【雑記】任天堂純正キャリングケース(画面保護シート付き)のレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

先日、ニンテンドースイッチを購入した際に、合わせて持ち運び用に任天堂純正の携帯用キャリングケースを購入しました。本日はそのレビューをしたいと思います。


ニンテンドースイッチの最大の特徴は、ドックに繋いで据え置きゲームとして使用することもでき、さらに携帯モードで様々なところに持って行ってゲームができることです。私はもっぱら家でじっくり据え置きゲームとしてプレイすることが多いのですが、持ち運んで外出先でプレイすることも考えてキャリングケースを購入しました。ニンテンドースイッチ用キャリングケースは任天堂純正のもの以外にもサードパーティ製の様々な工夫のこらされたものが発売されていますが、今回は純正を使用することにしました。

それでは、任天堂純正キャリングケースのレビューと特徴をまとめていきます。
【1】任天堂純正Nintendo Switchキャリングケース(画面保護シート付き)の特徴
(1)薄型でありながら、ゲームカード5枚とメッシュケースがついており、十分な収納力がある
(2)画面保護シートがついている
(3)簡易スタンド機能がついている

サードパーティ製のケースでは、サイズが大きいもののより収納力があるケース、ハードケースでより丈夫なものなど、それぞれ特徴的なものが発売されていますが、任天堂純正ケースの特徴は以上の3つです。
(1)に関しては、同様の収納力を持ったケースは他にもあるので特別感はありませんが、収納力の割にはサイズがコンパクトだと思います。
(2)に関しては、画面保護シートをこだわって他のものを付ける方には予備用としての意味合いくらいしかありませんが、こだわらない方なら保護シートを買うコストを抑えることができます。
(3)に関しては、これまた別売りのスタンドを購入する方や、テーブルモードではプレイしない方には恩恵が薄いですが、こだわらない方には嬉しいギミックです。


【2】任天堂純正キャリングケース(画面保護シート付き)レビュー
(1)外箱
外箱はしっかりした感じのものです。まあ、箱は一度開けてしまえばもう使うことはなく、捨てるだけなので別にどんな素材でもいいのですが。ゲーム機本体のように保証書の代わりになることもないので。

(2)内容物

中にはケースと画面保護シート・シートを綺麗に貼るためのゴミ取り用テープが入っています。ケースには表にニンテンドースイッチのロゴ・裏に任天堂のロゴがついており、純正ケースっぽさが良く出ています。素材はハード系ではなく、やや柔らかめの素材で、内側もふかふかしたものになっています。余程の圧力をかけなければ十分に本体を保護してくれるでしょう。
画面保護シートには指紋・皮脂汚れ対策、タッチ操作を快適にするための加工、気泡軽減加工がしてあります。私は他の画面保護シートを使っているので、こちらは予備用にしています。情報によると、ゴミ取り用テープは結構粘着成分が画面につきやすいらしく、かえって画面が汚れてしまうことがあるらしいので注意が必要です。

(3)ケース内側

本体は綺麗に収まり、ファスナーをして閉めた後にケースを振ったらカタカタ中で動くことはありません。さすが純正。ダブルファスナーで開け閉めも簡単、裏側には本体が傷つかないようにカバーがついています。
また、折りたたみ式の収納ポケットがあります。これは簡易スタンド機能のためのものです。スプラトゥーン2のゲームカードを試しにいれてみましたが、すっぽりと収まり、ちょこっと振り回したくらいでは落ちません。メッシュの中にはJoy-conストラップが2つ入るくらいの収納力がありますが、2つも入れるとケースを閉めた時に結構でっぱりができます。

収納ポケットを使って、簡易スタンドにすることができます。上の写真の角度が最も緩やかな角度で、後はより急になっていきます。Switch本体のスタンドは結構角度が急なので使いにくいのですが、こちらはもう少し緩やかな角度なので、結構見やすいです。ただ、充電しながらの仕様には対応していません。

以上、任天堂純正キャリングケース(画面保護シート付き)のレビューでした。せっかくの最新ハードなので、より快適にプレイしたいというユーザーがは数多くいることでしょうが、このキャリングケースはニンテンドースイッチを持ち運んで様々な場所で使いたい方にはコスト・機能面の両方でおすすめしたい商品です。もちろん、他にも様々なケースが発売されているのでこれ一択というほどではありませんが。画面保護シートについてはガラズフィルムやブルーライト軽減シートにしたい方にとってはいらないものですし、スタンドもあくまで簡易的なもの、持ち運びが簡単で角度調整もより広範囲でできてなおかつ充電機能付きのものも発売されていますので、選択肢は一つではありません。
それでも、ライトユーザーであれば十分に期待に応えるポテンシャルは持っているケースなので、私はかなり気に入っています。新作ハードを購入した際は、こういったアクセサリについてもしっかり考えて、より素敵なゲームライフを送りたいものです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする