【MHXX】チャージアックスと相性のいいおすすめスキルの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

チャージアックスおすすめスキルのまとめです。チャージアックスはモンハン4から追加された武器で、現在使用できる武器の中では操虫と並んで最も新しい武器です。スラッシュアックスと同じく、剣モードと斧モードの特徴の異なる2種類の形態に変形して戦っていく武器です。スラッシュアックスとの違いは、あちらは剣モードと斧モードそれぞれの攻撃力に大きな差はなく、場面に応じて適した形態で攻撃を加えていく武器なのに対し、チャージアックスは剣モードは斧モードのためのお膳立てをするモードで、剣モードで溜めた力を斧モードで発揮するという点です。その名の通り、エネルギーをチャージして解放する武器というわけです。

そんな特性もあり、チャージアックスは攻撃寄りの武器となっています。付けるスキルは、双剣やハンマーのような火力武器同様、攻撃系スキルがメインになります。チャージアックスはその攻撃性能に加えて、ガードも可能な武器です。なので、万能武器的な側面も持っており、ガンランスや狩猟笛のように「確実にこれを付けなければならない」というスキルはありません。自分の戦い方に合わせてセットするスキルを幅広く自由に選べる、カスタマイズ性の強い武器です。

 

この記事では、その自由に選べる中でもおすすめのスキルを紹介していきます。

(1)攻撃力UP

斧モードでの攻撃力の高さが売りの武器なので、やはり攻撃性能を強化するスキルを付けたいです。攻撃力UPのスキルは斬撃に加えて榴弾ビンダメージの威力も上げてくれる、シンプルながらもリターンの大きいスキルです。

 

(2)弱点特攻

肉質45以上の部位を攻撃したときに会心率を50%高めるスキルです。会心では残念ながらビンダメージを上げることはできませんが、榴弾ビンを使う場合、スタン狙いで頭部を攻撃することが多いので、頭部が弱点のモンスターには有効です。

 

(3)斬れ味レベル+

斬れ味ゲージを2段階増加させる、どの武器でも付けといて損のない火力スキルです。剣モードを中心に手数も多い武器なので、斬れ味ゲージが長くなるというだけでもうれしい効果です。

 

(4)砲術師、砲術王

榴弾ビンのチャージアックス限定で絶大な効果を発揮するスキルです。榴弾ビンのダメージが増加します(砲術師が1.3倍、砲術王が1.35倍)。砲術師と砲術王の差はわずか0.05倍しか変わらないので、基本的には砲術師までで十分です。砲術師でもネコ飯の「ネコの砲撃術」と併用してあげれば、上限の1.4倍になるので、中途半端にスロットが余っていたら砲術王にするくらいの心持ちでいいです。

(5)属性攻撃強化+2

こちらはほぼ強属性ビンのチャージアックス専用スキルです。弱点属性に大ダメージを与えることができます。スタンができる榴弾ビンが圧倒的に汎用性が高く有用とされている現状、強属性ビンを使うなら属性攻撃強化+2まで持っていき、弱点部位に正確に猛攻を加えるくらいの事をしないと強属性ビンを使うメリットは感じにくいでしょう。正しく使いこなせれば、榴弾ビン以上の火力を発揮することも可能です。

 

(6)装填数UP

剣モードでチャージするとき、黄色チャージでのビンチャージ数を3→5本、赤チャージで5→10本に増やすことができるスキルです。チャージの回数を減らし、斧モードで攻撃する回数を大幅に増やせるので、間接的に平均火力を大きく上げることができるスキルです。

 

(7)回避性能+

前転回避、ステップ回避の無敵時間を増やすことができるスキルです。斧モードはガードができない(変形斬りの際に一瞬ガードポイントが発生しますが)ため、生存率を高めるのに役立ってくれます。ただ、ジャスト回避があるブシドースタイルやイナシがあるブレイヴスタイルには必要ないでしょう。

 

(8)ガード性能+

剣モード、変形斬りなどのガードポイントでできるガードの性能を高めてくれます。壁ハメなどをされてどうしようもない時には重宝するスキルです。チャージアックスのガードはスキル無しでは本当に非常用という感じで、ランス系ほど頼りになるものではないのですが、このスキルによって頼れるガードになってくれます。ただ、こちらもブシドースタイルやブレイヴスタイルの場合には必要ないでしょう。

 

以上、チャージアックスのおすすめスキルでした。アクションが複雑で癖がある武器ですが、万能武器的なポジションなので、他の武器でも有効なスキルがそのまま流用できます。ディノシリーズや黒炎王シリーズなど、いわゆるテンプレ装備にチャージアックスを持たせるだけでも力を発揮してくれるため、とっつきにくそうに見えて実は誰でも使える武器となり得る要素を持っています。少なくとも、ガンランスや狩猟笛よりははるかに癖がない方です。今作から追加されたブレイヴスタイルとの相性もとても良いので、使ったことがない方もぜひいじっていただきたいです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする