【MHXX】片手剣と相性のいいおすすめスキルの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

この記事では、モンハンダブルクロスで使える近接武器の1つである片手剣と相性のいいおすすめスキルを紹介していきます。


片手剣は抜刀状態でもアイテムを使用できる唯一の武器であるのが大きな特徴の武器です。そのため、他の武器以上にアイテム使用関係のスキルとの相性がいいです。また、双剣と同じように一撃一撃の攻撃力が低い代わりに、手数で攻めていく武器なので、属性攻撃強化や状態異常攻撃+のスキルの恩恵が大きいです。さすがに攻撃特化武器である双剣ほどの火力は期待できませんが、こちらはガードも可能ですし、攻防のバランスという点で優れた武器として差別化ができています。

それでは、おすすめスキルの紹介に入ります。
(1)状態異常攻撃+
毒や麻痺、睡眠といった状態異常攻撃の属性値を上昇させるスキルです。手数の多い片手剣には非常に相性のいいスキルで、このスキルを発動することでモンスターをガンガン状態異常にすることが可能になります。片手剣は武器の攻撃自体の威力は低めなので、基本攻撃力を上げるよりも属性値を上げるスキルを付けておいた方がダメージ効率が良くなります。状態異常は特にマルチプレイで有効で、片手剣が麻痺をどんどん起こして味方全員で総攻撃を繰り返していくことで一気に大ダメージを与えていくことが可能になります。

(2)属性攻撃強化+
武器の属性値を上昇させるスキルです。双剣同様、手数の多さが売りの武器なので、属性値上昇の恩恵は大きいです。いちいち戦うモンスターの苦手属性の武器を作っていかなければならない面倒さはありますが、片手剣で効率よくモンスターを倒していくには必要な手間です。

(3)業物
手数の多い武器のため、斬れ味消費が大きいです。そのため、斬れ味の消費を抑えるスキルがついていると武器を研ぐ回数が減るので、攻撃回数の増加に繋がり、総ダメージは大きくなります。斬れ味維持に役立つスキルは1つは付けたいところです。


(4)砥石使用高速化
業物を発動させられなければ、こちらでもいいでしょう。空きスロット5つで発動できるスキルのため、業物よりも発動させやすいです。抜刀状態でもアイテムを使えるため、武器も気軽に研ぐことができます。

(5)トラップマスター
「罠師」と「ボマー」の両方が発動する複合スキルです。罠師はシビレ罠・落とし穴、タ爆弾の設置速度が速くなり、ボマーは爆弾で与えるダメージが1.3倍に上昇します。抜刀状態でもアイテムを使用できる片手剣は罠も多用することが多いため、罠師との相性は抜群です。さらに、状態異常を起こしたり罠にかかっている間に爆弾を使用するという戦術も片手剣ではよくある戦法なので、ボマーとの相性もいいです。まさに片手剣のために用意されたような相性抜群の複合スキルです。

(6)広域化+
サポートメインで片手剣を使うときに重宝するスキルです。+2まで発動させれば、自身が薬草や回復薬、解毒薬などのアイテムを使用した際、味方も同様の効果を100%受けることができるようになります。片手剣は抜刀状態でもアイテムを使用できるため、使いたいときにぱっとアイテムを使用することができます。味方がやられそうなときに回復薬を使うことで味方の生存率も大きく上げ、クエスト成功に大きく貢献することができます。

以上、片手剣と相性のいいスキルの紹介でした。ここで挙げたスキル以外にも、ガード性能+や回避性能+で自身の生存率を上げたり、トラップマスターと合わせて捕獲の見極めをつけ、捕獲クエストをより確実に成功させられるようにしたりと、目的に合わせてかなり幅広くスキルを組み合わせることが可能な武器です。攻撃力はそこまでではありませんが、この汎用性の高さが片手剣の売りの一つでもあります。その分、一つの武器でも長く楽しめるので、そういう点で魅力のある武器だと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする