スプラトゥーン2の発売前最新情報まとめ その4 ~ブキ(サブウェポン)について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

7月21日発売のニンテンドースイッチ専用ソフト「スプラトゥーン2」についての最新情報記事です。ここでは、バトルで勝利するために欠かせない要素、ブキのサブウェポンについて現在判明している情報を紹介します。

スプラトゥーンのブキ選択では、メインウェポンだけでなく、どんなサブウェポンと組み合わさっているかも戦略・戦術を立てる上で重要になってきます。前作でも強力な組み合わせのブキはやはり多くのプレイヤーに愛用されていました。例えば、.96ガロンとスプラッシュシールドの組み合わせなんかは、アップデートによって弱体化されるくらいに猛威を振るっていました。今作では、どんな組み合わせが環境を支配するのでしょうか?

それでは、現在スプラトゥーン2に登場することが決まっているサブウェポンについてまとめていきます。
【1】〔New!〕カーリングボム
前作のチェイスボムのような見た目の、地面を滑りながら直進するボムです。チェイスボムは壁にぶつかったら爆発するのですが、カーリングボムは壁にぶつかったら跳ね返るボムです。ボムを発射する前に構えている時間の長さで爆発するまでの時間が変化するので、跳ね返り方と爆発までの時間のコントロールを把握すれば、これまでにないトリッキーな戦い方が可能になるでしょう。カーリングボムを避けた敵にメインウェポンで追撃をかけ、跳ね返ったボムと挟み撃ちにする、なんて器用なこともできるかもしれません。

【2】〔New!〕ポイズンミスト
ボムを投げ、着弾した場所にミスト(霧)を発生させることができます。その霧の中に敵が入ると、移動速度が遅くなる上、インクが徐々に失われていきます。着弾した後もしばらくその場に効果が残るため、前作に登場したポイズンボールを強化したような効果です。前作で、もみじシューターを愛用していた(ほぼナワバリバトルですが)身としては楽しみなサブウェポンです!

【3】〔New!〕ロボットボム
小型の可愛いロボットみたいな外見のボムで、投げて地面についた後に敵に向かってちょこちょこ歩き回ります。投げられた敵も、避けたと思ったら死角からボムが歩いてくるという恐れがあるので、非常に厄介に感じるサブウェポンだと思います。素早く動きながら攻撃できないチャージャーのようなブキは、避けてからロボットボムの爆発を確認するまで安心してエイムをすることもできませんね。こちらも戦術の幅を広げてくれる、ユニークで強力そうなサブウェポンです。

【4】スプラッシュボム
あらゆるボムの基本となるスプラッシュボムは今作も続投です。投げられたら地面を転がり、複雑なところにも投入できるボムです。威力も直撃すれば一撃で敵を葬り去ることができるくらいなので、前作でも愛用されていました。今作も引き続き活躍してくれるでしょう。

【5】クイックボム
直撃でも一撃で敵を倒せませんが、ボムのインク消費が少なく、気軽に連発できるサブウェポンです。その名の通り、ボムを投擲するまでの時間や爆発までの時間が短く、メインウェポンと合わせて短時間で猛攻を仕掛けたり、敵への牽制で重宝するサブウェポンです。

【6】キューバンボム
その名の通り、吸盤のようなものとボムが一体化したもので、壁や地面にくっついてから、一定時間経過後に爆発するボムです。高さのある通路の天井に設置したり、壁に設置するtことができるので、スプラッシュボムでは攻撃できないようなところもボムを設置することができます。ガチヤグラなんかでは非常に強力なサブウェポンです。スプラッシュボムよりも設置から爆発までの時間が少し長いです。

以上、現在判明しているサブウェポンの紹介でした。新しいブキは、メインウェポンは1種類しか確認されてないのに対して、サブウェポンは3つも新しいウェポンが登場しました。どれも前作にはできなかったような戦術を立てることができそうなサブウェポンで、いったいどんな戦法が発見されるのでしょうか。きっと発売後のアップデートでさらに増えていくでしょうから、それも含めて楽しみですね。