【MHXX】片手剣の基本的な立ち回り ~基本戦法、マルチプレイでの注意点についてなど~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

この記事では、モンハンシリーズでは有名な武器である片手剣の特徴と基本的な立ち回りについてまとめていきます。


片手剣はモンハンシリーズにおいて最初期から存在しており、ゲームスタート時には最初から装備している武器でした。操作もX連打を基本としているため、簡単めの武器ですが、一撃の威力が低いため安定して火力を出すためにはモンスターの動きに合わせて常にはりついて連続して攻撃を仕掛けていかなければなりません。そのため、初心者向けというよりは、中~上級者向けの武器という感じです。

【1】特徴
・抜刀中でも移動速度が速く、攻撃モーションも素早く隙が短いので、軽快に立ち回ることができる。
・抜刀中にアイテムを使用できる唯一の武器である。
・手数の多い武器なので、武器の攻撃力よりも属性値の方が恩恵が大きい。
・手数が多いため斬れ味の消耗が激しい。
・リーチが短く、モンスターに張り付かないと攻撃が当たらない。
・一撃の威力が小さいため、火力を出すためには手数を増やしていかなければならない。

【2】基本的な立ち回り方
一撃の威力が小さい武器のため、手数を増やしていかないとモンスターに効果的なダメージを与えることができません。リーチも短いため、モンスターの近くに張り付いて連続攻撃を仕掛け、ギリギリまで斬り続けてからモンスターの反撃をかわす、という戦い方になります。双剣のイメージに近いですが、片手剣は双剣よりも攻撃モーションが短いため、モンスターの反撃ギリギリまで攻撃を続けることができます。コンボの始動としておすすめの攻撃はX+Aで出せる突進斬りです。モンスターに一気に近づいて攻撃できるうえ、スーパーアーマーがついているため、攻撃を邪魔されにくいです。そこからX追加入力で斬り続けていき、モンスターの反撃が来る前にコンボを中断し、回避に移っていきます。コンボの締めにはX+Aの回転斬りがおすすめです。モーション値も高く、隙も小さいので綺麗にコンボを締めてくれます。注意しておきたいのが、Xを連打しているだけだと途中でモーションが長いわりに火力の微妙な剣盾コンボになってしまうことです。反撃のリスクも上がり、あまり優秀とはいえない攻撃のため、横斬りの後はA入力に切り替えて水平斬り→斬り返しに繋げていくのが望ましいでしょう。
片手剣は抜刀中でも罠を設置したりできるので、武器による攻撃だけに頼らず、モンスターのちょっとした隙に罠を仕掛けて爆弾を置くというような、アイテムを駆使した戦い方も活用していきましょう。片手剣だけが使える各種刃薬もどんどん使っていき、あの手この手で狩猟効率を上げていく工夫が必要になります。


【3】マルチプレイでの注意点
自身の火力が低いため、近接武器が多い場合、弱点部位への攻撃は味方に任せましょう。マルチプレイでの片手剣の役割は主にサポートです。抜刀中でもアイテムを使用できるという最大の個性を発揮して、味方がダメージを受けたらすぐに粉塵を飲んで回復をしてあげる、罠を仕掛けて隙を作っていくなど、パーティ全員が狩りをしやすい環境を作っていきます。スキル「広域化+」がついていたりすると自身のアイテム効果を味方に与えることもできるようになり、サポート性能により拍車がかかります。武器も状態異常にするアイテムを持っていたりするとより味方が戦いやすくなるでしょう。
基本的に味方を助けていく武器ですが、上述した剣盾コンボは注意が必要です。剣盾コンボは威力が低い上に味方を吹き飛ばしてしまうため、味方に当ててしまわないようにしましょう。ガンランスの竜撃砲やスラッシュアックスの属性解放突きみたいな強力な一撃なら吹き飛ばされた側もまあこれくらい仕方ないかと思えますが、剣盾コンボで自分の攻撃を妨害されてしまったときにはさすがにストレスを感じてしまうでしょう。マルチプレイでの片手剣の醍醐味は、味方の能力を100%以上に発揮させつつ、回復などでサポートしながら罠、状態異常でモンスターを掌の上で転がすという、狩り全体をコントロールして戦えるところです。味方の妨害をしてしまっては元も子もないので、注意していきましょう。

以上、片手剣の特徴と立ち回り方についてでした。ロマン派の私はあまり片手剣のような小さい武器は使わないのですが、陰ながら味方のサポートをしつつゲームメイクをしていく立ち回りはまるで狩りの支配者になったような気分になれる魅力のある武器だと思います。アイテムを揃えてクエストに出たり、毎回討伐モンスターに合わせて属性の違う武器を選ばないといけない点はちょっと面倒ですが、こういう武器を使いこなすのも楽しいものですよね!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする