【ドッカンバトル】WDOKKANフェス限定キャラクター 超ゴジータとスーパージャネンバの考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

久しぶりのドッカンバトルの記事です。本日、公式Twitterで明日からのWDOKKANフェスで新しく追加されるフェス限キャラクター、超ゴジータとスーパージャネンバの戦闘ムービーとステータス画像が公開されました。この2体はすでに同名のフェス限が出ているのですが、今回コスト58キャラとして再び帰ってきました。


旧版の2体とも未だに最前線で戦っていける性能を持っているので、この2体の登場は実に意外でした。
超ゴジータは一時期リーダースキルの汎用性が圧倒的で、しばらく完全に覇権を握っていたキャラであり、持っていない人は人権を奪われていたといっても過言ではないほどでした。さすがに今回はそこまでのぶっ壊れ性能ではありませんが、他のコスト58キャラ同様、120%リーダーとして強力なリーダースキルを持っていることに変わりはありません。
ジャネンバも火力やリーダースキルに関してはそれほどでもないのですが、全属性をガードできるという汎用性の高い防御パッシブで知属性編成や極属性編成なんかでは優秀な壁として実装からずっと使われているキャラクターです。今回はサブとしてではなく120%リーダーとして、チームの主役を飾れるほどのキャラにパワーアップしました。

この記事では、超ゴジータとス-パージャネンバのステータスからその強さを考察していきます。
(1)【悪を砕く光】超ゴジータ
※画像は公式Twitterより

①リーダースキル
「超知属性の気力+3、HPとATKとDEF120%UP」
超知属性の120%リーダーです。超4悟空や超4ベジータなどの前例を見ればわかるように、圧倒的なまでの高倍率で味方のステータスを底上げしてくれます。それなりの性能を持った通常ガシャ産URなら、新ゴジータサンドで必殺技Lv1でも全員ATK10万を超えてしまうレベルの倍率です。

②パッシブスキル
「全属性に効果抜群で攻撃&ATK120%UP」
旧ゴジータ同様に全属性に効果抜群で攻撃が入る、突破力に優れたパッシブです。120%リーダーの場合、その圧倒的なステータスUP倍率を生かして苦手属性のBOSSにもごり押しで突破するという荒業もできますが、新ゴジータサンドなら苦手属性にも安定して高火力を発揮していけます。おかげで苦手属性へのごり押し適正は最も高いといえる性能になりました。合わせてATKも超4ベジータと同じ120%UPという高倍率なので、火力はさらにとんでもないことになります。必殺技LvMAXの新ゴジータサンドなら、余裕で100万ダメージを与えることができるでしょう。

③必殺技:ソウルパニッシャー
「相手に超絶特大ダメージを与え、ATKとDEFを低下させる」
必殺技は新モーションです。劇場版の再現で、膝蹴り2発、サマーソルトからのソウルパニッシャーを放ちます。大ダメージに加え、相手にデバフを与えることもできます。


④リンクスキル
超サイヤ人の汎用的なスキルを多く持っているので、リンクを繋ぐのには問題ないです。旧ゴジータ同様臨戦態勢と短期決戦を持っているため、気力リンクも豊富です。

⑤考察
疑いようもなくゲーム内最強級のキャラクターです。120%リーダーということでリーダーとしての適性はもちろん、自身の性能も旧ゴジータの完全上位互換といえる高火力アタッカーです。超知属性にはフェス限未来トランクス、超ブルーベジータの親子、ガシャ産LRの超2少年悟飯、LRピッコロといった強力キャラクターがおり、これらを引き連れてチームを編成すればどんな超激戦でもまず負けることはないでしょう。同属性内にLRが2体いることから、体力の高さも全120%UPリーダー中で現状最も高い数値になるはずです。とにかく高火力なアタッカーが揃い踏みの属性なので、平均火力は恐ろしいことになりそうです。
一方で、防御性能には不安が残ります。新ゴジータ自身は完全に攻撃特化のパッシブなので、敵のダメージを軽減するスキルは持っていません。超知属性では壁として優秀なキャラがLRピッコロしかないので、場合によっては極知の旧ジャネンバを入れたりしなければならないこともあるでしょう。

(2)【邪悪な侵犯】スーパージャネンバ
※画像は公式Twitterより

①リーダースキル
「極力属性の気力+3、HPとATKとDEF120%UP」
極力属性の120%リーダーです。その倍率から来るステータスの強化は、他のリーダースキルの比ではありません。文句なしに強力です。

②パッシブスキル
「ATK80%UPし全ての攻撃をガード&中確率で攻撃を回避する」
旧ジャネンバの全属性ガードに加え、中確率で攻撃を回避することができるようになりました。これにより、旧ジャネンバをさらに上回る壁となります。ジャネンバサンドならこの壁が2体になるので、高難易度ステージの安定性は格段に上がります。加えてATK80%UPもあるので、火力面でも期待のできる性能になりました。さすがに他のコスト58ほどの火力は出ませんが。

③必殺技:羅刹爪
「相手に超絶特大ダメージを与え、DEFを大幅に低下する」
新ゴジータ同様、必殺技は新モーションです。DEF大幅低下があるので、継続的に大幅低下させていくことで、コスト58としては低めの火力を補うことができます。

④リンクスキル
こちらはBOSSキャラや恐怖と絶望など、悪役に汎用的なスキルが揃っているので、極属性編成ではリンクに困ることはほぼないでしょう。


⑤考察
攻撃完全特化のゴジータに対して、こちらは攻防ともに優れたバランス型のキャラクターです。火力はゴジータには及びませんが、相手のダメージを軽減する手段が豊富にあるので、安定性ではこちらの方が上でしょう。新ジャネンバサンドで行く場合サブに超一神龍がいればさらに敵の攻撃力を減らすことができるので、より被弾時のダメージを減らすことができます。その他、パーフェクトセルやザマス、LRフリーザといった優秀なキャラをチームに編成することができれば、攻防ともに優れたチームが出来上がることでしょう。
リーダースキル、個人のパッシブ性能を見ても、文句なしに当たりの性能といっていいです。

以上、WDOKKANフェスの新規限定キャラクター「ゴジータ」と「ジャネンバ」の考察記事でした。どちらも当たればすぐに最前線に立てる超強力なキャラです。旧版の完全上位互換のようなキャラですが、旧版は属性が違うという点で差別化ができています。合わせて今回も新規超激戦が追加されるので、個人的にはそちらも期待しています。手に入る覚醒メダルで、パイクーハンあたりがドッカン覚醒してくれるととてもうれしいです。劇場版では完全にキャラ崩壊していましたが、大活躍していましたしね。とにかく、明日の更新が楽しみです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする