【ドッカンバトル】新規DOKKANフェス限定キャラクター考察 ~合体ザマス編~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

本日実装された2体の新規フェス限定キャラクターの考察です。ドッカン覚醒により最新のコスト48キャラとなるこの2体はどちらも優秀なキャラです。ぜひとも引き当てて戦力増強を狙いたいところです。

この記事では、合体ザマスの考察をします。トランクスの考察については【ドッカンバトル】新規DOKKANフェス限定キャラクター考察 ~超サイヤ人トランクス(未来)編~で取扱っています。

本日12時に新規ダウンロードデータが配信され、リーク情報も出回っていましたのですでに性能をご存じの方も多いと思いますが、私のブログでも考察を載せていこうと思います。

今回の新規DOKKANフェス限定キャラクターである【光を語る神】合体ザマスは、超激戦イベント「世界を歪める永遠の神」で手に入る覚醒メダル77枚を使ってドッカン覚醒できます。過去のフェス限キャラ同様、ドッカン覚醒してからが本番です。この記事では、ドッカン覚醒した後の性能を紹介していきます。

【絶対神の憤怒】合体ザマス〔技属性〕

①リーダースキル考察

「極属性の気力+1、HP・ATK・DEF70%アップ」

極属性の70%アップリーダーです。トランクスとは対になる性能で、フレンドにはロゼを選ぶのがいいでしょう。ロゼはパッシブで極属性を無条件に気力+3してくれるので、トランクスリーダーの超属性染めよりも必殺技を打つのはたやすいはずです。

②パッシブスキル考察

「味方の超属性のATK10%DOWN、自身のATK120%アップ」

前半はデメリットですが、このキャラをリーダーにする場合、味方に超属性を入れることはないはずなので、ほとんど無視していいでしょう。このキャラを使うなら、完全に極属性に特化した構築をしなければ真価は発揮できないでしょう。自身のATK120%アップは単純に強力ですが、トランクスと比べると地味な気がします。欲を言うならもう少し付加価値が欲しかったな、というのが正直な感想です。良くも悪くも「とにかく高火力」の一言に尽きます。

③リンクスキル考察

極属性に汎用的なリンクスキルは「悪夢」、「恐怖と絶望」、「BOSSキャラ」、「超激戦」といったところでしょうか。リンクスキルを見ても、極属性染めに特化した性能といえるでしょう。

④総評

当たればうれしいキャラクター止まり、といったのが正直な評価です。様々な状況で使えるトランクスとは対照的に、極属性染めパーティーでのみ力を発揮できるキャラクターです。使える状況は限られますが、フレンドにロゼを捕まえて極属性染めにすれば、味方の性能も手伝って無類の強さを発揮できます。このキャラ自体はパワーに特化した性能ですが、極属性全体という括りでみると、極属性には回復にガードといった独特で強力なスキルを持ったキャラがたくさんいるので、超属性染めよりもパワーだけでないテクニカルな戦法をとることができます。その点では、トランクスよりも極属性染めという条件下では結果的により大きな力を発揮できると思います。

また、この合体ザマスもトランクス同様、イベントで必殺技LvをMAXにできます。方式はアルブウや通常悟空ブラックと同じで、超激戦イベントの1ステージ目でドロップする合体ザマスを使っていくパターンです。なので、トランクスよりも必殺技Lvを上げるのはやりやすいでしょう。覚醒メダルを集めたり、キャラのレベルを上げなくてもいいのはうれしいですね。そこはトランクスに勝っている点といえるでしょう。

ただし、リセマラで狙うキャラとしてはおすすめできません。序盤でキャラが揃わないうちは極属性でパーティーを組むのは大変ですし、超属性をパーティーに入れたら恩恵がないどころかデメリットまで発生してしまうので、強力キャラであっても、リセマラ大当たりキャラとは言えません。今回のフェスなら、トランクスの方がリセマラのゴールとしてはふさわしい性能です。汎用性という点でもトランクスの方が上なので。

ということで、合体ザマスの考察でした。トランクスよりも地味なので、正直なところ、「当たるならトランクスの方がいいな~」という感じです。もちろん優秀は優秀なので、私にとっても当たっても全くうれしくないということはないのですが・・・。

でも、極属性の方が充実している方なら、ぜひとも引き当てたいキャラですね。全てのドッカンバトルユーザーの今年最後のガシャが最高の結果に終わってくれることを願います(もちろん私も含めて)。あ、それじゃあ運営さんにとっては最悪の結果か・・・。みんなが笑顔になるって難しいですね。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする