【MHXX】操虫棍(そうちゅうこん)×ブレイヴスタイルの考察 ~操作方法、立ち回り方について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

この記事では、操虫棍(そうちゅうこん)×ブレイヴスタイルの特徴や操作方法、立ち回り方についてまとめていきます。


ブレイヴスタイルは、ブレイヴゲージを溜めてブレイヴ状態になることにより、継続的に高い火力で攻撃することができるのが売りのスタイルです。また、攻撃面だけでなく、納刀継続状態で攻撃を受けると、イナシによって攻撃を受け流すことができるので、攻防ともに隙がなく強力なスタイルです。多くの武器と相性のいいスタイルですが、操虫棍もブレイヴスタイルによって高い攻撃力を誇り、効率よくダメージを与えていけ、相性は良好と言えます。

それでは、操虫棍×ブレイヴスタイルの考察をしていきます。武器によらない、ブレイヴスタイル共通のことについては以下のリンクをご覧ください。
【MHXX】新スタイル「ブレイヴスタイル」考察 ~特徴と立ち回り方について~

【1】操作方法
操虫棍のブレイヴスタイルは、非ブレイヴ状態ではセルフジャンプが納刀継続状態からでしか行えないなど、様々な制限がかかります。ブレイヴゲージを溜めると、ハンターの一部の攻撃に合わせて猟虫が自動で攻撃・帰還してくれる「猟虫同時攻撃」が使用可能になります。特別なアクションはありませんが、通常の攻撃に合わせて猟虫が勝手に攻撃してくれ、さらになぎ払いをすると猟虫が帰還してくれ、エキス回収と攻撃をテンポよく行えるようになります。複雑な操作がいらないのはうれしい仕様ですね。

〇納刀キャンセル攻撃とそのコマンド
(1)二段斬り(Y→X)
基本的な納刀キャンセル攻撃です。ここからさらにAで叩きつけに派生することができます。

(2)回避斬り(Y→A)
こちらも使いやすい納刀キャンセル攻撃です。ここからXで連続斬り上げ、Aで叩きつけに派生することができるので、非ブレイヴ状態ではコンボの始点として使っていけます。

(3)セルフジャンプ(Y→R+B)
非ブレイヴ状態では唯一セルフジャンプを行える手段です。納刀継続を挟むので他のスタイルに比べて始動が遅いです。ブレイヴ状態になればR+Bだけでセルフジャンプができるので、素早くブレイヴゲージを溜めて早くブレイヴ状態になりましょう。


【2】基本的な立ち回り
(1)非ブレイヴ状態
納刀キャンセル攻撃を駆使して、一刻も早くブレイヴ状態になることを目指します。ブレイヴスタイルの真骨頂はブレイヴ状態になったときに発揮されますから、非ブレイヴ状態ではブレイヴゲージを溜めることが最優先です。操虫棍は手数の多い武器なので、納刀キャンセル攻撃だけを集中して当てるよりも、通常の攻撃も混ぜて継続的に攻撃していくようにしましょう。納刀キャンセル攻撃以外の攻撃はブレイヴゲージの溜まりが悪いですが、塵も積もれば山となる、です。手数を生かしてブレイヴ状態を目指しましょう。

(2)ブレイヴ状態
猟虫と一緒にモンスターを攻撃できる「猟虫同時攻撃」が使用可能になる他、納刀キャンセル攻撃でなくともセルフジャンプが可能になります。猟虫同時攻撃は印弾発射やジャンプ斬り、飛び込み斬り、叩きつけ、回転斬りを行ったときに猟虫が自動でモンスターに攻撃してくれます。また、なぎ払いをしたときに勝手に戻ってきてくれるので、いちいち虫に帰還命令を出す必要もありません。ただし、エキスを採取する前に帰還させてはせっかくの自動帰還も有効に活用できないので、猟虫の動きも考えながらコンボを組み立てていく必要があります。

以上、操虫棍×ブレイヴスタイルの考察でした。ブレイヴ状態になると自分が攻撃すると振同時に猟虫もモンスターを攻撃してくれるので、これまで以上に猟虫を駆使して戦っている気分を味わえるスタイルです。エキス回収もより速く効率よく行うこともできるようになりますし、やはり攻撃面で大きく強化されるのがブレイヴスタイルの特徴といえます。より攻撃的に操虫棍を使っていきたい方にはおすすめのスタイルです。