【雑記】スマホの液晶に保護フィルムは貼るべきか!?③ ~スマホに保護フィルムを貼ることのデメリット~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スマートフォンを購入する際、より快適に使用するために様々なオプション品を買う方がほとんどだと思いますが、その中には保護フィルム・保護ガラスを購入して取り付ける方もいると思います。
しかし、保護フィルムは本当に必要なのでしょうか?
逆に、保護フィルムを付けることによってスマホの使用に弊害があることはないのでしょうか?
この記事では、保護フィルムを付けることによるデメリットについて書いていきます。

スマホの保護フィルムといったら、その名の通りスマホの画面を保護する用途で使用する方もいると思いますが、最近のスマホは画面が非常に傷つきにくいガラスでできており、カッターや鍵でちょっと引っ掻いたくらいでは傷一つ付きません。また、1mくらいの高さからアスファルトに落っことしてもひび割れるどころか傷一つ付かないという実験データもあります。なので、最新機種になればなるほど、保護フィルムによる画面の保護は必要ないレベルまで液晶の性能がパワーアップしていきます。
ただ、保護フィルムも様々な効果を持ったものが販売しており、その役目は画面を保護するためというだけには収まらないくらいになっています。保護フィルムを貼るメリットについても記事にまとめたので、以下のリンクをご覧ください。
【雑記】スマホの液晶に保護フィルムは貼るべきか!?② ~スマホに保護フィルムを貼ることのメリット~

それでは、本題に移ります。保護フィルムは様々な効果を持っているのですが、貼ることによるデメリットはあるのでしょうか?

答えはイエスです。保護フィルムといっても付けることによるデメリットがいくつかあります。では、どんなデメリットがあるのか?いくつか以下に書いていきます。

〇スマホに保護フィルムを貼ることによるデメリット

【1】画面の見え方が悪くなる
最近の保護フィルムも性能が上がってきており、以前よりは大分透過率、つまり画面の見やすさが改善されてきていますが、それでも何もつけない状態の画面の綺麗さにはかないません。画面に余計に1枚シートを貼っているのですから当然ですよね。スマホも最新機種が出るたびにどんどん高画質化が進んでおり、カメラで撮影した写真や、ネットからダウンロードできる映像の美しさはそのスマホの格を決めるくらいの要素になっています。そんな美しい画質を自らの手で悪くしてしまうのはもったいない気がします。

【2】画面をタッチする時に感度が悪くなる
タッチする画面そのものに余計なシートがついているのですから、これも当然といえば当然ですね。この点は、ちょこっとネットサーフィンをするくらいしかスマホをタッチしない方にはそんなに問題ありませんが、ゲームをしたり、メモやスケジュール管理でしょっちゅう画面をタッチする方には死活問題です。このブログを見ればわかるように、私はスマホゲームをがっつりやる人間ですので、より快適にゲーム操作ができる環境づくりのためには、このタッチ問題は無視できないです。

【3】保護フィルム自体が傷ついて画面が見えにくくなる
保護フィルム・保護ガラスの耐久性は、スマホ本体の液晶画面よりも弱いです。そのため、保護フィルム・保護ガラス自体にどんどん傷がついて、画面が見づらくなっていってしまいます。もちろん傷ついているのは保護フィルムなので本体は守られていますから、「本体でなくてフィルムに傷がついてよかった」と考えることもできます。ただ、上述したように、スマホ本体の液晶はカッターで引っ掻いても傷一つ付かないくらいの耐久性を持っています。ちょっとしたことでスマホの液晶が傷つくことはないのです。むしろ、本体の液晶よりも貧弱なフィルムを貼ったことによってそのフィルムが傷つき、画面が見えにくくなるのでは本末転倒な気がします。

【4】保護フィルム・保護ガラスの購入費用がかかる
まあ、オプション品ですから当然ですね。以前は800円くらいで3枚セットの保護フィルムが簡単に手に入りましたが、最近の保護フィルムは高性能化が進んでおり、1枚で1000~2000円、ものによっては3000円を超えるような高級品も売っています。本体とは別にそれを購入するのはそれなりのコストがかかります。

【5】保護フィルムの貼り付けが面倒
これも見過ごせないデメリットですね。保護フィルムには埃が入りこみやすく、綺麗に貼るにはかなり気を使わなければなりません。しかも失敗したら、せっかく買ったフィルムのお金が全て無駄に終わります。当然失敗したフィルムの交換はどのお店でもしてくれません。それに、せっかく買った最新機種、1秒でも早く触って使いたいですよね。それなのにフィルムを貼るという神経も使うし時間もかかる作業を行うのはストレスです。

以上、スマホに保護フィルムを貼ることのデメリットについてでした。保護フィルムにはもちろん様々な効果があり、その恩恵もあるのですが、以上のようなデメリットも考えた上で使用をしていきたいところです。そもそも、スマホを生産している各キャリアは、保護フィルムを付けることを前提としてスマホを作っているわけではありません。無くても十分に快適に使えるように各社技術を進歩させてきているのです。それでもなお保護フィルムを付けたいという方は、やはりそれなりのこだわりがあるのでしょう。保護フィルムを付けないこともこだわりですが、付けることもこだわりです。現代人にとって毎日の生活を共にするスマホですから、「ただなんとなく」でスマホについて決めるのではなく、しっかり考えて使っていきたいものです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする