【Gジェネジェネシス】第1弾追加DLC情報 ~バルバトスルプス、THE ORIGINユニットの性能まとめ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

12月20日(火)より、Gジェネジェネシスの第1弾追加DLCが配信されました。

Gジェネジェネシスには、いくつかの追加DLCの配信が発売前から決定していて、シナリオやユニットがあとから増えていくという情報が出ていました。今のところ基本的に月に1回ペースのようです。今回は発売から約1か月が経った週の配信だったので、今後も毎月第4週くらいの時期に配信していくのでしょうか。

今回の配信では、シナリオとスペシャルステージ、新規ユニット3体が追加されました。また、合わせてアップデートのデータも配信されました。第1弾追加DLCをゲーム内で遊ぶには、アップデートを済ませないといけません。

ということで、今日の記事では、今回のDLCの内容について紹介し、追加ユニットの性能についても取り扱っていきます。

【第1弾追加DLC内容】

(1)追加ダイトルパック「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

小説が原作である「閃光のハサウェイ」のシナリオがプレイできるようになります。短いシナリオで、ステージ数は2つです。こちらの攻略情報も今後の記事に載せていきます。

・収録ステージ

STAGE1「テイク・オフ」

STAGE2「マランビジー」

このシナリオの攻略情報は【Gジェネジェネシス】追加DLCシナリオ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」攻略と感想の記事で、登場する4体のユニットの性能については【Gジェネジェネシス】第1弾追加DLC情報 ~Ξガンダムなど、シナリオ「閃光のハサウェイ」登場ユニットの性能まとめ~の記事で取り扱っています。

(2)スペシャルステージ「ハロハロ!サイコ・ハロ捜索大作戦!」

TOP MENUに新たに「スペシャルステージ」の項目が追加され、スペシャルステージがプレイできるようになります。まだプレイしていないので内容は分かりませんが、かなりの数の敵に包囲され、戦っていかなければならないステージのようです。こちらも攻略情報を今後載せていきます。

(3)追加ユニットパック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、「ガンダム・バルバトスルプス」、「フェニックス・ゼロワン」

追加MSが手に入るユニットパックです。それぞれ1体ずつもらえ、どれも生産リストに登録されるので、何体でも作れます。今回の配信では全部で4体のユニットが手に入ります。それぞれ個別に性能を紹介していきます。

①シャア専用ザクⅡ【ジ・オリジン版】

○ユニットアビリティ:なし

○開発先

レベル3:リック・ディアス(レッドカラー)

レベル4:ジオング

レベル6:百式

レベル8:サザビー

○通常のシャアザクと基本性能はほぼ差がありません。HPが1000高いだけです。しかし、武装面では通常のシャアザクと違う性格のものになっています。命中安定の中距離武器、ザク・マシンガンが無くなり、代わりに低威力・短射程・低燃費のバルカンが追加されました。さらに特徴的なのが射程7マスもあるMS用対艦ライフルです。威力は4400と1年戦争時代のMSが持つものとしてはかなり高く、かなりの長射程です。しかし、基本命中率が70%とバズーカ並に低いので、射撃値の高いパイロットでないと当てにくいでしょう。シャアザク以上にパイロットの能力が試される機体となっています。地味に優秀なのが、レベルを上げることで多くのシャア専用機に開発ができることです。これで一気にサザビーという強力MSを開発できるようになるので、自軍の戦力は大きく強化されると思います。ゲームを買ったばかりの方には、ぜひ使っていただきたいMSです。もしオリキャラを乗せるとしたら、射撃のスペシャリスト、エターナ・フレイル一択でしょう。

②ガンタンク初期型

○ユニットアビリティ:なし

○開発先

レベル2:量産型ガンタンク

レベル3:ガンタンク

レベル4:陸戦強襲型ガンタンク

レベル5:ガンタンクⅡ

○ガンタンクよりもさらにスペックで劣る初期型ということで、見ての通り微妙な性能で、お世辞にも強力な機体とは言えません。最大射程9という点はすごいですが、それだけです。ゲームを始めたばかりで、どうしても戦力がなければ使ってみるか、くらいのもので、それ以外の理由で使うとしたら、この機体への愛くらいでしょう。

③ガンダム・バルバトスルプス

○ユニットアビリティ:

〔1〕阿頼耶識システム

(攻撃・機動+20。テンションが変動しやすくなる。「超強気」以上で、攻撃・起動+40)

〔2〕ナノラミネートアーマー

(物理射撃属性のダメージを50%軽減)

○開発先:なし

○現在放送中のアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公機で、今作ではゲストとして参戦しました。ゲストということで、かなり優遇された強機体です。地形適正、機体性能、武装性能もかなり優秀です。ユニットアビリティ込みとはいえ、攻撃・防御・機動が平均300という数字は、シナンジュと同等のスペックです。よほどゲームを進めている方でない限り、即戦力として使っていけるレベルの能力です。メインは格闘武器になるので、格闘値の高いパイロットを乗せましょう。オリキャラの中ではエルフリーデ・シュルツが1番おすすめです。次点としてはジュナス・リアムあたりでしょうか。ただ、育てても開発はできないので、これ以上の楽しみがないのは少し残念です。まあ、ゲストなんだから当たり前なのですが。

④フェニックス・ゼロワン

○ユニットアビリティ:なし

○開発先

レベル2:トルネードガンダム

レベル3:フェニックス・ゼロ

レベル4:フェニックスガンダム

○DL版購入特典としてすでに配信された機体なので、DL版を購入された方はすでに所持しているはずです。今回の配信でもう1体手に入るということもありません。そこまで優秀な機体性能ではありませんが、ガンダムを上回るくらいの能力はあり、最大射程も6マスと長めなので、1年戦争時代では大活躍できます。今作はSFSに乗らずに空中を移動できる機体が少ないので、地上MAPでSFSを使わずに地形の影響を受けずに移動できる点は魅力です。開発を進めていけばフェニックスガンダム(能力解放)まで育てていけるので、将来性もあります。これもゲームを始めたばかりの方にはぜひ使っていただきたい機体です。

以上、第1弾追加DLCと、新規ユニットの紹介でした。まだ「閃光のハサウェイ」やスペシャルステージの紹介ができていないので、今後もDLCに関する記事は書いていくつもりです。

こうやってゲーム発売後もコンテンツが充実していくのはいいですよね。よく「何で最初から入れとかないんだ」とか「ソシャゲの課金システムと変わらないじゃないか」みたいな意見を聞きますが、今はまっているゲームがより面白くなるなら、少しくらいのお金を払うのは構わないと私は考えています。ソシャゲのガシャみたいに「当たるかどうか分からないのにお金をかける」のと違って、確実に自分に利益が出るという保証がある分、十分良心的な要素だと思います。Gジェネに関して言えば、予約しておけば無料でこれらのDLCを追加できるわけですしね。

有料版が出てもいいので、ぜひとも追加DLCをどんどん配信してほしいです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする