【MHW】モンスターハンターワールドにおけるガンランスのおすすめスキル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

発売から2週間程度が経過したモンハンワールド(以下MHW)ですが、皆さん楽しんでいるでしょうか。
私は中々時間が取れず、1日1~2時間くらいしかプレイができていないのですが、もうすぐエンディングというところまで進めることができました。愛用している武器はガンランスです。途中までスラッシュアックスやチャージアックスも使っていたのですが、どうにもしっくりこなかったので、原点回帰して、MHP2ndからずっと使い続けているガンランスに落ち着きました。
というわけで、この記事では、自身の経験も踏まえてMHWにおけるガンランスのおすすめスキルについてまとめていきます。

今作より防具のスキル発動システムが非常にシンプルになり、スキルもつけやすくなりました。MHWのガンランスには竜杭砲、前方ステップといった新要素がいくつか含まれおり、おすすめスキルも少し変わりました。とは言っても、やはり砲術スキルは必須級ですし、基本的にはこれまでのモンハンシリーズで相性の良かったスキルをつけていれば問題は無いです。

以下からは私のおすすめするガンランスのスキルを紹介します。
(1)砲術 ※必須級!!
もはや説明不要!!
やっぱり今作も砲術は必須です。どうせ付けるならLv3まで付けてしまいましょう。Lv3なら砲撃の威力は1.3倍、竜撃砲の冷却時間は半分になり、ガンランスの火力が大幅に向上します。
今作は新アクションのなぎ払いによって突きの物理ダメージも向上しましたが、単純な物理ダメージなら他の武器の方がはるかに上です。ガンランスの最大の特徴である肉質無視の固定ダメージを最大限に生かせる、ガンランスのためにあるようなスキルです。

(2)砲弾装填数UP
砲撃に使用する弾の弾数が1つ増えます。今作からクイックリロードでも全弾装填ができるようなったので、砲撃をかなり効率よく発射することができるようになりました。その中で弾数が1つ増えれば通常型のフルバーストの威力はさらに上がりますし、放射・拡散型でも攻撃力の底上げに繋がります。ダメージ向上系スキルとしてあると嬉しいスキルです。

(3)ガード性能
ガード時のノックバック、被ダメージ、消費スタミナを減らせるスキルです。ガンランスは元々ガード性能の高い武器なので、このスキルとの相性は抜群です。抜刀時の動きが遅く、モンスターの攻撃の回避が難しいガンランスにとっては依然として生存率を上げる重要なスキルです。
今作から連続ステップができるようになり、多少は身軽になったのですが、それでもガードに頼る場面はあるので、活躍の場は多いスキルです。

(4)匠
剣士御用達の武器の斬れ味ゲージを増加させるスキルです。砲撃によって著しく斬れ味を消費するガンランスにとっては、物理ダメージの向上だけでなく斬れ味消耗対策という点でもおいしいスキルです。今作では業物がシリーズスキルになったため他のスキルと組み合わせにくいので、匠の方が使いやすいでしょう。

(5)回避距離UP
今作からガンランスにも前方ステップや連続ステップが導入されたので、回避距離UPの恩恵はかなり大きいです。モンスターとの距離調節、攻撃の回避など、従来の回避ランスに近い機動力を手に入れることができます。ガード性能よりもこちらを優先するのも選択肢として十分にありです。

以上、ガンランスのおすすめスキルでした。前作では砥石使用高速化も斬れ味対策スキルとして候補に上がっていましたが、今作はモンスターのエリア移動が多いので、斬れ味が十分に残ったままエリア移動されることが結構あります。砥石はその時に使えばいいくらいの気持でいいので、今作のおすすめからは外しました。前作までは簡単に装飾品でつけられるというのもおすすめの理由だったので、どのスキルも簡単に付けられる今作ではそこはあまりおすすめポイントではないと思い、外しました。
今作のガンランスは攻撃面が大きく改善ので、これらのスキルを駆使してぜひとも攻撃的な立ち回りをしていきましょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする