【MHW】モンスターハンターワールド最新情報まとめ ~フィールド、カメラタイプについてなど~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

2018年にPS4で発売されるモンハン最新作「モンスターハンターワールド」の最新情報記事です。


結構なペースで新情報が公開されている本作ですが、ここ最近は新しい情報は出ていません。今回の記事は最近に公開された情報ではありませんが、本ブログでは紹介していない情報なので載せておきます。
モンハンワールドは従来の作品で積み重ねてきたものを生かして、よりプレイヤーが快適に楽しく狩りに集中できるように様々な工夫がされています。これまでの作品で、「ここが改善されればいいのに」と思うようなこともどんどん改善してくれて、開発陣の今作へのこだわりがよく見えます。発売が非常に待ち遠しい毎日です。

それでは、新情報を順に紹介していきます。
【1】フィールド上にベースキャンプが複数存在している
今作ではこれまでよりも広いフィールドでクエストを行うことになるのですが、キャンプが複数用意されおり、好きなキャンプからスタートできます。さらに「ファストトラベル」というコマンドにより、その場から瞬時にキャンプに移動することが可能になっています。キャンプではクエスト中の武器変更も可能なので、今作ではキャンプも有効活用した狩りをしていくことになります。

【2】大型モンスターを発見するまでスタミナは消費しない
待ってました!という神要素ですね。このシステムによってモンスターを見つけるまでずっとダッシュで移動することができるようになるというわけです。これまでのモンハンシリーズでもモンスターを探してひたすら走り回るのは非常に面倒だったので、この神要素によって、そのストレスも大幅に緩和されました。今作では合わせて導蟲(しるべむし)が大型モンスターのいるところまでハンターを案内してくれますから、クエスト開始からモンスターとの戦いまでにかかる時間はかなり早くなりそうです。


【3】クエストクリア後のリザルト画面で、ランクが表示される
これは誰がどれだけダメージを与えたとか、そういう類いのものではないようです。「変わったことをした人を評価する仕組み」ということで、どんな評価があるのかが気になるところです。とりあえず誰がダメージ効率の悪いのかとか、誰が貢献していないとか、戦犯探しのもとになるようなものでなくてよかったです。モンハンはマルチでプレイすればそんなに難しいゲームではないので、楽しく気楽にやりたいですね。

【4】カメラタイプについて
今作では、3DSシリーズより追加されたターゲットカメラの他に、ロックオンカメラという、自動でモンスターをとらえ続けるカメラが追加されました。敵を中心にして移動しながら戦うゲームはよくあるので、この手のカメラワークに慣れている方には嬉しい要素です。もちろん、モンハンシリーズ伝統の、ターゲットに注目しないカメラワークも可能なので、好きなものを選んでプレイできます。

【5】頭装備の表示・非表示を選択できる
見た目にこだわるプレイヤーには嬉しい要素ですね。頭装備を付けたくないプレイヤーも結構多く、ダブルクロスではわざわざ三眼のピアスを合成して頭装備が見えないようにするプレイヤーが一定数いました。今作ではそんな面倒なことをしなくても非表示にできるようになりました。また、イベントシーンだけ非表示にすることも可能です。まあ、モンハンシリーズは他のアクションゲームと比べてそんなにイベントの多い方ではありませんから、そんなに使い道は無いかもしれませんが。

以上、モンハンワールドの最新情報記事でした。本日9月6日はPS4Proの数量限定版であるカラバリの「グレイシャーホワイト」の発売日であり、モンハンワールドのためにProを買いたい方の中には購入を考えている方もいるのではないでしょうか。ブラックもかっこいいですが、ホワイトの明るい色もまた味がありますね。まあ、発売までもう少し時間があるので、もしかしたら新たなカラバリが発売されたり、ワールドと同時発売ということもあるかもしれませんから、何とも言えないところですが・・・。とりあえず、ニンテンドースイッチのように本体が品薄で入手困難ということはなさそうですから、そこは安心です。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする