの移動を便利にする
①楔虫に向けて発射してワイヤーアクションを行う
マップ内には様々な場所に楔虫という生物がいます。その楔虫にスリンガーを当てると、ワイヤーアクションができます。これによって足場の悪いところではジャンプ移動でスムーズに移動することができたり、段差の多い地形を一気に進むことができたりすることができるので、移動がとても楽になります。

②ヒカリゴケを発射して暗いところを照らす
そのままですが、洞窟内など、暗いところでヒカリゴケを発射すると、周囲を明るく照らしてくれます。

以上、MHWにおけるスリンガーの操作方法と使い道についてでした。記事が長くなりすぎるので、スリンガーの弾の種類や入手方法については他の記事で紹介します。
これまで全く使ってこなかった要素なので、最初は使用に戸惑うかもしれませんが、確実に今作の狩りを効率良くしてくれる有用な装備です。使い方をしっかりマスターして、ハンターライフを充実させましょう!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする