【MHXX】弓×ブレイヴスタイルの考察 ~操作方法、立ち回り方について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

この記事では、モンハンダブルクロスで弓におけるブレイヴスタイルの特徴と操作方法、立ち回り方についてまとめていきます。

ダブルクロス発売よりちょくちょく続けてきたブレイヴスタイルの武器考察も、今回の弓を持ってすべて完了です。様々な武器でブレイヴスタイルの考察をしてきましたが、攻撃に重きを置いたスタイルだけあって、多くの武器と相性がよく、非常に強力なスタイルだということがわかりました。
弓も例外ではなく、ブレイヴスタイルによって、火力が大きく上昇します。弓は前作ではブシドーとの相性が圧倒的によく、弓といえばまずはブシドーという感じでしたが、その状況に一石を投じるポテンシャルを秘めています。ブレイヴスタイルはイナシがあるものの、回避能力は機動力はブシドーに劣りますが、最大攻撃力という面ではこちらの方が上です。用途を考えればブレイヴを選択した方がいいという状況も大いにあります。

それでは、弓×ブレイヴスタイルの考察に入ります。ブレイヴスタイル全般に関わる内容は、以下のリンクをご覧ください。
【MHXX】新スタイル「ブレイヴスタイル」考察 ~特徴と立ち回り方について~

【1】操作方法
弓自体、基本操作が弓を弾く→発射という単純な操作のため、操作方法もギルドスタイルと比べて大きな違いはありません。違いは、バックダイブが非ブレイヴ状態では使用できなくなっている点、納刀キャンセル攻撃の剛溜めが使用可能になるという点です。
〇納刀キャンセル攻撃〔剛溜め→剛射〕[Y→X(R)→X(R)を離す]
その場に立ち止まって弓を弾き、剛溜め専用矢を放ちます。剛溜め専用矢は武器の曲射タイプによって異なります。溜め段階によってブレイヴゲージの上昇量は変化し、高い溜め段階で放った方がよりブレイヴゲージが溜まりやすいです。溜めLv3で当てたときのゲージ上昇量はかなりのもので、遠距離から比較的安全にゲージを溜められるガンナーの特性と合わさって、全武器中でもトップクラスにブレイヴ状態になりやすい武器です。

〇ブレイヴ状態専用アクション
(1)真剛溜め
ブレイヴ状態になると納刀キャンセル攻撃の剛溜めが真剛溜めに変わり、より強力な剛溜め専用矢が放てるようになります。剛溜めよりも1段階上の溜め段階の矢が放てるため、威力・ブレイヴゲージの上昇量ともにアップします。

(2)剛連射
こちらは通常の射撃の後に追加でAを入力して剛射を放った後に、さらに続けてもう一度剛射を放てるというものです。弓の大きなダメージソースである剛射が一度に2回放てるので、文句なしに強力です。弓の世界では手数=攻撃力ですから、単純に攻撃回数が多いことは平均火力を大きく上昇させることに繋がります。スキル「特定射撃強化」と合わせれば、かなりのダメージアップになります。ただし、剛射を2回放つのでスタミナ消費もかなり多くなります。一応剛連射のスタミナ消費は剛射の1/3ですが、それでも結構きついです。スキルで補うか、強走薬を飲んでスタミナ減少を無効にしてしまうことを強くおすすめします。

【2】基本的な立ち回り
(1)非ブレイヴ状態
納刀キャンセル攻撃の剛溜めをメインで使い、素早くブレイヴ状態を目指します。剛溜めを使えば結構あっという間にブレイヴゲージはMAXにできてしまいますが、通常の射撃も狙える時には当てていって、手数を増やしていきましょう。通常の射撃のブレイヴゲージ上昇量は大したことありませんが、弓の手数なら、その積み重ねでも結構な上昇量になります。

(2)ブレイヴ状態
ブレイヴ状態になればバックダイブが可能になり、通常の射撃はいきなり溜めLv3で放てるようになります。普通に弓を引くのでもいいですが、こちらも活用して溜めLv3以上で攻撃し、そこから剛射→剛連射と連続攻撃をモンスターにお見舞いし、ダメージをどんどん稼いでいきましょう。上述したように、スタミナ管理が他のスタイル以上に大変なので、注意しましょう。アイテムの所持数に余裕があるのなら、ブレイヴ弓を使うときは強走薬は必要経費と割り切っていつでも使うくらいの気持ちでもいいと思います。スタミナ管理に気を遣わず剛連射をできるかどうかで、かなり手数は変わってきます。

以上、弓×ブレイヴスタイルの考察でした。攻撃面で大きく強化されたスタイルですが、納刀キャンセル攻撃の剛溜めは足を完全に止めてしまうため被弾のリスクが増えてしまったり、スタミナ管理がより厳しくなるため回避がしづらかったりと、防御面ではブシドースタイルの方が優秀といえます。攻撃のブレイヴ、安定のブシドーと差別化はできているので、使いやすい方を使うのがいいでしょう。どちらも弓との相性は良好で、強力なのは間違いありませんので。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする