【MHXX】ハンマー×ブレイヴスタイルの考察 ~操作方法、立ち回り方について~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

ハンマー×ブレイヴスタイルの考察記事です。ハンマーのブレイヴスタイルにおけるアクションの特徴や立ち回り方について書いていきます。

ブレイヴスタイルは、モンハンダブルクロスより新しく追加されたスタイルです。ブレイヴゲージを溜めてブレイヴ状態になることによち、高火力の攻撃を継続的に出すことができる攻撃的なスタイルです。非ブレイヴ状態ではアクションがかなり制限されるので、他のスタイルに比べて著しく非力ですが、一度ブレイヴ状態になれば、専用アクションを中心としてハンターの力が大きく強化され、驚異的な攻撃力を発揮することができます。

ハンマーのブレイヴスタイルは特に個性的で、これまでハンマーの代名詞ともいえる強力な攻撃、縦振りからのホームランができなくなっています。その代わりに溜め攻撃から連続で溜めていくことで新アクション「剛溜め」と「真溜め」を行うことができます。

 

それでは、ハンマー×ブレイヴスタイルについての考察をはじめていきます。ブレイヴスタイルの基本的なことについては以下のリンクをご覧ください。

【MHXX】新スタイル「ブレイヴスタイル」考察 ~特徴と立ち回り方について~

 

【1】ブレイヴスタイルの操作方法

ブレイヴスタイルでは、いかに早くブレイヴゲージを溜め、ブレイヴ状態になるかが鍵になっています。ブレイヴゲージを最も多く溜められる攻撃が納刀キャンセル攻撃です。ハンマーには2種類の納刀キャンセル攻撃があります。

〇納刀キャンセル攻撃とそのコマンド

(1)ぶん回し攻撃(YX

他のスタイルでいう回転攻撃からの最後のアッパーのような攻撃を放ちます。リーチも長く、威力も高いですが、隙も大きいので、使いどころに注意です。威力が高いからといってもう一つの納刀キャンセル攻撃と比べてゲージ増加量が劇的に違うわけではないので、積極的に狙う必要はありません。状況に応じて便利な方で攻撃しましょう。

 

(2)横殴り(YA

普通の横殴りです。リーチが短く、モンスターに密着するくらいの距離でないと当たらないのが欠点ですが、その分攻撃時間も短いため、連続で入力することで短時間でブレイヴゲージをMAXまで持っていくことができます。個人的にはこちらを使って一気に連続攻撃する方がブレイヴ状態になりやすい気がします。

 

ブレイヴ状態になると、剛溜め&真溜めが使えるようになります。それぞれの特徴は以下の通りです。

(1)剛溜め(溜め攻撃後にRを入力する)

ブレイヴ状態時に通常の溜め攻撃を放ったあと、再びRを押すことで剛溜めになります。そこからRを離すことで剛溜め攻撃を放つことができます。剛溜めは2段階溜めることができ、どちらも見た目は同じカチ上げ攻撃ですが、威力は2段階まで溜めた方が高いです。使い勝手としては通常の溜め攻撃2のような感覚で使うことができ、非常に使いやすいです。

 

(2)真溜め(剛溜め攻撃後にRを入力する)

剛溜め攻撃の後に再びRを押すことで真溜めに移行します。真溜めも2段階まで溜めることができ、Rを離すことで溜め段階に応じて2種類の攻撃がでます。溜め段階1だと通常の溜め攻撃3よりもモーションの速いスタンプ、2段階まで溜めると溜め段階よりも隙が大きく威力の高いスタンプになります。雰囲気は狩技のスピニングメテオみたいな感じです。溜め段階1の方が隙が少なく使いやすいのですが、溜め段階2は威力が高いので、モンスターがひるんだりして大きめの隙を見せたときはこちらも当てていきたいです。ブレイヴスタイルでの最大火力となる攻撃なので、上手く当てていくことが大切です。

【2】基本的な立ち回り

(1)非ブレイヴ状態

クエストがはじまったらこの状態からのスタートになるのですが、とにかく一刻でも早くブレイヴ状態になることが非ブレイヴ状態の立ち回りでは最優先事項です。ブレイヴ状態にならなければ、イナシが使えるだけしか取り柄のない、アクションを制限されただけのスタイルになってしまいます。納刀キャンセル攻撃2種類を駆使して、ブレイヴ状態を目指していきます。他のスタイルのメインである溜め攻撃は、溜め時間が長くなっているため非常に使いづらいです。中途半端にダメージを稼ごうとせずに納刀キャンセル攻撃を優先的に使って素早くブレイヴ状態になりましょう。

 

(2)ブレイヴ状態

ブレイヴ状態になったら、従来のハンマー同様、溜め攻撃を主体に攻撃を行っていきます。溜め攻撃から追加入力で溜め行動を続けることで剛溜め、真溜めに移行していきますので、ブレイヴスタイルらしく、継続的に攻撃を続けていくことが大切です。攻撃の手を緩めるとブレイヴ状態の継続時間も短くなりますし、ブレイヴスタイルの強みを発揮することができません。ブレイヴ状態になれば回避がステップに変わり、素早い行動が可能になります。ステップ回避を織り交ぜつつモンスターとの距離を調節し、溜め攻撃をどんどん当てていきましょう。もちろん、優先的に狙うべき部位は頭部です。休まず頭部を殴り続けることでスタンも狙いやすくなるので、ブレイヴスタイルの持ち味を生かせるよう、継続的に攻撃を加えるような立ち回りをしていきましょう。

 

以上、ハンマー×ブレイヴスタイルの考察でした。私自身がハンマーをあまり使わないので、興味本位でブレイヴハンマーをいじってみたのですが、剛溜め、真溜めが思った以上に面白かったです。攻撃時間も短いものが多いので、剛溜め、真溜めを使うと少ない隙を利用して頻繁に攻撃を加えることができるようになります。ホームランのような超高威力の一撃はないですが、平均火力という面ではどのスタイルよりも高く、ブレイヴスタイルらしい攻撃的な立ち回りが可能になります。使っていてとても爽快感があり、楽しくプレイすることができました。