【アーセナルベース】AB02-011「グフ・カスタム」の考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「機動戦士ガンダム アーセナルベース」のカード紹介記事です。

この記事では、SEASON:02に登場したAB02-011「グフ・カスタム」について解説します。

【1】カード性能

(1)基礎ステータス

コスト:3

タイプ:近距離

適性:地上S 宇宙C 砂漠A

機動力:200

遠距離攻撃:130

近距離攻撃:360

HP:350

(2)武装

メイン:ヒート・サーベル(射程1、近距離)

サブ :ガトリング・シールド(射程3、遠距離)

(3)リンクアビリティ

〇第08MS小隊:デッキに3枚以上で[遠距離攻撃力]小アップ

〇陸戦特化の戦い:デッキに2枚以上[機動力]小アップ

(4)MSアビリティ

「縛撃」(射程2、コスト3)

(5)戦術技

「ヒート・サーベル撃突」(SPコスト2)

射程:2

威力:3600

敵単体に格闘攻撃でダメージを与える。


【2】解説

現環境最長射程の「縛撃」を放つことができる近距離MSカードです。縛撃は敵の動きを一定時間封じることができる強力なMSアビリティですが、グフ・カスタムは最も射程が長い縛撃持ちのため、より遠くの敵にアビリティをぶつけることができます。縛撃はシールド持ちMSに非常に強いため、ジャスティスナイトなどの誘導・シールド持ちMSに対して強く出ることができます。

縛撃を考慮しなくても、コスト3という低コストでありながら近距離攻撃力・HPともに高い水準で、制圧・殲滅・防衛と様々なPLカードと合わせて活躍させることができるカードです。

弱点は、地形適性が宇宙Cな点です。アーセナルベースではそこまで地形適性の影響は大きくないのですが、やはり宇宙だと機動力が足りない場面が出てきます。地上戦に特化した代償の高いMS性能、という感じを受けますが、縛撃と基本性能の高さのおかげで、宇宙だからといって役に立たなくなるということはありません。


【3】編成・使い方

(1)PLカードのタイプ

SEASON:02は近距離優勢の環境のため、3タイプ全てでの運用が可能です。この中で最も見られるのは、防衛運用です。

(2)デッキ編成

PLカードのタイプごとに、おすすめの編成やPLカードとの組み合わせを紹介します。

①制圧タイプ

コストが低いため、制圧に求められる高い回転力を発揮できます。防衛が無い状態であれば、敵拠点に致命傷を与えるには十分すぎる攻撃力をもっています。「縛撃」は拠点にもダメージを与えることができ、戦術技の半分くらいの威力(100ちょっとくらい)を出すことができます。また、制圧は敵の「誘導」アビリティによって攻撃を妨害されることもありますが、誘導を仕掛けてきた敵MSに「縛撃」を放つことで、より早く誘導状態を解除できるというメリットもあります。

おすすめPLは、AB02-083ソーマ・ピーリス、AB01-077三日月・オーガスあたりです。さすがに、1コストパイロットでは性能が足りない場面が出てきます。ソーマは機動力が高く、三日月は攻撃力が高いカードと、特徴が違うカードなので、どちらを優先したいかです。三日月は現状最強制圧なので、他のカードにも乗せたいところですが・・・。

②殲滅タイプ

「縛撃」によって、低コストでありながら高コストとも互角に戦うことができる殲滅ユニットになりえます。ただし、あくまで「タイマン以上の数的有利で縛撃が使える状況」に限定されますが。HPも殲滅としては低いため、バルバトスやアースリィなどの環境最強殲滅達には押されがちです。ただ、状況によってはそれらを喰えるくらいの力をもっているので、殲滅運用もよく見られます。

単体での殲滅力に不安が残るため、殲滅複数編成での運用をおすすめします。さすがに1体で敵の処理を全て担うには、性能が足りません。

PLカードは、AB02-059ノリス・パッカード、AB02-072刹那・F・セイエイ、AR01-017バナージ・リンクス、AB01-065フル・フロンタルあたりです。特に、ノリスと組み合わせた原作再現コンビは強くて楽しい最高のコンビです。ノリスは現環境コスパ最強PLカードのため、合計5コストとは思えない活躍をしてくれます。


③防衛タイプ

「縛撃」によって、敵の制圧を一瞬で撃破できる可能性を秘めたカードです。縛撃→戦術技のコンボを決めれば、敵制圧に合計600近くのダメージを与えることができるため、大体の制圧は一方的に撃破することが可能です。シールド持ちのジャスティスナイトもスタンによって盾が使えなくなるため、安定して破壊ができます。HPも高いため、敵殲滅に狙われてもそう簡単にはやられないところも強いポイントです。HP満タンなら、ノリスZくらいの戦術技なら耐えることができます。

おすすめPLカードは、B01-088メイ、AB02-057テリー・サンダースjr 、PR-017アレルヤ・ハプティズムなどの安心安定の2コスト防衛です。メイはSP威力アップのスキルのおかげで、縛撃からのコンボで一撃撃破できる範囲が広がります。サンダースは基本性能が高く、MS・PLカードの組み合わせだけで08小隊リンクが2つ積めるので、シローの火力増加も見込めるカードです。なんだかんだで、リンクアビリティをしっかり積んだスシローの遠距離攻撃力は1000の大台にも迫るほどの超火力です。

以上、AB02-011「グフ・カスタム」の解説でした。

基本性能だけでもかなりの強さなのに、射程2の縛撃まで持っているということで、原作での圧倒的な強さを思い出すくらいの強力なMSカードです。ファンも多いMSなので、しっかり原作通り強いMSで安心しました。現状では防衛での運用が最も多いのですが、他のタイプでも活躍が見込めるという点で、編成の幅を広げてくれる面白いカードだと思います。

防衛運用はやっぱり強いですけど、やっぱりノリスに乗せて暴れ回るのも楽しいですよね!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする