【GジェネRE】レアリティ「PREMIUM」ユニットの性能考察 ガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの考察~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

GジェネREにて新しく追加されたPREMIUMユニット、ガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの性能考察記事です。

今回の新規追加PREMIUMは、ガンダムSEEDASTRAYに登場するMS、ブルーフレームセカンドLです。外伝作品の機体でありながらガンプラやグッズで度々収録される人気機体です。
肝心の性能ですが、コスト3PREMIUMユニットとなっており、高い攻撃力を売りとするMSになっています。武装は実体武器のみですが、かなり強力なユニットです。

それでは、ガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの考察をしていきましょう。
〇ガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの性能
(1)LvMAX時のステータス

コスト3だけあって、能力値は高い水準でまとまっています、やはり注目すべきは1000を超える攻撃力です。後述しますが、攻撃速度も悪くないので、実体武器が通用する相手には自慢の攻撃力で畳みかけることができます。

(2)武装情報
武装は実体打撃のソードモード、実体弾のガトリングモードの2種類です。どちらも攻撃力1000を超える高火力武装です。

①Weapon-TypeⅠ
通常攻撃:ガトリングモード(射程M、実体弾)
SA:ガトリングモード(射程M、実体弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ減少A/実体弾

ガトリングモードのみで戦う武装です。1200以上の攻撃力から放たれるガトリングモードにより大ダメージを狙うことができます。攻撃力が高いからと言って、かわりに攻撃速度が著しく遅いということもありません。

②Weapon-TypeⅡ
通常攻撃:ソードモード(射程S、実体打撃)
SA:ソードモード(射程S、実体打撃)「突撃して最初に接触した敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ減少A/実体打撃、ダメージ上昇A/対大型MS

こちらはソードモードのみで戦う、接近戦用の武装です。通常攻撃のソードモードは一度に2Hitするので、ダメージ効率はWeaponⅠを上回ります。特に大型MSに対してはアビリティもあるので、かなりのダメージが期待できます。

③Weapon-TypeⅢ
通常攻撃:ソードモード(射程S、実体打撃)
SA:ガトリングモード(射程M、実体弾)「範囲内の敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ減少A/実体打撃、ダメージ上昇A/対大型MS

通常攻撃は接近戦、SAは範囲攻撃のSAという組み合わせです。WeaponⅡは1体の敵と戦う時に有効で、こちらは複数の敵と戦うことに適した武装です。

以上、ガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの考察でした。高い攻撃力を持ち、他のPREMIUMと比較しても強力なユニットなので、ガシャで入手できた方は同時開催のキャラクター獲得イベントを周回し、パイロットの叢雲劾も入手しておきましょう。リンクワード発動によって、その性能をさらに引き出すことができます。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする