【LEGO】31056 レゴクリエイター「緑のオープンカー」のレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

本日はちょっとゲームの話題から離れて、息子のために購入したレゴブロックのレビューをしようと思います。


先日息子のレゴ入門としてレゴクラシック「10698 黄色のアイデアボックス<スペシャル>」を購入したのですが、息子と共に私も幼少期以来にレゴ熱が再燃し、もっと色々なレゴを購入したくなってしまいました。
そういうわけで今回はレゴクリエイター「30156 緑のオープンカー」を購入したので、そのレビューをします。このレゴクリエイターシリーズは「1箱で3通りの作品に作り変えることができる」のが特徴となっています。同じ部品を使って全く違う作品が3通りも作れるのはレゴらしい特徴ですね。

それでは、部品と完成品の紹介をします。
【1】外装

レゴクリエイターシリーズは黄色い箱が特徴です。箱にはでかでかと「3IN1」の文字が印字されており、3通りの作り方ができることがアピールされています。

箱の裏面にはこの商品で作れる作品の見本が大きく表示されています。パッケージ名の緑のオープンカーの他に、軽トラのような車、水上ボートのような乗り物が作れます。

【2】商品の中身
〇説明書

説明書は作れる作品それぞれに1つずつついており、自分の作りたいものを見ながら作品を組み立てていきます。

〇入っているブロック

袋に入っているブロックと、入っていない穴の入ったブロックがあります。穴の入ったブロックは3つありますが、実際に使うのは2つで、1つは予備です。レゴは結構こういう予備ブロックが入っています。前回のレゴクラシックでは中身を確認せずにすぐに全部ボックスに入れてしまったので気づきませんでしたが、後日確認してみたらレゴクラシックのアイデアボックスも予備ブロックが入っていました。


【3】完成品レビュー(緑のオープンカー)
今回私はメインである緑のオープンカーを作りました。これを買う時に息子がオープンカーを作る気満々でしたので・・・。
相当気に入っているので崩して別の作品にすることもできず、未だにオープンカーのままで遊んでいます。果たして3IN1の商品を買った意味があるのか・・・。

ただ、出来は非常によく、かっこいいオープンカーが完成しました。部品もそんなに多くないので、30分もしないうちに作ることができました!

小さいながらもギミックもしっかりしており、背部のトランクを開けることができます。細かいブロックを上手く組み合わせてメカニックな感じを表現しています。

ハンドルもしっかりついています。右ハンドルと左ハンドルの両方に付け替えることができるようになっています。説明書通りに作ったら、左ハンドルになりました。まあ、日本の会社のおもちゃではありませんからね。レゴはデンマークの玩具会社ですが、デンマークの車はみな左ハンドルなのでしょうか?行ったことがないのでわかりませんが。

というわけで、レゴクリエイター「31056 緑のオープンカー」のレビューでした。息子のおかげで小学校以来久しぶりにレゴを買って遊んでいますが、やっぱりレゴは面白いですね!
色んな作品を自分で考えて作っていくのも楽しいですし、アイデア次第で何でも作ることができるのが魅力です。レゴさえあればブロック遊びも町づくり遊びも車遊びも電車遊びも何でもできるので、本当に万能なおもちゃです。ただ、プラレールやトミカなどと比べるとちょっと値は張るおもちゃですね。調子に乗って買い過ぎて破産しないようにしないと・・・(汗)。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする