【MHXX】G級おすすめハンマーの紹介 ~どの武器を作ろうか迷っている方に~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

モンハンダブルクロスにおけるおすすめハンマーについてまとめていきます。ここでは、各属性の優秀なハンマーを紹介します。

他の武器と比べてのハンマーの特徴は、高い攻撃力とスタンを狙えること、見た目に反して軽快な立ち回りが可能なことです。手数で攻める武器ではなく、ホームランなどのモーション値の高い強力な一撃を当ててダメージを与えていく武器です。そのため、属性武器も属性値だけでなく物理攻撃力の高さも非常に重要になってきます。

それでは、おすすめハンマーを紹介していきます。
【1】無属性:極黒鎚マーダヴァ
攻撃力:340
会心率:0%
斬れ味:白
スロット:なし

鉱石素材から作れる、作成難易度が低いながらも強力なハンマーです。340という高い攻撃力に加え、長い白ゲージを有しているので斬れ味の維持がしやすいのが特徴です。今作は紫ゲージの斬れ味倍率が落ちたため、素で短い紫ゲージの武器だけでなく、マーダヴァのような長く白ゲージを維持できる武器も最強を争えるようになりました。

【2】火属性:大斬鎚ウルガノヴァ
攻撃力:320
属性値:火40
会心率:0%
斬れ味:白
スロット:2

ディノバルド素材から生産できるハンマーです。攻撃力はもちろん、属性値も40と非常に高い武器です。斬れ味に関しても優秀で、最大火力を長く維持することが可能です。スロットが2つ空いているので、スキルの自由度が高いのも魅力的です。

【3】水属性:太虚ノ鏡【動天】
攻撃力:360
属性値:水20
会心率:-20%
斬れ味:白
スロット:なし

アマツマガツチの素材から生産できるハンマーです。その特徴は何といっても360という無属性武器と比べても高い物理攻撃力の高さです。斬れ味が悪く、斬れ味+のスキルをつけても紫になりませんが、上述したように紫ゲージが弱体化した今作では、紫ゲージに行かない武器も十分に強力です。会心率がマイナスなので、見切り+2などのスキルを付けてその弱点を補ってあげましょう。斬れ味+のスキルもつけておきたいです。

【4】氷属性:打堕ン王の渾身撃
攻撃力:370
属性値:氷17
会心率:5%
斬れ味:緑
スロット:なし

二つ名ガムートの素材から生産できるハンマーです。水属性で紹介したアマツマガツチのハンマーをさらに超える、370という圧倒的な攻撃力を持っています。この攻撃力に加えて、少ないながらも氷属性値を有し、会心率もプラスである、二つ名武器なので狩技ゲージが溜まりやすいという他属性と比べても非常に強力なハンマーです。ただし、斬れ味が素で緑という致命的な弱点もあります。使用する際は、斬れ味+2までスキルを発動させ、白ゲージにして運用しましょう。白ゲージも長くはないので、業物や砥石使用高速化のスキルも合わせて発動させておくといいでしょう。

【5】雷属性:真王牙鎚【破天】
攻撃力:320
属性値:雷40
会心率:0%
斬れ味:白
スロット:1

ジンオウガ素材から生産できるハンマーです。物理攻撃力に尖った性能である水、氷属性のおすすめハンマーと比べて、こちらは攻撃力と属性値のバランスのいい武器です。肉質が硬いモンスターにも、柔らかいモンスターに対しても安定して火力を出す事ができる武器です。

【6】龍属性:白骸巻槌サダイメリキ
攻撃力:380
属性値:龍22
会心率:-20%
斬れ味:緑
スロット:1

オストガロア素材から生産できるハンマーです。物理攻撃力が380と、全ハンマー中最高値を誇っています。その物理攻撃力によって高いダメージが期待できます。ただし、斬れ味はひどいので、使用する際は斬れ味+2が必須です。また、会心率もマイナスなのでこちらもスキルで打ち消しておく必要があります。スキルを大きく制限されますが、その分見返りも大きい強力なハンマーです。

以上、G級おすすめハンマーの紹介でした。他の武器以上に物理攻撃力の高さが重要な武器なので、属性値よりも物理攻撃力の高さを基本としてまとめていきました。今回がデメリットのある武器も紹介したのですが、これも考えようで、攻撃力の高い武器でもマイナス会心などのデメリットを打ち消すのにスキルポイントを割かれてしまい、攻撃力UP【大】などの他の火力増加スキルを付けられないということが起こります。そうなると、結局デメリットなしの武器に攻撃力UP【大】をつけるのと威力がそう変わらないということもあります。その辺りも考えて武器も選んでいくといいでしょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする