【MHXX】片手剣×ブレイヴスタイルの考察 ~操作方法、立ち回り方について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

この記事では、片手剣×ブレイヴスタイルの操作方法や立ち回り方についてまとめていきます。


モンハンダブルクロスから新たに追加されたブレイヴスタイルですが、ブレイヴ状態になると強力な固有技が使え、継続的に高火力を発揮できることから人気のあるスタイルとなっています。みんな目新しさで使っていた発売当初に比べるとオンラインで見かける数は減ってきましたが、それでもよく見かける人気スタイルとなっています。実際、私も様々な武器種を使っていますが、ブレイヴスタイルをメインにどの武器も使っています。

今回は、そんなブレイヴスタイルと片手剣の組み合わせについて考察をしていきます。
どの武器種にもいえるブレイヴスタイル全般に関する内容は以下のリンクよりどうぞ。

【MHXX】新スタイル「ブレイヴスタイル」考察 ~特徴と立ち回り方について~

【1】ブレイヴスタイルの操作方法
ブレイヴスタイルでは非ブレイヴ状態でアクションに制限が大きくかかるという特徴があります。片手剣の場合は、バックステップが使えなくなること、連携中に回転斬りへの派生ができなくなっていること、の2点です。どちらもモンスターとの間合いを調節できる攻撃であり、リーチの短い片手剣とって重要な攻撃なので、痛い制限です。ただし、ブレイヴ状態になれば固有アクション「バックステップ連撃」が使えるようになり、そこから真回転斬りに派生することができるようになります。なので、やはりブレイヴ状態になってからが本番ということになります。納刀キャンセル攻撃は以下の2種類です。

〇納刀キャンセル攻撃とそのコマンド
①ジャンプ連撃(Y→X)
前方にジャンプしながら攻撃を加えます。前に進んで攻撃するため、モンスターとの間合い調節に役立ちます。「ジャンプ」連撃という名前ですが、エリアルスタイルの攻撃のように乗り蓄積値は溜まりません。なので、この攻撃を続けても乗り状態になることはできません。まあ、それができたらエリアルスタイルの立場がないので、当然といえば当然ですが。

②回転斬り(Y→A)
非ブレイヴ状態の回転斬りはこのコマンドで出していきます。前方にやや出つつ斬る攻撃です。

〇ブレイヴ状態での固有アクション
・バックステップ連撃
連携中にX+Aを入力することで出すことができます。一度バックステップしてから攻撃を仕掛けていくため、モンスターの反撃を一度躱してから攻撃を仕掛けることが可能です。この攻撃からさらにA入力で真回転斬りに派生できます。リーチの短い片手剣にとっては攻撃範囲も広くエフェクトも派手で、重要な攻撃になります。ブレイヴ状態になったらバックステップ連撃を使える場面を積極的に増やしていき、ダメージソースを稼いでいきましょう。


【2】基本的な立ち回り方
(1)非ブレイヴ状態
攻撃をどんどん加えていき、早くブレイヴ状態になることを目指していきます。納刀キャンセル攻撃だけに頼るのではなく、通常攻撃も積極的に狙っていき、ブレイヴゲージを溜めていきます。手数の多さが火力に大きく影響する武器のため、非ブレイヴ状態でも手数を稼いでいくことが総ダメージの増加に繋がります。納刀キャンセル攻撃以外のブレイヴゲージ増加量はたいしたことありませんが、他の武器と比べて圧倒的に手数が多くなる武器なので、ブレイヴゲージも溜めやすいでしょう。

(2)ブレイヴ状態
ブレイヴ状態になるとバックステップ連撃が使えるようになり、連携の幅が広がります。もちろん、バックステップ連撃からの真回転斬りばかりを狙うのではなく、絶えずモンスターに攻撃を加えつつモンスターから反撃を受けるギリギリのところまで攻撃していくという他のスタイル同様の戦い方をしていきます。バックステップ連撃からの真回転斬りはハンター自身が大きく移動しながら攻撃を仕掛けていくため、攻撃している場所がブレやすくなってしまいます。定点攻撃を仕掛けていく上ではバックステップ連撃をしない方がやりやすいという場面もありえますので、モンスターのようすを見つつ、その場その場に合わせた連携を使っていきましょう。

以上、片手剣×ブレイヴスタイルの考察でした。堅実に器用に立ち回れるかわりに、派手な一撃がない片手剣ですが、ブレイヴスタイルのような超攻撃的スタイルでも派手な大技をもらうことはできませんでした。やはり片手剣で重要なのは大きな一撃を当てようとするのではなく、常にモンスターにダメージを与えるように立ち回りつつ、罠・爆弾などのアイテムを活用して戦っていくことだということですね。そういう点では初心者が使うというよりは、中~上級者が使っていく玄人向けの武器という感じを受けます。他にもスタイルの選択肢はありますが、ブレイヴスタイルも1つの候補として考えてみてもいいかと思います。