【GジェネRE】Grade5ユニット性能考察 ~ウイングガンダムの考察~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

※2018年3月18日(日)改定

GジェネREのGrade5ユニット、ウイングガンダムの考察です。

ウイングガンダムは3機目のGrade5ユニットとして実装されたMSです。原作では物語序盤から圧倒的な性能を見せつけたかと思えば、パイロットのヒイロによって躊躇いなく自爆させられるなど、視聴者にとって衝撃的なシーンを多く残したMSです。最近では開発・設計プランの追加により、ジェネレーションツアーから入手することができるようになったので、入手難易度はグッと下がりました。ヒイロ・ユイのMSが乗ったMSでは今はウイングゼロが実装されていますが、こちらもコスト2ユニットということで、出番はまだまだあるMSです。

それでは、ウイングガンダムの考察に入ります。

〇ウイングガンダムの性能
(1)LvMAX時のステータス

ステータスはそこまで高くはありませんが、WeaponⅢへの武装変更により、最大攻撃力は947となり、900超えの大台に乗ります。WeaponⅠの状態でも、アビリティがBOSS特攻なので、高難易度の強敵との戦いでは重要なダメージソースになってくれます。3体編成ではまだまだ活躍できる強力なユニットです

(2)武装情報
WeaponⅠではビームサーベル、WeaponⅡ、Ⅲではバスターライフルを使って戦います。ウイングガンダムの代名詞といえるバスターライフルは射程が長く、その威力も非常に高いです。ただし、アビリティは武装変更によって特攻対象が変わるので注意が必要です。BOSS特攻がついているのはWeaponⅠのみです。

①Weapon-TypeⅠ
通常攻撃:ビームサーベル(射程S、ビーム打撃)
SA:ビームサーベル(射程S、ビーム打撃)「突撃して最初に接触した敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇B/対BOSS

ビームサーベルのみで攻撃するため、射程はSしかないです。この武装のメリットはやはり対BOSS特攻でしょう。攻撃力は一番低いWeaponですが、BOSSに対しては高い攻撃性能を発揮できます。

②Weapon-TypeⅡ
通常攻撃:バスターライフル(射程L、ビーム弾)
SA:最大防衛Ⅲ(射程S)「同チームのMSの防御と回避が15秒間30%上昇」
アビリティ:飛行能力、大気圏突入能力、ダメージ上昇B/対走行MS

WeaponⅡではバード形態に変形します。変形によって飛行能力を得るので、空中戦で使用できます。バスターライフルなので攻撃は947となり、火力も申し分ないです。SAは味方へのバフとなり、サポートもこなすことが可能です。

③Weapon-TypeⅢ
通常攻撃:バスターライフル(射程L、ビーム弾)
SA:バスターライフル(射程L、ビーム弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇B/対戦艦

MS形態でバスターライフルを撃ちまくれる、使っていて楽しそうなWeaponです。やっぱりウイングガンダムといったらバスターライフルですよね!攻撃力947のバスターライフルを射程Lから撃ってくれるので、強力なアタッカーとして運用できます。

以上、Grade5ユニット、ウイングガンダムの考察でした。今ではトップクラスに入手しやすいGrade5ユニットなので、戦力が整っていない新規ユーザーは積極的に作りにいくのもいいでしょう。コスト2Grade5は個々の性能ではコスト3に劣る面はあるものの、1チーム3体編成にすればコスト3を2機の編成よりも攻撃力が上回る時もあるので。探索では1機でも多くの高性能ユニットがあった方が効率がいいので、強力なユニットを増やすという意味でも価値はあります。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする