【マリオオデッセイ】10月27日(金)、マリオオデッセイが発売!! ~プレイしてみた感想~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

10月27日(金)、ニンテンドースイッチ期待の新作ソフト「スーパーマリオオデッセイ」が発売されました!
私もスプラトゥーン2をやっている途中ですが、どうしてもやりたくて買ってしまいました。この記事では、期待のマリオオデッセイは面白いのか、おすすめできるゲームなのか、感想を述べていきたいと思います。


久しぶりの箱庭マリオということで、マリオオデッセイは発売前から非常に期待値の高いソフトでした。マリオが広大なステージを縦横無尽に走り回ったり、大都会の街を歩き回っているPVは多くのゲーマーを魅了したことと思います。ネットの評判も「神ゲー間違いなし」「約束された勝利の神ゲー」「発売が楽しみ」といった、期待にあふれるものが多かったです。

そんなゲーマーの期待を受けて発売されたマリオオデッセイですが、プレイした感想は「最高に面白い!買ってよかった!」です。ニンテンドースイッチを持っている方なら、購入しておいて損はない、いや、ぜひともやっておくべきソフトです。

下記に私がマリオオデッセイをプレイして、魅力を感じたポイントをまとめていきます。
【1】美麗なグラフィックと工夫に満ちた広大なMAP

とにかく、MAPが美しく、広大です。細かいところまで作りこまれていて、MAPの端から端まで探索したくなるような作りになっています。今作では新たなマリオのアクションとして、「キャプチャー」というものがあるのですが、新アクションを存分に活用しないといけないような場所、「えっ?こんなところに道があるの?」とつい驚いてしまうような場所など、とにかく探索していて飽きがきません。ストーリーの進行のためにちゃんと進むべきルートが示されているのですが、ついつい寄り道したくなってしまいます。単純にMAPが綺麗なだけでなく、プレイヤーの探検心をくすぐるように工夫されたMAPには感動しかありません。


【2】テンポのいいストーリーと魅力的なキャラクター
RPGではないので当たり前ですが、ストーリーはテンポよくどんどんと進んでいきます。だらだらと長いムービーを見て、ゲームをやっているんだかドラマや映画を見ているんだかよくわからないということはありません。あくまでストーリーはゲームを盛り上げるための材料の一部でしかありません。
また、帽子に憑依する新たなマリオの相棒「チャッピー」をはじめ、敵役の「ブルーダルズ」など、魅力的な登場人物がゲームを盛り上げてくれます。

【3】新アクション「キャプチャー」が面白い
「キャプチャー」は帽子を投げて敵などに被せることで、なんと被らせた敵になることができるのです。ワンワンになって普段は壊せない壁を破壊して先に進んだり、キラーになって遠くまで飛んでいったりと、マリオのアクションだけではできなかったことがさらに自在にできるようになります。これによって広大なMAPをただ歩き回るだけでなく、工夫して探検ができるようになっています。

以上、マリオオデッセイのレビューでした。もともとやたらと期待の高いソフトだっただけに、実際はどうなんだろうと心配している方もいると思います。しかし、心配は無用です。間違いなく面白い・長く楽しめる作品に仕上がっています。しばらくはマリオオデッセイに夢中の日々になりそうです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする