【ドッカンバトル】第20回天下一武道会が終了! ~今回の結果や効率のいい周回について考えたこと~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

6月25日21:59、ドッカンバトルにおいて第20回天下一武道会が終了しました。ドッカンバトルをプレイしている皆さんの結果はどんな感じだったでしょうか?
ここでは、私の結果と周回チームを紹介し、感想を書きたいと思います。

今回の天下一武道会は記念すべき第20回目だったのですが、特に目新しい追加要素は無いまま終了しました。最近の天下一武道会ではSSR確定チケットによる確定ガシャのピックアップキャラが過去の天下一報酬キャラになったので、ゲーム開始当初からプレイしてないプレイヤーでも過去の天下一報酬キャラを入手することができるようになりました。これは新規組には嬉しいところですが、ゲーム開始時からずっとガチでやってきたプレイヤーからしたらそこまで旨味のある話ではないと思います。過去の天下一報酬キャラを持っているのはコレクション的にはいいですが、その性能は多くがフェス限はもちろん通常ガシャ産にも届かないキャラです。おまけにピックアップまでされているのでガシャでも引き当ててしまいやすく、せっかくSSR確定を引いても大した戦力強化にはならないことがほとんどです。私はLR魔人ベジータパーティのために速クウラか速バーダックが欲しかったのですが、残念ながらミッション報酬で回した分では引き当てることができませんでした。

それでは、今回の私の結果と周回チームを紹介します。
【1】結果

私は今回は終了時刻10分前までプレイしていました。上の画像がその時の私の順位とポイントです。今回の天下一から意気込み3.0という新しい倍率が選択できるようになったため、前回よりも一周あたりに入手できるポイントは多くなりました。私の場合はLRを3体も入れることができたので倒す敵のコストも高く、意気込み3.0で一回優勝すれば100万Pt近くのポイントを得ることができました。おかげで20回優勝する頃には900万Pt以上ポイントを貯めることができました。本当は3000万Ptまで頑張りたかったのですが、今回は開催期間中忙しくてなかなかプレイする時間が取れなかったので、とりあえず20回優勝+αくらいで終わらせました。

【2】周回チーム
前回の第20回天下一武道会開催記事で書いた、予定通りのチームで周回しました。サポートアイテムやフレンドは以下のように選びました。

敵の攻撃を流すための整列お化け、必殺技封じのピラフ、最後は気玉変換アイテム2種です。フレンドはLR魔人ベジータを積極的に選びました。私自身がLR魔人ベジータを持っているので、ブロリーをフレンドにするよりも周回効率は良かったです。全体攻撃を打つのがブロリーよりも大変なのが魔人ベジータの欠点なのですが、魔人ベジータの方が必殺技のアニメーションが短いので、テンポよく進めることができました。ブロリーの方が魔人ベジータよりも所持者が多く、敵でもよく見かけたのですが、魔人ベジータの属性はブロリーに強いということもあって、一撃で敵を全滅させることもブロリーをフレンドに選んだときよりやりやすかったです。ブロリーを使っていると、超4ベジータの速固めチームと当たったときに取りこぼしをすることがありましたので。もちろん魔人ベジータも技属性相手に取りこぼしをすることがあったのですが、超4ベジータは所持者も多いので、技属性よりもはるかに多く当たることがありました。なので、現環境では魔人ベジータによる周回が最もやりやすいのかと思いました。
ただ、LR魔人ベジータはこれまで属性ガシャや伝説降臨ガシャでピックアップされるといったことがなかったので、現在実装されているガシャ産LRの中では新規のロゼ&ザマスの次に所持者が少ないLRです。なので、安定してフレンドに捕まえるのは難しかったです。魔人ベジータを捕まえられなかったときはブロリーをフレンドに選び、気玉変換アイテムの技変換を力変換に変えて周回しました。多少周回効率は落ちますが、しんどいというほどではありませんでした。そう考えると、やはりブロリーは強力といえます。パッシブにより全体必殺も2発連続で打てますし。

【3】感想
第20回という節目を迎えながらも、システムの根幹には全く変化がなかったので、飽きてしまったプレイヤーも正直いるのではないかと思います。ただ、その分ミッション報酬は豪華になってきたので、周回する価値は上がってきています。特に最近はフェス限やガシャ産LRがかなりのペースで増えているので、老界王神カードは多くのプレイヤーが1枚でも多く入手したいところでしょう。LRブロリーの実装によってほぼ誰でも最高意気込みで周回することが可能な状況になっているので、戦力強化を狙う方にとってやはりはずせないイベントだと思います。私は魔人ベジータ以来必殺技レベルを上げたくなるようなキャラは当てていないので、今回はあまり必死になりませんでしたが、またいつかいいキャラが当たったときは頑張って周回することになるでしょう。

以上、第20回天下一武道会に関する記事でした。今回の昇龍祭で新規ガシャ産LRが実装されたことにより、だんだんLRが中心となる新時代が幕を開けてきたように感じます。正直LRを狙って引き当てるのは不可能に近いので、今後LRを所持していることが前提になるようなイベントもし出てきたら、相当にきついですね。さすがにそこまでのインフレはないと信じたいですが・・・。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする