【MHXX】大剣×ブレイヴスタイルの考察 ~操作方法、立ち回り方について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

モンハンダブルクロスから新しく追加されたスタイル「ブレイヴスタイル」の大剣における立ち回りについての考察記事です。大剣のブレイヴスタイルでの操作方法やその特徴、戦い方についてまとめていきます。
他の武器も含め、ブレイヴスタイル全般についての内容は以下のリンクをご覧ください。

【MHXX】新スタイル「ブレイヴスタイル」考察 ~特徴と立ち回り方について~

今作から追加されたブレイヴスタイルは、「絶えず攻撃を続けていくこと」をテーマとしており、モンスターに継続的に攻撃を加えていくことで高火力を発揮することができるスタイルです。ブレイヴゲージがMAXになったときになれるブレイヴ状態では、固有アクションをはじめとした様々な強力な攻撃が使用可能になります。一方で、非ブレイヴ状態ではアクションにかかる制限が大きく、思ったように戦うことができません。


さて、大剣とブレイヴスタイルの相性ですが、他の武器と同様、またはそれ以上に両者の相性はいいといえます。その理由としては、一つ目に納刀キャンセル攻撃のブレイヴゲージ増加量が多く、すぐにブレイヴ状態になれること、二つ目に抜刀→納刀を繰り返す大剣にとって、モンスターの攻撃を受け流しつつ納刀ができる「イナシ」が大剣の立ち回りによく噛み合っていることが挙げられます。

それでは、大剣とブレイヴスタイルの考察に入っていきます。
【1】ブレイヴスタイルの操作方法
操作のしやすさが売りの一つである大剣ですが、ブレイヴスタイルでも操作方法はいたってシンプルです。基本的に戦い方は他のスタイル同様、溜め斬り→納刀です。ただし、非ブレイヴ状態では納刀継続からの納刀キャンセル攻撃でしか溜め斬りを出すことができません。しかし、ブレイヴ状態になれば溜め時間が短く、威力も高い高速強溜め斬りを行うことができます。基本戦法を変えずに攻撃性能が単純に強化されているので、大剣の使いやすさはそのままにブレイヴスタイルならではの強力なアクションを楽しむことができます。

〇納刀キャンセル攻撃とそのコマンド
(1)縦斬り(Y→X[長押しで溜め斬りに変化])
基本となる攻撃です。特に、非ブレイヴ状態では唯一の溜め攻撃手段なので、メイン攻撃となります。納刀キャンセル攻撃でしか溜め斬りを出せないのは少し不便ですが、この溜め斬りの素晴らしいことは「溜め斬り3を2回当てるだけでブレイヴゲージがMAXになること」です。溜め斬り3とはいえ、たったの2発でブレイヴ状態になれるというのは他の武器と比べても破格の性能といっても過言ではありません。しかもそれが主力攻撃なのですから、ブレイヴ状態へのなりやすさは全武器中1、2を争うレベルでしょう。非ブレイヴ状態ではこれを当てていくことを目指して戦いましょう。

(2)なぎ払い(Y→A)
なぎ払いも納刀継続から出すことができます。上の溜め斬りよりは当てやすいですが、ゲージの増加量は高くないので、やはり溜め斬りを優先的に当てていきたいところです。


〇ブレイヴ状態固有アクションとそのコマンド
(1)高速強溜め斬り(X長押し)
ブレイヴ状態になれば納刀継続からでなくとも溜め斬りが可能になります。しかも溜め時間が短く、威力も高い強溜め斬りになります。溜め段階も高い状態で当てやすくなるため、モンスターに与えるダメージはかなり増加します。

(2)強溜め移動斬り(X長押し中に、Xを押したままA)
溜め動作の途中から、前方に飛び込んで溜め斬りを放ちます。距離の相手しまったモンスターにもある程度の距離なら抜刀しなくても溜め斬りを当てることができるようになります。手数の増加にも繋がる強力な攻撃です。

【2】基本的な立ち回り
(1)非ブレイヴ状態
ブレイヴ状態になってからがブレイヴスタイルの本番なので、一刻も早くブレイヴ状態になるのが目標です。上でも述べたように、納刀キャンセル攻撃の溜め斬り3を2回当てればブレイヴ状態になれるので、モンスターの隙を見つけて溜め斬り3を当てていくのが一番てっとり早いです。ただ、これは他のスタイルでもいえることですが、溜め斬り3を当てることに固執しすぎて空振りしてしまったりモンスターからの攻撃を受けてしまったりするとかえってブレイヴ状態になるのが遅くなってしまうので、見極めはしていく必要があります。

(2)ブレイヴ状態
ここからがブレイヴスタイルの本領発揮です。強力な固有アクションを使えるようになり、火力が一気に向上します。高速強溜め斬り→納刀のコンボを決めていくのが基本ですが、ブレイヴ状態では回避がステップに変化するため、抜刀中でも高速で回避しつつモンスターに近づくことができるため、納刀しなくても攻撃できることが多くなります。また、多少モンスターと離れても強溜め移動斬りによって間合いを詰めつつ攻撃を当てることもできます。これらを駆使して手数を増やし、モンスターにどんどん攻撃を当てていきましょう。

以上、大剣×ブレイヴスタイルの考察でした。ブレイヴスタイルは攻撃力が上がるのはもちろんですが、イナシによって防御面でも強化されるのが特徴です。イナシを決めた後だと納刀してしまうため、モンスターに反撃するときは常に抜刀攻撃しか出せないという点が他の武器ではやりにくいという事態があるのですが、大剣の場合は攻撃したら基本は納刀するものなので、その一連の動作の中にイナシでモンスターの攻撃を受け流すことができるのは非常に便利です。攻撃面・防御面とも恩恵が大きいスタイルなので、使っていて楽しい組み合わせです。