【ドッカンバトル】星に願いをDOKKANフェス開催中! ~管理人の現在の進行状況について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

現在ドッカンバトルでは、星に願いをDOKKANフェスが開催されています。事前に投票によって選ばれた7キャラクターがピックアップされており、どれも強力なキャラクターとなっています。そんなドッカンバトルですが、現在1億8000万ダウンロードキャンペーンが終わりを迎えようとしており、2億ダウンロードキャンペーンという一つの節目に向けて進んでいる感じです。
私はちょうど昨年の今頃、超ベジットと体ブロリーのDOKKANフェスでリセマラをしてドッカンバトルを始めました。なので、もうすぐプレイ歴も1年になろうとしています。ソシャゲとはいえ1年も同じゲームをするのは久しぶりの経験なので、今日は現在の私の手持ちと、ドッカンバトルへの所感を述べたいと思います。

ドッカンバトルについて私が思うことは、インフレの速さがやはり凄まじいなということです。私がドッカンバトルを始めたのは、70%アップリーダーが産声を上げたころで、当時は70%アップリーダーの性能が圧倒的で、それなしでは新しい超激戦をクリアすることができませんでした。それから一年も経たないうちに現在の環境トップの120%アップリーダーが登場しています。加えて通常ガシャ産のLRまで登場し、それまで必須級の環境キャラであった70%アップリーダーはもはや過去のものとなってしまいました。幸い私がリセマラで相方に選んだ超ベジットはこのインフレの中でもその価値を落とすことなく、現在でも環境の最前線をいっているのですが、他の70%アップリーダーは大分厳しくなってきました。特に超ベジットと同時実装された体ブロリーはもはや息していません。

そんな中、私は未だに120%アップリーダーを1体も持っておらず、環境に取り残される一歩手前で踏ん張っているのですが、救いなのが現在では幻に近い通常ガシャ産LRの魔人ベジータを所持していることです。魔人ベジータはLRの中では残念ながら最も性能が微妙なのですが、私がベジータ好きなのと、それでも毎ターン100万以上のダメージを普通に叩き出せる性能なので、改めてリセマラをするのではなく、今のデータで頑張っています。

本ブログを開設したときに手持ちを紹介しましたが、今回も現在の経過ということで手持ちを見せたいと思います。

〇現在の手持ちキャラクター(LR、UR、SSRのみ)

属性別、レアリティ別にソートしてあります。フェス限自体はそんなに持っていないのですが、超ベジットとベジットブルーの両方を入手できたのは素直に嬉しいです。特に超ベジットは3体の被りカードを所持しており、会心を混ぜた反撃の火力がもはやコスト58レベルです。超ベジットにはお世話になりっぱなしです。
今は魔人ベジータをリーダーとする速属性染めチームか、仮面のサイヤ人をリーダーとして手持ちのグッドスタッフをひたすら集めた全属性チームの2つを中心にゲームを進めています。

正直120アップリーダーを一体も持っていないのはきついですが、2億ダウンロードを一つの節目として恐らく新世代のリーダースキルを持ったキャラが出てくるでしょうから、それを見越して今回のガシャは10回だけ引いて後は見送ることにしました。残念ながら結果はSSRゼロに終わったので、ここからはぐっと我慢して2億ダウンロードに備えて龍石をチャージしょうと思っています。

本当は120%アップリーダーを所持していないので、ここで再びリセマラしてまた1からスタートするのか悩みましたが、ここまで地道に老界王神を使わずに必殺技レベルMAXのキャラを作ったり、イベント産のドロップキャラを集めてきたりしたので、簡単には今のデータを手放すことはできません。今後環境においていかれて、今の手持ちが存在価値をなくすようなことがあれば話は別ですが、当面このデータで頑張っていきます。

とにかく2億ダウンロードキャンペーンが楽しみですね。次世代リーダーがどんな性能になるか・・・。インフレにおいていかれないことを願うばかりです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする