【ドッカンバトル】これからドッカンバトルをはじめる方のために その5~チーム編成のコツ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

ドッカンバトル初心者支援記事、その5です。

正直、その1からその4までを心得た方はもはや初心者とは言えないような気がしますが、いいサブタイトルが考えつかないので、このままで進んでいこうと思います。

手持ちの少ない序盤は、とりあえず手に入ったSSRをチームに放りこんでいけばいいでしょう(実際は下手なSSRを入れるよりもZ覚醒させたSRを入れた方がいい場合もありますが)。しかし、ある程度ゲームが進み、SSR(UR)が6体以上になってくると、「どれを外してどれをいれればいいんだろう」とか、「どっちの組み合わせの方がいいかな」と迷ってしまうようになるでしょう。嬉しい悲鳴ですが。この記事では、そういう悩んでいる方に向けたものです。

○チーム編成のポイント

(1)気力を上げやすい編成にしていこう!

これは、初心者も上級者も変わらず意識すべきポイントです。気力を上げやすい編成のメリットはさまざまですが、最も重要なのが「必殺技をたくさん打てる」ことです。これまでの記事で述べてきたように、このゲームでは、通常攻撃と必殺技のダメージの違いがかなり大きいです。たとえ威力特大の必殺技レベル1でも、与えるダメージは通常攻撃の2倍以上です。SR以上のほとんどのキャラなら通常攻撃2回分のダメージを与えられるわけですから、必殺技をたくさん打つことでダメージ効率は格段に上がります。必殺技でATKが上がるパッシブやリンクスキルを持っているキャラなら尚更です。必殺技レベルMAXの速ブルー悟空などは、10倍以上もダメージが変わってきます。なので、気力を上げやすい編成を作っていくことはチーム編成の基本中の基本です。

※気力を上げやすくするために意識すること

①リーダースキルは気力アップリーダーを入れよう

リーダースキルで補正できるなら、これが一番手っ取り早いです。超ゴジータや体アルティメット悟飯など、チーム全体の気力を上昇させてくれるリーダースキルを持つキャラでサンドすれば、他に何も工夫しなくても、だいたい気力+5~6は上げてくれます。気力+6もすれば、自分の色の気玉3個だけで必殺技が打てるので、かなり打ちやすくなるでしょう。

②気力アップ系リンクスキルはできるだけチーム全員同じものにしよう

いくら気力アップリーダーを入れても、必殺技が打てないことは意外とあります。より打ちやすくするためにリンクスキルでさらに気力を高めれば、必殺技を打たないことの方が難しいくらいの状況にできます。現在、覇権を握っている気力アップ系リンクスキルは、「臨戦態勢」「驚異的なスピード」「短期決戦」の3つです。臨戦態勢と驚異的なスピードは気力+2、短期決戦は+3もしてくれます。この中でも、臨戦態勢は所持キャラがかなり多く、SRでも所持しているキャラが結構います。驚異的なスピードも臨戦態勢ほどではありませんが、かなりの数がいます。短期決戦は効果が高いだけあって、先の2つよりも所持キャラは少な目です。しかし、このスキルを持っているキャラは超ゴジータや超ゴテンクス3など、ほとんどが環境トップクラスの強キャラです。短期決戦だけでチームを組める状況にあるなら、生半可なステージなら思考停止でそれらのキャラを投入したチームで軽く勝てることでしょう。

例えば〔神の拳〕超サイヤ人ゴット孫悟空【力属性】はこの3つの気力リンクをすべて所持しており、リンクによる気力補正にかけては右に出る者のいないキャラです。こういう複数の気力リンクを持っているキャラは、チーム編成にとても役立つはずです。

③気力サポート系のパッシブを持ったキャラを入れてみよう

気力リンクを揃えることができず、なかなか必殺技を打てないと感じたら、チームの気力を上げるパッシブを持ったキャラを1、2体投入してみるのも手です。より火力の高いキャラを残し、周りはサポートに徹することでかえって平均火力が上がることもあります。サポートキャラだったら、必殺技を仮に打てなくてもそこまでダメージ効率は落ちないので、安心して高火力キャラに気玉を回すことができます。上の〔全力疾走〕超サイヤ人孫悟空は、スタートダッシュガシャや秘宝交換で簡単に手に入り、ドッカン覚醒までできるのでおすすめです。私も速染めチームではどうしても必殺技が安定しないので、超ベジータやトーマ(大猿)を入れることで必殺技効率を上げていました。実際、変に気力補正の効かない高火力キャラを集めた時よりも、安定してクリアできていました。

(2)敵の属性を考慮してチームを編成しよう

これは超激戦などの高難易度ステージをクリアするために必要なことです。超激戦の相手は非常に高火力なので、弱点属性で敵の必殺技を受けると、一撃でKOされてしまうなんてことが起こりかねません。なので、超激戦など難易度の高い敵に挑むときは、有利な属性でチームを組むことが大切です。難易度SUPERになるような超激戦では相手の属性がコロコロ変わり、対応が難しくなってきますが、Z-HRADまでしかないような超激戦なら、2連戦とも相手の属性が変わらなかったり、1戦目は耐久が少ないのですぐに終わってしまうということがあるので、2戦目を見据えた属性編成で攻略できるようになるはずです。このゲームは難易度が上がるにつれて、「いかに敵の攻撃を耐えるか」の方が重要になってくるゲームなので、相手に有利な属性でチームを固めることは、属性バラバラで高火力キャラを詰め込むことよりも有効なことが多いです。

私はこういうシステムはとてもいいと思います。これによって強キャラだけが輝くのではなく、様々なキャラが活躍する機会が増えるので、いろんなキャラでゲームを楽しむことができているのですから。

(3)チーム内で役割分担を決めていこう

これはかなりキャラが揃ってきて、個性的な特性を持つキャラを多く所有する人が意識していることでしょう。キャラクターの中には、全キャラクター中でもほんの一部のキャラしか持っていない、珍しい能力を持っているキャラクターがいます。必殺技封じや気絶などがそれに当たります。(2)でも述べたように、難易度が高いステージになると、ただ高火力キャラでゴリ押しするだけではクリアできなくなる事態が生じます。そんなとき、こういった特殊な能力を持ったキャラクターを上手くチームに混ぜることで、ステージクリアの安定性を高めることができます。

※チームに入れておきたい能力

①必殺技封じ

とにかく、難易度が上がると敵の必殺技の威力がシャレにならないです。10万くらいのダメージを受けてしまうこともあるので、必殺技封じのキャラクターで必殺技を防ぐと、受けるダメージをぐっと落とすことができます。私が必殺技を防ぐかどうかで被ダメージがかなり変わる超ベジットを愛用しているので、なおさら感じていることなのかもしれませんが、必殺技封じは是非ともチームに1体入れておきたいです。

②気絶

気絶は、相手の攻撃を完全に停止させるぶっ壊れ能力です。必殺技で敵を気絶させた場合、そのターン+次のターンまで気絶させることができるので、2ターン相手を無効化できます。そのため、多くの気絶付与キャラクターは低めの確率で気絶が発動しますが、ブルー将軍だけは超高確率で気絶させることができます。敵に有利な属性でなくても、必殺技を打たせてあげられる環境が整っているなら、入れておきたいキャラです。

③回復

いくら有利属性でガードしても、ノーダメージではありません。どうしてもダメージは受けてしまいます。このゲームではサポートアイテムで体力を全快させることができますが、何回も使えるものではありません。超激戦は時間もかかるステージなので、アイテムだけでは回復が間に合わない場合も想定されます。パッシブで体力を回復できるキャラがいるなら、入れておきたいです。しかし、こちらはほぼ魔人ブウ系統専用の能力となっているので、入れるのは難しいです。

他にも、ATK、DEF大幅ダウンや味方のATK、DEFアップ、ダメージ軽減スキルなどの強力な個性を持ったキャラがいます。これらのキャラはそれ自身の火力はたいしたことがないキャラがほとんどですが、場合によっては、下手な高火力キャラよりも役立つことがあります。こういったキャラをたくさん所持し、上手く使いこなせるようになったら、もう上級者の仲間入りでしょう。かくいう私も、気絶付与キャラやタメージ軽減キャラなど、所持してないキャラがたくさんいますが。

ということで、チーム編成のコツでした。

自分で色んな組み合わせを作って試行錯誤していくのもこのゲームの醍醐味ですが、その一つの参考になれればと思います。

リセマラでこいつさえ持っていれば無敵!みたいに単純にはいかないのがドッカンバトルの魅力です。ぜひ、自分がめぐりあったキャラクター達の力を引き出して、自分にしかできないプレイイングを見つけてください。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする