【MHXX】スラッシュアックスと相性のいいスタイルは? ~スラッシュアックスにおける各スタイルの特徴~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

この記事では、モンハンダブルクロスにおけるスラッシュアックスの各スタイルの特徴と立ち回りについてまとめていきます。

スラッシュアックスは攻撃に特化した武器で、防御に関するアクションは何もできません。生存能力は低い武器ですが、攻撃力、特に一つの場所から動かずに攻撃する定点攻撃に関しては全武器中ナンバーワンといってもいいくらいの火力を持っています。サポート特化であるレンキンスタイルを除き、どのスタイルもその攻撃力を様々な方向から発揮していくことができます。

 

では、各スタイルでどのようにして立ち回ればいいのか、火力の発揮の仕方などと合わせて書いていきます。

【1】ギルドスタイル

モンハン4gと同じような戦い方ができ、狩技も2つ付けられるオーソドックスなスタイルです。斧モードメインで戦うのか、剣モードメインで戦うのかもプレイヤーの好みに合わせてスキルやセットする狩技の種類を変えていくことで幅広く対応することができます。変形を織り交ぜた連携攻撃も使いやすく、他のスタイル専用のアクション以外のすべての攻撃が可能なので、戦いやすいスタイルといえます。

セットする狩技は、斧モード主体でいくならテンペストアックス+α、剣モード主体でいくなら剣鬼形態+エネルギーチャージがおすすめです。特に剣モードの剣鬼形態+エネルギーチャージは前作クロスで猛威を振るった強力な組み合わせです。剣鬼形態で剣モードの攻撃力を劇的に上げたうえで、エネルギーチャージを使うことでずっと剣鬼形態を維持して強力な攻撃を続けることができます。まさに鬼のような火力となり、全武器中でもトップクラスの高火力です。

 

【2】ストライカースタイル

狩技ゲージが溜まりやすく、狩技を3つセットできる、狩技特化のスタイルです。このスタイルの魅力は何と言っても剣鬼形態とエネルギーチャージ、トランスラッシュの3つの狩技を共存できる点です。剣鬼形態+エネルギーチャージの破壊力は上でも述べましたが、トランスラッシュも攻撃時間が長いものの派手で強力な狩技です。特に剣鬼形態中はトランスラッシュのモーションが少し変わり、通常よりも強力な攻撃を仕掛けることができます。見た目にもかっこよく、モンスターの転倒時などの大きな隙に決めると非常に気持ちいいです。もちろん、ダメージも折り紙付きです。使えなくなる攻撃も剣モードの二連斬りが縦斬りになる、斧モードの振り回しフィニッシュが使えなくなる程度で、そこまで致命的なデメリットには感じません。

 

【3】エリアルスタイル

剣モードで踏みつけ跳躍をする時、同時に攻撃を自動で加えてくれるので、手数を維持したまま踏みつけ跳躍ができる強力な組み合わせです。全武器中でもエリアルスタイルとの相性の良さはトップクラスです。先に述べた踏みつけ跳躍と同時の攻撃により、エリアルスタイルでは剣モードメインで戦うのがおすすめです。狩技もエネルギーチャージをセットして、常時剣モードで戦うくらいの気持ちでいくといいでしょう。踏みつけ跳躍からは属性解放突きも放てるので、モンスターの隙が大きいようであればそちらもガンガン狙っていきましょう。他の武器と比べても、手数が圧倒的に多いので、「飛燕」のスキルの恩恵は非常に大きいです。剣モードは抜刀時の移動速度が極端に遅いため、回避距離UPもおすすめです。

 

【4】ブシドースタイル

ジャスト回避により、回避能力に大きな不安の残るスラッシュアックスの生存能力を補助してくれます。ジャスト回避をしなければ強力なアクションができないわけではなく、普通に斧モードの振り回しや剣モードの属性解放突きは放てるので、そこまで大幅な立ち回りの変更は要求されません。ただ、剣モードでX連打をするときに斬り上げが横斬りに変わってしまい、マルチプレイでは味方を巻き込む恐れが高くなります。モンスターの転倒時などはできるだけ味方の近くで定点コンボを行わないようにしましょう。

 

【5】ブレイヴスタイル

ブレイヴ状態、非ブレイヴ状態ともに変形斬りをメインに戦っていく、ある意味最もスラッシュアックスの個性を強調したスタイルといえます。納刀キャンセル攻撃はどちらのモードでもXRの変形斬りが最も隙や癖が少なく、扱いやすいので、非ブレイヴ状態では基本的に納刀キャンセル変形斬りでブレイヴゲージを溜めていくといいでしょう。

ブレイヴ状態の固有アクションは強変形斬り、属性解放二連フィニッシュです。強変形斬りは通常の変形斬りよりも攻撃回数が増え、より攻撃力が高くなります。一度強変形斬りを出せば、R連打で斧モードと剣モードに変形しながらブレイヴゲージの続く限り永遠に攻撃することができます。属性解放二連フィニッシュは属性解放突きのフィニッシュの威力が上がる上に、通常と違いフィニッシュ後も斧モードに戻らず、剣モードのまま攻撃を続けることができます。ただ、スラッシュゲージを大幅に消費してしまうので、剣モードから斧モードに変形して再びゲージを溜める必要がありますが。とにかく、「攻め続ける」ことがコンセプトのブレイヴスタイルらしい、継続的な強力コンボが魅力なスタイルです。

 

【6】レンキンスタイル

マカ錬金タルを使ったサポートを行うことができるスタイルです。狩技を3つセットでき、そのすべてをSP狩技にセットすることが可能です。ただ、スラッシュアックスは攻撃力の高さをアイデンティティとした武器なので、サポート主体の戦い方とは相性がいいとは言えないです。正直なところ、私がもしスラッシュアックスと組むなら、タルを振っている時間があったらその高火力でモンスターを少しでも殴ってほしいと思ってしまいます。一応、狩技を3つセットできるので、ストライカースタイルのように剣鬼形態を維持しつつトランスラッシュを放つことができます。ストライカースタイルとの差別化点は強力な攻撃をしつつSP状態を上げていくことができるという点です。

 

以上、スラッシュアックスの各スタイルにおける特徴と戦い方でした。

スラッシュアックスに関する他の記事については以下のリンクよりどうぞ。

 ・【MHXX】スラッシュアックスの基本的な立ち回り ~ビンの仕様、斧・剣モードでの戦い方についてなど~

【MHXX】スラッシュアックスと相性のいいおすすめスキルの紹介

 

他の武器と比べて、どのスタイルも強力で、この武器ならこのスタイル一択でしょう!となりにくいのが魅力です。変形によって幅広い戦術もとることができるので、一つの武器種でここまで色んな戦い方ができるのはスラッシュアックスの面白いところと言えるでしょう。私も何だかんだで3gのころからちょくちょく使っていて、使っていて飽きない武器です。とっかかりは少し他の武器よりも難しいですが、その後も長くお付き合いできる良武器です!