【シティウォーズ】ランキングイベント「欲望渦巻くランキングバトル」終了!! ~管理人の結果や感想など~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

仮面ライダーシティウォーズのランキングイベント「王様と未来と魔王の器 欲望渦巻くランキングバトル」のランキング結果が発表されました。この記事では、管理人の結果や報酬ラインについての所感をまとめていきます。

今回のランキングイベントは、仮面ライダージオウのオーズ編に合わせて、オーズと関連付けた内容でした。他のイベントに比べれば、厄介な遠距離攻撃をしてくる雑魚がいないため、安定した周回がしやすいイベントだったと思います。特に、トドメ特効であるジオウオーズアーマー、タジャドル、コズミックステイツのうちどれか一つでも持っていれば、自然回復分だけでも結構上位に食い込むことができました。

私はコズミックステイツのBCを2枚所持していたので、周回は結構楽な方でした。今回は自然回復分だけでどこまでいけるのか挑戦してみました。今回の私の順位は以下の通りです。

結果は299位、どうせならキリよく300位にしたかったですね。250位くらいまでは普通に周回していれば辿り着きそうな感じでしたが、ラスト2日でこれ以上の順位アップは期待できないと判断して、昨日今日は全く周回しませんでした。体感としては、270位くらいまではぐいぐい順位が上がっていくのですが、そこを超えるとヒーローストーンを砕いていかないと順位は停滞してしまう感じでした。
とりあえず、300万ptを超えるくらいまでいけば、1000位以内は入れそうです。

【1】管理人の周回環境
(1)メンバー
※( )はおおよその総合力です。
メイン:フォーゼ(17000)
サブ:ジオウ(9000)、オーズ(8000)

(2)周回難易度、戦術
基本的に超級のステージ3を周回していました。極級になると一回あたりのタイムが長くなる上、現状の能力ではクリアが安定しないので、非常にストレスの伴う周回になったので、思考停止でのんびり回れる難易度として超級を選択しました。今回は超級のBOSSがパワーだったので、フォーゼのメイン属性が刺さっていたのも理由の一つです。

〇平均スコア

ハイスコアは記録していませんが、平均的にこれくらいのスコアを出して周回していました。

一周あたり3万、ポイント達成報酬の最大が300万なので、100周くらいプレイした計算です。トドメ特効を持っていても、自然回復分だけだと期間ギリギリで300万という状況は中々ハードだと思いました。

今回の周回は、「いかに時間をかけず、ストレスを溜めずに周回するか」に重点をおいて行いました。なので、通信待機があるマルチは極力避け、ソロを自分のペースでのんびりやるようにしました。フォーゼのトドメ特効を安定して決めるために、サブであるジオウとオーズにはアクションをセットせず、通常攻撃だけで戦うようにさせました。この環境で超級を周回していると、別の作業をしながらでも決まった流れで思考停止周回ができたので、比較的ストレスは少なかったと思います。実際、極級のクリアスコアと超級のクリアスコアでは1000ptくらいしか差がなかったので、時間あたりの効率はむしろこっちの方が良かったんじゃないかと思ったくらいです。何せ極級は本当にいつになったら終わるんだというくらい敵を倒し続けなければなりませんが、超級なら各WAVE増援は1~2回だったので、1周当たりの時間は2分程度でした。

【2】今回のイベント感想
シティウォーズは手軽にプレイできるのが魅力なゲームですが、さすがに他人と周回数を争うランキングイベントとなると、相当にしんどい内容でした。トドメ特効を持っていても自然回復分だけではランカーガシャチケットがもらえる200位以上には届かないですし、イベント期間も1週間と長いので、かなりの間ランキングイベントばかりをやらなければなりません。BC確定チケットがもらえる50位以上となると2200万ptとかいう異常なまでのptを貯めなければなりません。達成報酬のラストが300万ということを考えると、その7倍以上です。今回の私のペース、1周3万ペースだと730周以上、1日100周以上という相当にしんどい回数です。それだけ価値のある報酬ということですが、現状の周回環境ではとてもそこまで頑張る気にはなれないです。今後は、ヒーローストーンだけ回収して、2000位以上にいければそれで十分かな・・・。という感じです。

以上、ランキングイベント「王様と未来と魔王の器 欲望渦巻くランキングバトル」の結果についてでした。ドッカンバトルなどの大手ゲームに比べるとユーザー数が少ないゲームなので、299位という数値は高そうに見えますが、これくらいではまだまだ甘いということを思い知りました。まあ、私は自分の好きなライダーがかっこよく必殺技を放っている姿を見ていられればそれで満足なので、今後も自分のペースでライダーを鍛えていこうと思います。次の目標は栄光のライダー大戦を最後まで戦い抜くことです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする