スプラトゥーン2の発売前最新情報まとめ その5 ~ブキ(スペシャルウェポンについて)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スプラトゥーン2についての最新情報記事です。今回は、イカたちが使うブキの中でも、スペシャルウェポンの情報についてまとめていきます。

スペシャルウェポンはメインウェポンやサブウェポンと違い、インクを消費していつでも使えるウェポンではありません。時間経過や床を塗ることなどによってスペシャルゲージを溜め、最大まで溜まったときに使用可能になるウェポンです。スペシャルの名の通り、その性能はメインやサブとは桁違いで、その一撃で戦況を大きく変えることができるくらいの力を持っています。スプラトゥーンにおいて、スペシャルウェポンを上手く使いこなせるかどうかが勝敗を大きく分けるということです。

今作では、なんとスペシャルウェポンは全て変更になり、前作登場したスペシャルウェポンは全く登場しないとのことです。ゲームのバランスを大きく変える、重大な変更点ですね。今作では、前作猛威を振るった「バリア」や「ダイオウイカ」といった無敵スペシャルがないのが特徴です。前作ではガチエリアを一気に取り返すために全員にバリアをお裾分けしながらバリアの無敵を生かして強引にエリアを塗りつぶしたり、ガチヤグラではゴール手前で交代でダイオウイカを使って無敵時間を利用して強引にゴールまで持っていったりといった、とにかく無敵時間を使ったゴリ押しが非常に強力でした。それが使えなくなったことで、また新たな戦術が生まれることでしょう。

それでは、現在判明しているスペシャルウェポンを紹介します。
【1】マルチミサイル
敵をロックオンし、1人につき4発の自動追尾ミサイルを上空に発射します。敵は4人いるので、最大で計16発ものミサイルを発射することができます。そのミサイルは1発1発が即死ダメージを与えるものなので、それが4発も自動追尾して迫ってくるとなれば撃たれた側は相当な恐怖でしょう。相手側から見ると、ロックオンされたときには赤い円のマーカーが表示され、着弾が近くなると赤い円が濃くなります。ミサイル発射から着弾までは3秒くらいの猶予があるようなので、4発発射されても塗り状況が良ければ、イカに変身して逃げることは可能なようです。それでも、他の敵と交戦中なんかに打たれたときには、死を覚悟するしかないような強力なウェポンです。

【2】ハイパープレッサー
インクを高圧発射して遠くの敵を打ち抜くスペシャルウェポンです。チャージャーよりもさらに遠くの敵を攻撃することができる上、発射されたインクはなんと壁を貫通します!
なので、狙われた相手は壁に隠れて攻撃を防ぐことができず、とにかく逃げ回るしかないといことになります。発射中は少しですが移動したり向きを変えることができます。ちょっとくらい軸をずらしただけでは逃げることはできません。ただ、少しでも触れれば死ぬというわけではなく、何ヒットかしないと敵は倒せないようです。味方と十字砲火したりなんかすれば、さすがに逃げ場はなさそうですが。これも味方との連携次第でまさに必殺の攻撃になりそうです。

【3】スーパーチャクチ
その場で飛び上がって力を溜め、そのまま地面に着地するときに同時にインクの爆発を起こすスペシャルウェポンです。これはスーパージャンプ中にも使用可能です。インクの爆発は敵を一撃で葬り去ることができるくらいの威力があり、着地点周辺にいる敵をまとめて倒すことができます。スーパージャンプと併用して使えるので、味方が敵に囲まれてヘルプを求めているところに颯爽とスーパージャンプし、そこからスーパーチャクチで敵を一掃するという、爽快感抜群なプレイも可能です。敵もうかつに近づいてリンチしにいくことが難しくなりました。前作ではスーパージャンプの着地は隙をさらすことになる危険をともなうものでしたが、スーパーチャクチの登場で認識が少し変わりそうです。

【4】ジェットパック
ジェットパックを背中に背負い、インクを噴射して空を飛べるスペシャルウェポンです。飛びながら付属のバスーカでインクを発射して攻撃することも可能です。空中からマップを見渡しながら攻撃を仕掛けることができますが、逆に敵からも自分の姿が丸見えになるので、危険も伴うスペシャルウェポンです。敵にチャージャーがいる時なんかは、かえって危険な気もしますが・・・。タチウオパーキングなど、高低差の多いステージで敵の予想外の方向から下から飛び出してインクをぶちまいたり、高いところにいったヤグラを奪還しに行ったりと、活躍の場はありそうです。スプラトゥーンは横方向と下方向の移動は素早く広い範囲で行えますが、上方向の移動はイカのジャンプくらいしかないので、壁塗りを必要としない上方向への実用的な移動手段としてどう使われていくのかが楽しみです。

【5】アメフラシ
ボムのようなものを投げつけて、着弾した場所にインクの雨を降らす雨雲を作り出します。発生した雨雲は少しずつ移動しながらインクの雨を降らしていきます。さすがにスコールのような大雨ではないので、雨雲の真下にいる敵を瞬殺するということはできませんが、雨雲の下にいる敵はインクで足場を奪われつつ少しずつダメージも受けるので、楽に倒すことができるでしょう。何人かで同時に使用すれば、雨だけでガチエリアを奪還することくらいはできるのでしょうか?仮にそこまでできなくても、エリアの奪還はかなり容易にできそうです。また、雨雲をエリアに設置することでエリアの死守もしやすくなりそうです。

以上、スプラトゥーン2のスペシャルウェポンに関する記事でした。無敵系のスペシャルウェポンが無くなったため、前作みたいにスペシャルを使われたらこちらは何もできないといような状況になることはなさそうです。まあ、それでも最後の悪あがき的な動きで精一杯かもしれませんが。ただし、使う側も反撃で返り討ちにあう可能性があるので、スペシャルウェポンを使えばとりあえず安全というわけでもなくなりました。個人的にはマルチミサイルが頭一つ抜けているように感じますが、どうでしょうか。早く実際にプレイしてみたいものです。