【MHW】使用可能な武器の紹介その3 ~ハンマー、狩猟笛について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

モンハンシリーズ最新作、モンスターハンターワールドに登場する武器を紹介します。この記事では、近接打撃武器であるハンマーと狩猟笛について紹介します。


モンスターハンターワールド(以下MHW)では、これまでのモンハンシリーズで登場した14種の武器は全て使用可能です。やはりせっかく最新作が出ても、自分の愛用の武器が使えなければプレイヤーとしては物足りない気分になりますからね。大剣や片手剣のようなメジャー武器はそういう心配はないでしょうが、狩猟笛やガンランス、チャージアックスあたりはカットされる武器が出た場合、カット対象になりやすそうですから、そういう武器を愛用しているプレイヤーも、とりあえず安心して購入できそうです。

カプコン公式から紹介動画が公開されたので、ハンマーと狩猟笛についてその動画からわかることをまとめていきます。
【1】ハンマー
かつては唯一スタンをとれる武器としてその地位を保ってきましたが、近年ではチャージアックスの登場や狩猟笛の強化によって、スタンという意味での個性は無くなりました。しかし、それでも14種の武器の中ではスタンはかなり取りやすい武器です。今作は新規アクションによって、より時間あたりのスタン値の蓄積量が大きくなったようです。
動画内では溜め攻撃がブレイヴスタイルの強溜め攻撃に派生している様子も見られ、火力も増加しているようです。

〇新規アクション
・連続スタンプ
その名の通り、その場から動かずにハンマーを連続で縦に振り続けて連続スタンプを仕掛けます。動画内ではダウンしているモンスターに4回連続でスタンプし、締めに強溜め3攻撃のような攻撃を行っています。全てのスタンプ攻撃にスタンエフェクトが出ているので、ひたすらスタン値を溜めることができる攻撃です。スラッシュアックスのデンプシーのようにスタミナの続く限りずっとスタンプが出来たりすると、かなり強力な攻撃になりそうです。


【2】狩猟笛
その名の通り、大きい笛を振り回して戦う武器です。笛だけでなくギターやシンバルのような形状のものありますが。ハンマー同様に打撃武器なので、スタン値を蓄積することができます。その最大の特徴はやはり演奏です。演奏効果は味方にもかかるので、強力なサポート役として活躍することができます。これまでの作品では同じエリアにいる味方に演奏効果を付与することができたのですが、エリアチェンジのない今作ではどこまでの範囲にいる味方に演奏効果が付与されるのかが注目ポイントの一つです。

〇新規アクション
双剣同様、新規アクションらしきものは見られませんでした。過去作と同じモーションでも十分に奥深いのが狩猟笛の魅力ですから、新規アクション無しでも十分に楽しめるでしょうが、せっかくなら新規アクションで新しい気分を味わいたいものです。アクションが無くても、新規演奏効果が増えるのでもいいですね。

以上、モンハンワールドに登場する武器の紹介記事その3でした。その他の武器についての情報は以下のリンクをどうぞ。

【MHW】使用可能な武器の紹介その1 ~大剣、太刀について~

【MHW】使用可能な武器の紹介その2 ~片手剣、双剣について~

【MHW】使用可能な武器の紹介その4 ~ランス、ガンランスについて~

【MHW】使用可能な武器の紹介その5 ~スラッシュアックス、チャージアックスについて~

【MHW】使用可能な武器の紹介その6 ~操虫棍(そうちゅうこん)、弓について~

【MHW】使用可能な武器の紹介その7 ~ライトボウガン、ヘビィボウガンについて~

ハンマー、狩猟笛ともに機動力の高さが売りの武器なので、エリアの広くなった今作ではこれまで以上に自慢の機動力を生かした戦いが出来そうな気がします。結局色んな武器を使うことになるのでしょうから、どの武器も楽しくパワーアップしてくれることを期待します。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする