【GジェネRE】Grade4ユニットの性能考察 ~ガンダムXディバイダーの考察~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

GジェネREのGrade4ユニット、ガンダムXディバイダーの性能考察記事です。

機動新世紀ガンダムXより、DXに遅れてガンダムXディバイダーが実装されました。サテライトキャノンを廃止しているため、最大火力は通常のガンダムXに劣りますが、高威力の大型ビームソードや支援型SAを所持しており、Grade4としては十分に活躍の場があるユニットです。

それでは、ガンダムXディバイダーの考察をしていきましょう。
〇ガンダムXディバイダーの性能
(1)LvMAX時のステータス

Grade4のため、基本ステータスはGrade5に比べると控えめです。他のGrade4と比べると、地形適性がオールBという点が嬉しいところです。どんな地形でもそれなりに戦えるので、シーズンBOSS戦などで編成が縛られているときのチーム調整役もできます。

(2)武装情報
本機の最大の特徴である大型の盾、ディバイダーをどの武装でも使えます。通常攻撃・SAとも遠距離射撃なので、遠くから攻撃できます。

①Weapon-TypeⅠ
通常攻撃:ビームマシンガン(射程M、ビーム弾)
SA:ディバイダー(射程L、ビーム弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:飛行能力、ダメージ上昇B/対走行MS

ビームマシンガン、ディバイダーと両方とも射撃武器で戦う武装です。射撃の得意なパイロットを乗せて戦うといいでしょう。ただ、通常攻撃は攻撃速度・威力ともに微妙なので、どうせ射撃メインなら支援型SAの使えるWeaponⅢを使った方がいい気がしますが。

②Weapon-TypeⅡ
通常攻撃:大型ビームソード(射程S、ビーム打撃)
SA:ディバイダー(射程L、ビーム弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:飛行能力、ダメージ上昇B/対走行MS

こちらは高威力の近接武器を所有した、より攻撃的な武装です。ただし、SAはディバイダーなので、格闘と射撃の両方がバランスよく強いパイロットを乗せて上げないとどっちつかずになってしまいます。

③Weapon-TypeⅢ
通常攻撃:ディバイダー(射程L、ビーム弾)
SA:局地戦法Ⅲ「同チームのMSの攻撃と回避が20秒間40%上昇」
アビリティ:飛行能力、ダメージ上昇B/対飛行MS

通常攻撃がディバイダーになる武装です。ディバイダーは射程が長く、攻撃速度もビームマシンガンと大きく変わらないので、射撃メインならこちらの方が使いやすいです。SAは自身にもかかるので、ディバイダーの威力も上がります。

以上、ガンダムXディバイダーの考察でした。ガンダムXとはまた違った形で戦うユニットとなり、差別化ができています。同じ支援をするのでも、自身が近距離武器か遠距離武器かという点で違いがありますし。ちなみに、こちらはガロードだけでなくジャミル・ニートともリンクワードが発動します。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする