【雑記】スマホの液晶に保護フィルムは貼るべきか!?② ~スマホに保護フィルムを貼ることのメリット~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スマホに保護フィルムは必要か!?
その疑問の答えを見つけるためのスマホの保護フィルムについての情報記事その2です。今回の記事では、スマホに保護フィルムを付けることのメリットについて考えていきます。

前回の記事で述べましたが、私は元々スマホにも携帯ゲーム機にも保護フィルム絶対付けるマンだったのですが、ここ最近は「保護フィルムを貼らない」という選択肢をとるようになりました。この度スマホを2年ぶりに機種変更したのですが、今回初めてスマホに保護フィルムを貼らずに使用することにしました。
その辺りの話は、以下の記事をご覧ください。
【雑記】スマホの液晶に保護フィルムは貼るべきか!?① ~スマホに保護フィルムを貼る必要性について考えよう~

さて、いよいよこの記事の本題である保護フィルムのメリットについて考えていくのですが、その上でまず考えておきたいことがあります。

【1】なぜスマホに保護フィルムを付けるのか?
スマホに保護フィルムを付ける前に、なぜ付けるのかははっきりさせておきたいところです。本来スマホに付属していないものをわざわざ別途お金を払ってまで付けるのですから、「意味もなくなんとなく」で付けるのはナンセンスな気がします。

スマホに保護フィルムを付ける理由として、一般的なのは以下のようなものです。
・液晶画面を傷から守るため
・のぞき見防止をするため
・画面の反射を抑えるため
・ブルーライトを軽減して、疲れ目を防ぐため
・画面を抗菌するため
etc・・・

スマホに保護フィルムをつけることがほぼ当たり前のようになってきている今、保護フィルムも様々な性能を持ったものが登場しています。保護フィルムがこの世に現れ始めたころはおそらく液晶画面を守るためにみな保護フィルムを付けていたと思いますが、今では別の理由で付ける人もいるでしょう。

ただ、上記の中には、別に保護フィルムを付けなくても対処が可能なもの、関係がないものもあります。以下からは保護フィルムを付けなくてもよさそうな理由について書いていきます。

【2】保護フィルムを付けなくてもよさそうな理由
(1)液晶を傷から守るため
最近のスマホはゴリラガラスという非常に強力なガラスが標準でついているので、保護フィルムを付けなくても十分すぎるほどの傷への耐性があります。このゴリラガラスは約1mの高さからアスファルトに落としても画面が割れることはないそうです。さらに、最新機種に搭載されているゴリラガラス5は、約1.6mの高さからアスファルトに落としても傷一つ付かないという実験結果もあります。今のスマホは昔と比べて強度が格段に強化されているので、保護フィルムを付けなくても液晶がちっとやそっとで割れることはありません。むしろ、保護フィルムや保護ガラスの方が耐久性が低いので、ゴリラガラスが耐えられるような衝撃でも保護フィルムや保護ガラスの方が割れてしまうことがあるでしょう。それで割れた保護ガラスの破片のせいで本体や液晶が傷つくという事態が起こるかもしれません。

(2)のぞき見防止をするため
全てのスマホに言えることではありませんが、スマホによっては画面設定で最初からのぞき見防止画面に設定できるものもあります。その性能にもよるでしょうが、フィルムを付けなくてもいいときもあるでしょう。

(3)ブルーライトを軽減して、疲れ目を防ぐため
こちらもスマホによっては、画面の光の波長を調節してブルーライトを軽減した光を出すように設定できるものがあります。なので、この機能がついているスマホに関しては、保護フィルムを貼る必要が無い場合もあるでしょう。

(4)画面を抗菌するため
保護フィルムにフッ素加工がしてあり、抗菌してくれるものが売られていますが、最近、画面に直接フッ素を吹きかけて抗菌するスプレーなどが売っています。抗菌効果だけを望むなら、手間もかからないこちらの方が便利でしょう。

今回話題にした理由に関してはこの4つくらいでしょう。特に、液晶の耐久性という点では、最近のスマホでは保護フィルムを必要としない水準まで技術が進んでいると考えてもいいでしょう。

【3】スマホに保護フィルムを貼るメリット
さて、ここまで考えたところで、スマホに保護フィルムを貼ることによる恩恵、メリットについてまとめていきます。

(1)のぞき見防止効果
【2】で述べたように、スマホによっては画面設定でのぞき見防止ができる機種もありますが、ない機種もたくさんあります。なので、自分の使っているスマホにのぞき見防止機能がなく、のぞき見防止をしたいときは保護フィルムは有効です。iPhoneシリーズなんかは種類も多いので、自分の好みののぞき見防止画面にすることもできるので、おしゃれ要素としても意味があります。

(2)画面の反射を抑えるため
スマホの画面は上述したゴリラガラスが使われているものが多いのですが、ガラスなので、光が反射してまぶしいときが多々あります。それが気になる方には、反射防止機能が付いたものや、「アンチグレア」という映り込み防止の保護フィルムをつけるといいでしょう。アンチグレアフィルムは透過性が悪いので画面がくすんで見えますが、指の滑りがよく、操作性は向上します。

(3)ブルーライトを軽減して、疲れ目を防ぐため
こちらも【2】で述べたように、スマホ側の設定で防ぐことができるものがありますが、できないスマホもあります。そのようなスマホには効果的です。長時間使用する方には、やはり疲れ目をいうのは気になるところでしょうから。

以上、スマホに保護フィルムを貼ることのメリットについて書きました。液晶の保護以外にも様々な恩恵があるフィルムがあるので、「保護目的じゃなくてもとりあえず貼っとけばいいじゃん」という方もいるでしょうが、保護フィルムも万能ではなく、デメリットも存在します。次回の記事では、スマホに保護フィルムを貼ることデメリットについて書いていきます。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする