【GジェネRE】レアリティ「PREMIUM」ユニットの性能考察 ~ガンダム・バルバトスルプスの考察~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

GジェネREにて新しく追加されたPREMIUMユニット、ガンダム・バルバトスルプスの性能考察記事です。

鉄血のオルフェンズ2期の主役機であるバルバトスルプスが早くも実装されました。既に登場しているバルバトス第4形態、第6形態同様コスト2PREMIUMユニットであり、やはりコスト3をも上回る高い攻撃力を誇っています。他のコスト2PREMIUMと合わせて3機で部隊を組むことができることを考えると、チーム攻撃力をかなり大きく上げてくれるMSです。

それでは、ガンダム・バルバトスルプスの考察をしていきましょう。
〇ガンダム・バルバトスルプスの性能
(1)LvMAX時のステータス

バルバトスシリーズらしく、接近戦に重きを置いた性能となっています。HPはコスト2相応に9000台ですが、高い防御値でカバーできるでしょう。難点は地形適性でしょうか。空中にいけないユニットでありながら水中も適性がない機体はこの手の高レアリティユニットでは珍しいので、汎用性が低いのは惜しいところです。

(2)武装情報
WeaponⅡの200mm砲は火力が低く、射程も中途半端なので微妙ですが、残りの武装は特性の違う高火力武器で、どちらを選んでも強力です。

①Weapon-TypeⅠ
通常攻撃:ツインメイス(射程S、実体打撃)
SA:ウェポン&アーマーブレイクⅣ「範囲内の敵の攻撃と防御が20秒間45%減少」
アビリティ:ダメージ減少A/ビーム弾

攻撃力の数値は882と低めですが、一度の攻撃で2hitするので、通常攻撃の火力はかなりのものです。敵の防御を上げるデバフSAと合わせて、チーム全体の火力を底上げして戦っていくスタイルです。

②Weapon-TypeⅡ
通常攻撃:200mm砲(射程M、実体弾)
SA:ソードメイス(射程S、実体打撃)「突撃して最初に接触した敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇A/対走行MS

唯一接近戦以外を行う武装ですが、リンクワード発動パイロットである三日月や接近型SAとの相性を考えると微妙な武装です。他の優秀な武装を差し置いてまで使う価値は・・・という感じです。

③Weapon-TypeⅢ
通常攻撃:ソードメイス(射程S、実体打撃)
SA:ソードメイス(射程S、実体打撃)「突撃して最初に接触した敵にダメージ」
アビリティ:ダメージ上昇A/対BOSS

攻撃力は1452ととんでもない数値ですが、2hitするWeaponⅠと比べるとそんなに火力の差はありません。ただ、こちらはSAも攻撃型、アビリティも攻撃系と、自身の火力をどんどん生かして戦うスタイルになっています。味方があまり強くなければ、こちらの方がいいでしょう。

以上、ガンダム・バルバトスルプスの考察でした。今回も11連9回目で確定入手できるので、しっかりGゴールドを集めている方、課金できる方は確実に入手できます。まあ、今後もこういう形でガシャが続くでしょうから、しばらくは好きなユニットがピックアップされるまで引くのは待つのがいいでしょう。どんな魅力的なMSをガシャに実装するのか、運営の采配力の見せどころです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする