【MHW】モンスターハンターワールドにおけるヘビィボウガンのおすすめスキル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

この記事では、モンハンワールドにおいてヘビィボウガンと相性のいいおすすめスキルについてまとめていきます。

ヘビィボウガンの魅力は何といっても圧倒的な火力です。カプコンでもトップクラスの売り上げを叩き出すようになったモンハンシリーズが今の地位を築き始めたMHP2ndG時代は最も火力の出る武器としてマルチプレイでは友人と共によく使っていました。当時は各種属性弾が非常に強力で、多くのモンスターは、マルチプレイで属性弾を弱点属性の後に適当に打っているだけで簡単に葬り去ることができました。ソロプレイでも最上級難易度であった村クエ最終の「モンスターハンター」は攻略に非常に苦戦したのですが、ヘビィボウガンを使って初めてクリアできたことを覚えています。同じガンナーのライトボウガンや弓と比べると、防御力の低いガンナー装備でありながら抜刀時の移動速度がランス、ガンランス並みの鈍足であることから使いにくい武器ですが、火力だけで十分すぎる見返りのある武器です。

ここでは、そんな素敵火力のヘビィボウガンをよりよく活用するためにおすすめしたいスキルを紹介していきます。
(1)通常弾強化、貫通弾強化、散弾強化
ガンナーにはお馴染みの、弾ダメージを増加させるスキルです。使用するボウガンと相性のいいスキルを付けましょう。ヘビィボウガンの場合はほとんどが貫通弾をメインに使うので、貫通弾強化が一番多いでしょう。通常弾をメインとするボウガンもありますが、ヘビィボウガンでは散弾をメインにすることはあまりありません。

(2)属性解放/装填拡張
装填できる弾数が増加するスキルです。一度のリロードでより多くの弾を装填できるため、リロードの回数を減らし、手数を増やすことができます。なので、火力UPのためのスキルと考えていいでしょう。

(3)弱点特攻
弱点部位を攻撃したときに会心率がUPするスキルです。弓同様、ガンナーは弱点部位を狙い撃ちしやすいので、弱点を継続的に狙いやすい武器種です。弱点特攻の発動機会も多い武器なので、恩恵は大きいです。

(4)渾身
今作から登場した、会心率を上げるためのスキルです。スタミナゲージが最大のとき、会心率が最大30%まで上がります。ヘビィボウガンは歩き撃ちをメインに使っていくので、スタミナゲージを消費することはあまりないでしょう。渾身は狙いやすいスキルです。

(5)超会心
攻撃が会心になって当たったときのダメージ倍率が最大1.4倍になるスキルです。上記の弱点特攻や渾身などと合わせて使い、火力を増加させていきましょう。

(6)特定射撃強化
特殊弾の威力をUPする火力系スキルです。今作から追加された狙撃竜弾、機関竜弾の火力が増加します。どちらも使用頻度は少ないものの、強力な一撃を放つ弾なので、こちらも恩恵は大きいです。

(7)回避距離UP
回転回避の移動距離がUPするスキルです。抜刀時の移動速度が極端に遅く、納刀時間も長いヘビィボウガンにとって、離れたモンスターに近づくときに毎回納刀していたら時間が余計にかかってしまいます。ヘビィボウガンは抜刀時の移動は前転回避を使って行うのが最も速いです。その際、回避距離UPのスキルがついている回避によってとさらに長距離を移動することができるようになるので、非常に便利です。
過去作では非常に恩恵が大きいスキルでした。今作では歩き撃ちができるようになったものの、やはり相対的に機動力は低い武器です。今作でも重要な役割をしてくれることがあるでしょう。

以上、ヘビィボウガンと相性のいいおすすめスキルの紹介でした。とにかくヘビィボウガンの魅力はその圧倒的な火力です。なので、スキル構成を考える時は、モンスターを早く討伐するには、何がタイムロスになっているかを考えながら決めていく必要があります。あれもこれも理想通りに進めばいいですが、いつもそのようにはいかないでしょう。スキル構成を考える上で、一つの参考にしましょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする