【MHXX】ヘビィボウガンと相性のいいスタイルは? ~ヘビィボウガンにおける各スタイルの特徴~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

本日の記事は、モンハンダブルクロスにおけるヘビィボウガンと各スタイルの特徴と立ち回りについて書いていきます。


ヘビィボウガンは操作そのものはいたって単純で、①弾を装填し、②発射するの繰り返しです。しかし、防御力の低いガンナーでありながら、抜刀時の移動速度が全武器中でも最遅クラスであり、モンスターの攻撃を回避する能力が低いです。そのため被弾の危険性も高く、生存能力が非常に低いので、扱いの難しい武器です。スタイルによって立ち回りやできるアクションに変化が生じるので、スタイルごとの戦い方を覚える必要があります。

【1】ギルドスタイル
基本的なアクションを過不足なく行える、オーソドックスなスタイルです。しゃがみ撃ちを行ったとき、他のスタイルではしゃがみ状態から前転回避ができますが、ギルドスタイルの場合はBでしゃがみ状態を解除してからでないと回避ができません。不便な点もありますが、狩技も2つセットできますし、バランスのよいスタイルといえます。

【2】ストライカースタイル
狩技の使用に特化したスタイルです。3つ狩技をセットできる上に、狩技ゲージの上昇も速いのでガンガン狩技を使っていけます。ヘビィボウガンには火薬装填やスーパーノヴァ、アクセルシャワーと火力を増大させる強力な狩技を多く持っているので、狩技を駆使した高火力でド派手な戦い方が可能になります。ただし、しゃがみ撃ちが一切できないので、注意しましょう。もっとも、しゃがみ撃ちを多用しないプレイヤーには大きな制限ではないと思います。モンスターの大きな隙には狩技をぶつければいいだけですし。

【3】エリアルスタイル
踏みつけ跳躍により、ヘビィボウガンらしからぬ華麗な戦い方ができるスタイルです。踏みつけ跳躍からは空中射撃はもちろん、リロードもできるので、踏みつけ跳躍をどんどん狙っていきましょう。ヘビィボウガンはモンスターに近づかれるとクリティカル距離も維持しにくく、被弾の危険も増えてしまうのですが、踏みつけ跳躍によって近づかれたときの対応法に幅が生まれます。そういう点で相性のいいスタイルといえます。

【4】ブシドースタイル
ジャスト回避による生存能力の高さはやはりガンナーにとってはありがたいです。ジャスト回避の場合は完全にモンスターの攻撃の軸線上から離れる必要がないため、ギリギリまでモンスターを引き付けてから回避が可能になります。攻撃時間が長いことは手数の上昇に繋がるので、火力面でも恩恵は大きいです。また、ジャスト回避後にはパワーリロードを行うことができ、10秒の間通常のリロードで装填したときよりも弾の威力が上がります。しかもパワーリロードは弾発射で硬直をキャンセルできるので、リロード→弾発射の回転率も高くなります。前作クロスでは最もよく見かけられた、ヘビィボウガンと相性抜群のスタイルです。


【5】ブレイヴスタイル
ブレイヴ状態になるとしゃがみ撃ちやイナシからパワーランに派生ができ、そこからスライディング→ボルテージショットという強力な攻撃を行うことができます。ボルテージショットは連続で射撃する度に弾の発射速度がどんどん加速していくしゃがみ撃ちで、非常に高い火力を発揮できます。そこから再びパワーランに派生することができ、これまでのヘビィボウガンにはできなかった素早い移動と自慢の高火力を両立させることのできるスタイルです。ただし、非ブレイヴ状態ではしゃがみ撃ちができない、納刀キャンセルからのブレイヴリロードを少ない隙で成功させるにはコツが必要になるなど、他のスタイルに比べて非常に戦いにくいです。いかに早くブレイヴ状態になれるかが鍵となるスタイルです。

【6】レンキンスタイル
マカ錬金タルを振ってアイテムを作り出し、そのアイテムを活用して戦うスタイルです。また、狩技を3つセットでき、すべてをSP狩技にすることで味方のサポートもできる、サポート型スタイルです。攻撃面では、しゃがみ撃ちが使えなくなる代わりに、武器のリロード速度が1段階上がるというメリットが生まれます。これによってリロードにかかる時間が短縮されるので、しゃがみ撃ちが使えないからといって単純にサポート以外は他のスタイルの劣化ということはなくなります。

以上、ヘビィボウガンと各スタイルの特徴と立ち回り方についてでした。ヘビィボウガンに関する他の内容は、以下のリンクをどうぞ。
【MHXX】ヘビィボウガンの特徴と立ち回りについて ~クリティカル距離、しゃがみ撃ちやマルチプレイでの注意点についてなど~
【MHXX】ヘビィボウガンと相性のいいおすすめスキルの紹介

基本は単純な操作のヘビィボウガンですが、スタイルアクションによって様々な立ち回り方が可能になっており、使い分け甲斐がある武器となっています。人気のスタイルはブシドーやブレイヴですが、エリアルやレンキンなんかも面白そうです。おかげでプレイスタイルの幅も大きく広がってくるので、楽しくプレイができそうです。私ももうすぐでディアブロスのヘビィボウガン、「モラクディアーカ」向けの装備が完成するので、どんどん遊び倒して爽快な火力を堪能しようと思います。やはりモンハンシリーズにおいて火力は正義ですね。