【ドッカンバトル】超激戦イベント「地獄より舞い戻る最凶最悪」攻略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

ゴールデンフリーザ(天使)と戦う超激戦イベント「地獄より舞い戻る最凶最悪」の攻略です。


アニメ「ドラゴンボール超」での活躍に合わせてDOKKANフェスと同時に実装された本イベントですが、やはりかなりの難易度になっています。敵の属性は比較的集中しているものの、攻撃力が半端ない上に気絶無効・特攻スキルなしという条件なので、ある程度キャラが揃っていないと苦戦を強いられます。私は最近無課金チームで超激戦攻略をしているのですが、知属性であるゴールデンフリーザ(天使)に強い体属性の無課金キャラがまだ揃っていないので、現在無課金チームでは一回もクリアできていません。秘宝入手のナッパを入手できれば大分状況は変わってきそうなのですが・・・。

とりあえず、この記事では超激戦イベントの情報をまとめていきます。
【1】ステージ情報
完全新規イベントでありながら、久しぶりに2ステージ構成のイベントになっています。ステージ1では難易度がZ-HRAD1つのみなのですが、ドロップでSSRフリーザ(最終形態)(天使)が入手できます。性能もドロップ入手としては中々です。
ステージ2はいつも通り、フェス限ゴルフリ(天使)をドッカン覚醒させるための覚醒メダルがドロップします。Z-HRADが3枚、SUPER2が7枚と、枚数もいつも通りです。


【2】ステージ2(SUPER2)攻略情報
ステージ2のZ-HRADとSUPER2の違いは最終ラウンドがあるかないかです。SUPER2の場合は4ラウンドの戦いになります。1ラウンド目はともかく、2ラウンド目以降はフリーザが気絶無効スキルを使ってくるので、気絶にたよった戦法は使えません。ただし、幸い必殺技封じは通じるので、必殺技封じはチームに入れて挑戦したいところです。なんせ敵の必殺技を受けると10万以上のダメージは確実にくらう上、DEF大幅低下の追加効果もくらってしまうので、高DEFによる通常攻撃のシャットアウトすらもやりにくくなってしまいますので。

〇BOSS情報

・1戦目 フリーザ(最終形態)(天使)【速属性】
体力ゲージ:4本
1ターンの攻撃回数:3回

1ラウンド目は全然たいしたことはありません。ここでは被ダメージを抑えつつ、並び順を整えて2ラウンド目以降を楽に戦えるように態勢を整えておきたいところです。

・2戦目 ゴールデンフリーザ(天使)【力属性】
体力ゲージ:5本
1ターンの攻撃回数:3回

2戦目ですが、ここから気絶無効スキルが入り、敵の攻撃力も高くなります。何も防御適性のないキャラで攻撃を受けたら、通常攻撃でも3万以上のダメージを受けてしまいます。第3、4ラウンドを視野に入れて体属性編成でいく場合は、ここが一番きつい場面です体属性編成の場合、ダメージ軽減アイテムはここで惜しみなく使っていきましょう。

・3戦目 ゴールデンフリーザ(天使)【知属性】
体力ゲージ:6本
1ターンの攻撃回数:5回

残る2戦はどちらも知属性です。体属性編成できた場合はここはそこまできつくありませんが、他の属性で戦う場合は、注意が必要です。しっかりと防御キャラで受けることを意識しないと、1ターンで20万とか30万ものダメージを普通に受けてしまいます。苦手な技属性編成なら尚更です。さらに、ゴールデンフリーザはDEF大幅低下の必殺技を打ってくるので、高DEFキャラでも、必殺技を受けた後に通常攻撃を受けたらダメージカットができません。必殺技封じをチームに入れて、しっかりと必殺技を防いでいきましょう。

・4戦目 ゴールデンフリーザ(天使)【知属性】
体力ゲージ:8本
1ターンの攻撃回数:7回

3戦目以上に敵の攻撃が熾烈です。やることは3戦目と同じで、ダメージカットキャラでしっかり攻撃を受けて、自チームの最高火力で押し込んでいきましょう。必殺技封じも忘れずに。

以上、超激戦イベント「地獄より舞い戻る最凶最悪」攻略でした。無課金チームで突破することを目標として頑張っているのですが、かなりきついのが現状です。これまでに紹介したように、超技属性が優秀な無課金キャラが揃っているので頭2つ分くらい強力なのですが、後半戦2戦がすべて苦手属性なのがきつすぎます。ダメージ軽減アイテムを使っても2万から3万近くの通常攻撃ダメージを受けてしまいますし。1度4戦目の残りゲージ2本というところまできたのですが、残念ながら失敗に終わってしまいました。やはり体属性編成でいくのが一番なのでしょうが・・・。
無課金チームでの攻略に成功したら、記事を更新します。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする