【MHW】モンスターハンターワールドにおけるハンマーのおすすめスキル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

この記事では、モンハンワールドにおいてハンマーを使っていく上で相性のいいスキルについてまとめていきます。

ハンマーは狩猟笛と同じく打撃武器で、頭部を攻撃することでスタンが狙える武器種です。狩猟笛と比べてリーチが短いですが、攻撃力の高さではハンマーの方が大きいです。
そのため、付けるスキルは自慢の攻撃力をより生かせるスキルを優先的につけていくといいでしょう。また、ガードができない武器なので、それを補助できるスキルも有用です。その他には、メインの攻撃手段である溜め攻撃がスタミナを消費しつつ攻撃するアクションなので、スタミナ関係のスキルも有用です。必須スキルとまで言えるスキルはありませんが、ここでは、ハンマーと相性のいいスキルについていくつか紹介し、その解説も加えていきます。

(1)弱点特攻
スタン狙いで頭部を狙うハンマーとは相性のいいスキルです。頭部を弱点とするモンスターはとても多いので、弱点特攻の恩恵は非常に得られやすいです。スタン狙いで頭部を攻撃するときにダメージをより多く稼いでいくことができます。

(2)超会心
会心発動時のダメージ倍率が上昇するスキルです。最大で1.4倍まで上がるため、頭部を攻撃しつつダメージ蓄積値まで大幅に稼げることができれば、チームに大きく貢献できるでしょう。弱点特攻と合わせて発動させたいスキルです。

(3)攻撃力UP
剣士では共通で相性のいいスキルです。ハンマー自慢の攻撃力をより発揮できます。武器の攻撃力を高めることによって、単純に与えるダメージを増加させることができます。弱点特攻のように攻撃する部位に影響されない、シンプルで使いやすいスキルです。
また、今作ではレベルを上げることによって会心率も上がるようになったため、会心系スキルと合わせて使うという選択肢もありです。自慢の火力がさらにパワーアップします。

(4)KO術
モンスターへのスタン値を上げる効果を持つスキルです。ハンマーの醍醐味であるスタンを狙いやすくする、まさに相棒と言えるスキルです。ハンマーとの相性は抜群のスキルです。

(5)耳栓
ガードができないハンマーには、あると便利なスキルです。モンスターの咆哮を攻撃チャンスに変えることもできるので、攻撃スキルと考えてもいいくらいの有用スキルです。

(6)回避性能
前転回避の無敵時間が伸びるスキルです。ガードができないハンマーは、モンスターの攻撃を防ぐ手段は回避しかありません。その回避を強化することによって生存率を大きく上げることができる、心強いスキルです。

(7)ランナー
スタミナ消費を減少させることができます。ハンマーの場合はメイン攻撃となる溜め攻撃のスタミナ消費を減らすことができるため、相性がいいスキルです。ハンマーはガードができないため、モンスターの攻撃に対しては回避によって対処します。回避を行うためにはスタミナが必要になるため、溜め攻撃の際のスタミナ管理が重要になってきます。ランナーはスタミナ管理を助けてくれるので、非常に戦いやすくなります。

(8)スタミナ急速回復
こちらはスタミナの回復速度を上げるスキルです。ランナー同様、スタミナ管理をやりやすくしてくれるスキルです。¥(9)集中
溜め攻撃による溜め速度が速くなるスキルです。今作では溜め攻撃3で味方を吹っ飛ばさなくなったので、溜めすぎによるデメリットが大きく軽減されました。力溜めを軸としたハンマーのコンボには、溜め時間の短縮は非常にありがたいことでしょう。

以上、ハンマーと相性のいいおすすめスキルの紹介でした。近年ではハンマーは不遇な扱いを受けていたのですが、今作では不遇というポジションからは脱却できたように思えます。実際、マルチでの遭遇率も増えましたし、目に見えて強くなったことが実感できます。ハンマー使いにとっては嬉しい変更も多く、ハンマーへの評価はまた変わってきそうです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする