【ドッカンバトル】第21回天下一武道会が終了しました。 ~管理人の結果や感想~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

ドッカンバトル第21回天下一武道会が終了しました。この記事では、私の結果と、天下一武道会の感想を書いていきます。


金曜日から3日間行われた天下一武道会ですが、今回はベジットという人気キャラが報酬にあったので、頑張って周回しました。しかし、時間が中々とれず、さらに競争率も中々厳しく、残念ながらベジット入手ラインの10000位以内に入ることができませんでした。2億ダウンロードキャンペーンが終わってから少し落ち着いているドッカンバトルですが、ガチでプレイしているユーザーの数はそれほど変わってはいないようです。

【1】今回の結果

画像は終了25分前のポイントと順位です。全ミッションを達成できるだけの周回は何とかできました。ここでは多くの老界王神カードを入手できるので、最低限これだけは集めておきたかったので。しかし、3000万Ptという大量のポイントを集めるのには骨が折れました。天下一武道会に参加した時間が遅かったからか、ローカルは楽なところに入ることができ、10位以内の報酬は確定ラインです。全体のランキングも、これだけ余裕を持っていればとりあえず20000位以内は問題ないでしょう。やっぱりベジットは欲しかったのですが・・・。


【2】感想
天下一武道会の周回と言えばLRブロリーですが、実装から結構な月日が経つので、所持しているユーザーも大分増えてきた印象です。フレンドではほぼ確実に見つけることができましたし、敵として現れる回数も他のガシャ産LRよりもはるかに多かったです。私はLR魔人ベジータを持っているので、弱点属性で攻撃できて中々快適な天下一武道会でした。40連覇もそれほど難しくなく、時間との戦いでした。
ただ、本当にベジットを入手できなかったのは残念です。私の速属性チームは優秀なアタッカーが不足しており、味方のATKに大きな補正をかけてくれるサポートキャラが欲しいところでしたので。とりあえず、速属性のサポートは天下一武道会SSR確定チケットのピックアップであるバーダックとクウラ(最終形態)に期待するとしましょう。

以上、第21回天下一武道会の結果報告と感想の記事でした。これでとりあえず9月の目玉となるイベントは全て終わった感じでしょう。10月はアニメ「ドラゴンボール超」の特番が放送され、悟空の新形態がお披露目にあるでしょうから、そこで盛り上がりに期待したいところです。ドラゴンボールのスマホゲーには、新しく「ブッチギリマッチ」というゲームが開発中だということなので、ドッカンバトルも負けないように新たな手を打ってきてくれることを信じてこれからもプレイをしていこうと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする