【アーセナルベース】AB01-043「ガンダム・キマリス」の考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「機動戦士ガンダム アーセナルベース」のカード紹介記事です。

この記事では、SEASON:01に登場したAB01-043「ガンダム・キマリス」について解説します。

【1】カード性能

(1)基礎ステータス

コスト:3

タイプ:機動

適性:地上A 宇宙S 砂漠C

機動力:300

遠距離攻撃:200

近距離攻撃:300

HP:290

(2)武装

メイン:グングニール(射程1、近距離)

サブ :グングニール(120mm砲)(射程3、遠距離)

(3)リンクアビリティ

〇鉄血のオルフェンズ:デッキに3枚以上で[近距離攻撃]小アップ

(4)MSアビリティ

「閃光[SP]」(射程2、コスト3)

(5)戦術技

「グングニール突撃」(SPコスト2)

射程:2

威力:3200

射線上の敵に貫通格闘攻撃でダメージを与える。


【2】解説

コスト3という低コストで、高い機動力をもったMSです。機動タイプですが、メイン武装が近距離武器のため、ダッシュも可能です。SEASON:02は全体的にゲームスピードが遅くなりましたが、その中でこれだけ素早く動けるMSが3コストで使えるだけでも有用性が高いです。リンクアビリティも近距離攻撃力を底上げするもので、自身はもちろん、味方のバルバトスや三日月の火力を上げてくれるという点でも優秀です。

ただ、MSアビリティは汎用性が低く、使用難易度は高いです。「閃光」は敵のSP威力をダウンさせてくれるので、敵にSPを絶対撃たれる!という場面では上手くはたらくこともありますが、使用場面は極めて限定的で、発動タイミングも相手に依存するアビリティです。

また、戦術技は貫通による範囲攻撃で、複数の敵に当てることができるものですが、威力が3200と低いのが不安要素です。


【3】編成・使い方

(1)PLカードのタイプ

コスト3という低コストのため、現環境では防衛運用が最も多いです。2コスト防衛と合わせれば5コスト、鉄血のオルフェンズリンク持ちなので三日月やバルバトス、グシオンと合わせやすいです。

機動力が高いので制圧での運用も視野に入りますが、戦術技の威力が低いこと・アビリティとの相性の悪さが気になります。殲滅運用するには、コストが低いため、力不足です。やはりアビリティの使いにくさがネックです。

(2)デッキ編成

キマリスに乗せるPLカードのタイプ別に、デッキ編成についてまとめていきます。

①制圧タイプ

高い機動力を生かし、僅かな隙をついて一気に敵拠点まで接近し、戦術技を撃つという戦い方ができます。基本性能のコスパ自体はいいので、機動力以外にも目を引く点はあります。

PLカードの候補は、パイロットスキルによって自慢の機動力をさらに生かすことができるAB02-083ソーマ・ピーリス、AB01-076アンドリュー・バルトフェルド、AB02-082ダリル・ダッジなどです。コストも非常に安くすむので、回転率が高い組み合わせです。


②防衛タイプ

非常に機動力が高いMSなので拠点移動が素早く、防衛1でも十分に拠点を守ることができます。特に、PR-017アレルヤ・ハプティズムとの組み合わせは1ダッシュで防衛拠点を変更できるほどで、SEASON:02序盤は防衛といったらコレ!くらいの強さを誇っていました。注意するべき点は、誘導の存在です。2レーン同時に敵制圧に攻撃され、誘導持ちの方にいるときに反対側のレーンに移動しようとしたときに誘導を使われ、より火力の高い反対レーンの敵制圧に壊滅的なダメージを与えられてしまうことがあります。まあ、これは1防衛ならどのMSでも注意するべきことですが。

やっぱり誘導強スギィ!!

アレルヤ以外のPLカードは、やはりAB01-088メイ、AB02-057テリー・サンダースjrといった2コスト防衛がおすすめです。リンクアビリティや、パイロットスキルによって変わっていきますが、アレルヤほどの機動力はないので、その点は注意しておきましょう。

このブログ、防衛のおすすめ大体メイかアレルヤかサンダースだよな・・・。

以上、AB01-043「ガンダム・キマリス」の解説でした。

SEASON:02の近距離強化によって大きく評価を上げたMSカードの1つで、SEASON:01からシングルの値段が倍以上に跳ね上がったカードです。今では似た性能のドアンザクやアーセナルレア2弾後半のガンダム端白星などのライバルも登場し、他の3コスト近距離MSも使われ出すなど、少し立場は弱まりましたが。それらのライバルと比較すると、鉄血のオルフェンズリンク持ちという点が最大の個性といえるでしょう。

SEASONが進み、似た性能のカードが増えるほどに立場が弱くなってくる気がするので、今のうちにたくさん使ってあげようと思っています。せっかくボードウィン家の蔵から出したのに、また使われなくなるのも可哀想ですからね。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする