【GジェネRE】Grade5ユニット性能考察 ~プル専用キュベレイMk-Ⅱの考察~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

※2018年3月17日(土)改定

この記事では、Grade5ユニットであるキュベレイMk-Ⅱの考察を行います。

ユニコーンガンダムに続く2体目のGrade5ユニットとして実装されたプル専用キュベレイMk-Ⅱですが、コスト2Grade5として、3体編成が可能な点は高く評価できるところです。下手にコスト3で2機編成をするよりもチーム全体の攻撃力が上回ることもありますし、サポートユニットも編成しやすいです。当時はユニコーンガンダムが第1機目のGrade5であったことから、キュベレイMk-Ⅱのような微妙な立ち位置のMSが最高レアリティになることは誰も予想していなかったでしょうから、意表をついたというところでも印象的なMSです。

それでは、プル専用キュベレイMk-Ⅱの性能をみていきましょう。
〇プル専用キュベレイMk-Ⅱの性能
(1)LvMAX時のステータス

HPはユニコーンガンダムほどではありませんがGrade5ユニットの面々を上回る9000超え、防御も163と当時では環境最高クラスでした。その上、攻撃力は当時全機体中ナンバーワンの887でした。基本的なポテンシャルに関しては未だに最高峰といえます。さらにユニコーンガンダムと違ってコスト2なので、コスト6のグループ編成ならコスト2ユニット2体とチームを組むことができます。ただ、SAがファンネルなので覚醒値の高いキャラを乗せる必要があります。50という高い覚醒値を要求してくるので、誰でも乗せられる機体ではありません。

(2)武装情報
キュベレイシリーズといえば、やはりファンネルですよね。本作のキュベレイMk-Ⅱもファンネルによるオールレンジ攻撃を特徴としています。

①Weapon-TypeⅠ
通常攻撃:ビームサーベル(射程S、ビーム打撃)
SA:ファンネル(射程L、ビーム弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇A/対大型MS

最初から使用できる武装です。攻撃力のステータスは一番高くなります。対大型MSへの特攻アビリティがるので、大型MS戦で重要なダメージソースになってくれること間違いなしです。

②Weapon-TypeⅡ
通常攻撃:ビーム・ガン(射程M、ビーム弾)
SA:ファンネル(射程L、ビーム弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇A/対大型MS

通常攻撃がビーム・ガンに変わり、敵に近づくことなく攻撃を浴びせることができます。SA・アビリティには変化がないので、使用感にそれほど大きな変化はないでしょう。

③Weapon-TypeⅢ
通常攻撃:ファンネル(射程L、ビーム弾)
SA:行軍援護Ⅳ(射程S)「グループ内のユニットの防御が10秒間10%上昇、グループ内のユニット移動速度が10秒間2上昇」
アビリティ:ダメージ上昇A/対オブジェクト

通常攻撃から常にファンネルでの攻撃になります。SAは味方の移動速度と防御力を高めるバフです。自身は後方でファンネルで敵を攻撃しつつ、グループ内のユニットに前衛を任せて援護をしていくという戦い方になります。エクシアやガンダム(ハイパー・ハンマー)、ソードストライクガンダムなど射程Sの高性能ユニットをグループに入れれば、抜群のチームワークで戦うことができそうです。

以上、Grade5ユニット、プル専用キュベレイMk-Ⅱの考察でした。本ゲーム2体目のGrade5ということもあり、さすがに今となっては他のユニットに劣る面も出てきましたが、多くのユニットと比較すればトップクラスの性能であるのは変わらずです。3体編成も可能ですし、まだまだ使用価値は高いユニットです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする