【MHW】モンスターハンターワールドにおける双剣のおすすめスキル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

この記事では、モンハンワールドにおいて、双剣と相性のいいおすすめスキルについてまとめていきます。

双剣は小さい剣を両手に持って連続攻撃する武器で、圧倒的な手数によって高い攻撃力を誇る武器です。モンハンシリーズでも昔からある武器で、その火力から多くのハンターに愛されてきました。双剣といえば鬼人化状態から繰り出す強力な乱舞が有名ですが、近年では鬼人強化状態という新要素も加わり、その火力にもさらに磨きがかかりました。一方で防御に優れた能力は持っていないため、防御面では優秀な武器とはいえません。長所を伸ばすという点でみると、スキルは自慢の火力を向上させるものがよいかと思います。

では、以下からはおすすめスキルを順番に紹介していきます。
(1)匠
剣士御用達の強力スキルです。斬れ味ゲージそのものを長くすることで、斬れ味消費の早さを克服するスキルです。斬れ味ゲージ上昇によって斬れ味段階も上げることができるため、火力の増加も期待できます。

(2)達人芸
今作から登場したスキルで、会心発生時に斬れ味を消費しないようになります。双剣の必殺技である乱舞は、一発目が会心なら最後まで会心で攻撃し続けられるという性質があるので、達人芸との相性は全武器中でもトップクラスです。見切り、弱点特攻といった会心系スキルと合わせて使いましょう。鬼人化はスタミナ消費するので、渾身はおすすめできませんが。

(3)弱点特攻
弱点部位に攻撃すると大きく会心が上昇するスキルです。火力面ではもちろん、上述した達人芸と合わせることによって斬れ味対策にもなります。
達人芸を発動させられるカイザーシリーズがセットでついているスキルなので、達人芸と同居させるのは簡単です。

(4)見切り
こちらは弱点特攻よりも会心率が低いですが、攻撃する部位に影響されません。マルチでは弱点部位は争奪戦になるので、周りと争って弱点特攻を狙うよりもこちらの方がストレスフリーにプレイできるでしょう。また、双剣はリーチが短く、高い部位にある弱点は狙いにくいです。その点も考慮すると、戦うモンスターによっては見切りの方が会心を狙いやすくなるかもしれません。

(5)超会心
会心時のダメージ上昇を最大1.4倍にできるスキルです。達人芸で斬れ味を節約しつつ、超会心で火力を高めれば、自慢の火力はさらにとんでもないことになります。会心系スキルと合わせてぜひとも付けておきたいです。

(6)ランナー
スタミナ減少速度を遅くすることができるスキルです。鬼人化状態ではスタミナがどんどん消費されていくので、その減少速度を遅くさせ、少しでも長く鬼人化を維持させることができます。このスキルも火力系のスキルと考えることができます。

(7)耳栓
ガードのできない武器なので、防御面に不安なところが残ります。特に、多くのモンスターは怒り状態になったときに咆哮を仕掛けてきます。そこから素早く次の攻撃飛んできた場合に、耳を塞いでしまうとこちらの動きに隙が生じてしまい、そこからはめられて事故死なんてことも起こる危険があります。付けておくことができれば、確実に便利なスキルです。

以上、双剣と相性のいいスキルについての考察でした。今作では特に達人芸と会心系スキルの相性の良さが際立っている感じです。双剣の会心の仕様上、達人芸はまさに双剣のためにあるスキルといっても過言ではないです。とりあえず双剣をいじってみたい方は、テオ・テスカトルを倒してカイザーシリーズを作ってみるといいでしょう。達人芸と弱点特攻を同居できる上、古龍装備なので防御力も高いので、おすすめです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする