【MHXX】ガンランスと相性のいいおすすめスキルの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

モンハンダブルクロスの発売まであと2日と迫りました。テレビCMも放送され、いよいよ発売に向けて盛り上がってきた感じです。これまで狩猟笛について様々な内容を取り扱ってきましたが、今回はガンランスについての記事を書いていきます。

ガンランスは私がモンハンシリーズを始めたときに最初に使った武器で、竜撃砲というロマンあふれる必殺技の魅力に惹かれてメイン武器として使っていました。戦うモンスターが弱い間は、竜撃砲を1発当てるだけでモンスターがひるんだり、竜撃砲でとどめを刺すといったことが多く、使っていて爽快感もあり、モンハン初心者の自分にとっては最高の相棒でした。今では色んな武器を使いたくなって、狩猟笛をはじめ色んな武器に浮気していますが、自分が購入した作品の中で、ガンランスを全く使わなかったシリーズはありません。決して万人に人気の武器ではないのですが、一部の熱狂的なファンによって支えられている、魅力あふれる武器です。

 

この記事では、そんなガンランスを使っていく中で、下準備としてどのようなスキルをつけておけばいいのか、おすすめのスキルを紹介していきます。ガンランスも癖の強い武器で、スタイルによっては必須級につけておきたいスキルもいくつかあります。

(1)砲術王 ※必須級!!

ガンランスを使う上では、どのスタイルでもぜひともつけておきたい、必須級のスキルです。砲撃・竜撃砲の威力が1.2倍になり、竜撃砲の冷却時間が90秒になります。さらに、クロスから導入されたヒートゲージの変動量が1/2になり、ヒートゲージの制御がやりやすくなります。ヒートゲージの導入により、砲撃をメインとして戦うことが多くなったので、砲術王による威力上昇の恩恵は過去のシリーズよりも大きくなりました。また、ヒートゲージは上手に制御しないと砲撃以外の攻撃の威力も落としてしまうので、その制御がしやすくなるというのも、見逃せない恩恵です。

 

(2)業物

斬れ味の消費量を1/2にできるスキルです。ガンランスの砲撃は斬れ味消費が大きく、ガンガン砲撃しているとあっという間に斬れ味レベルが落ちてしまいます。業物をつけておくと、武器を研ぐ回数が減るので、その分攻撃をたくさん行えます。砲撃主体の戦いを求められる今作のガンランスには、つけておきたいスキルです。

(3)砥石使用高速化

業物をつけるのが厳しければ、こちらでもOKです。斬れ味の消耗は変えられませんが、砥石使用の硬直時間を減らすことができるので、より気軽に斬れ味を回復できます。砥石使用高速化は「研ぎ師」のスキルポイントを10にすると付けられるのですが、こちらは業物と違い、1スロ2ポイントの装飾品があるので、武器・防具・お守り合わせて5スロ空きを作るだけでスキルを発動させられます。業物と違い、比較的容易に発動できるのが砥石使用高速化の特徴です。

 

(4)鈍器使い

斬れ味が下がるほど、武器の攻撃力が上がるスキルです。斬れ味の回復を完全に放棄して、逆に「鈍器使い」で攻撃力を上げて使うという選択肢も武器によってはありです。青・緑ゲージが短く、業物を使ったり、研いでもすぐに斬れ味黄色になってしまう武器なんかはいちいち斬れ味を気にするのは面倒です。いっそのこと斬れ味が低いまま戦えるようにこのスキルを付けておけば、砲撃のできなくなるギリギリまで砥石を使わずに殴り続けるという戦法がとれます。

 

(5)ガード性能

ガード時のノックバック、被ダメージを減らせるスキルです。ガンランスは元々ガード性能の高い武器なので、+1もあればガード時にほとんどのモンスターの攻撃を完全に防げます。+2あれば無敵のガード性能です。抜刀時の動きが遅く、モンスターの攻撃の回避が難しいガンランスにはこれまで砲術王以上に必須級のスキルでしたが、クロスになり、ブシドースタイルが導入されてからは必須ではなくなりました。ジャストガードがあればガード性能は必要ないので、ブシドースタイルには付ける必要はありません。ブレイヴスタイルもイナシがあるので、そこまで必要とはしないでしょう。しかし、これら以外のスタイルでは、未だに付けておきたいスキルではあります。

 

(6)ガード強化

普段ガードできないモンスターの攻撃を一部ガードできるようになります。このスキルでガードできるようになった攻撃にも「ガード性能」のスキルが効くので、2つを組み合わせればまさに鉄壁と化します。ダブルクロスからはグラビモスが復活します。グラビモスなんかはこのスキルを付けてお腹に張り付き、ガスをガードしながらお腹をチクチクしているだけで簡単に倒すことができます。このように、一部のモンスターに対してはめっぽう強くなれる強力スキルです。

 

以上、ガンランスのおすすめスキルでした。個人的にはガンランスは2ndGのときが全盛期で、だんだんと他の武器に遅れをとっている気がしているのですが、特別体験版でブレイヴスタイルでガンランスを使ってみて非常に戦いやすかったので、少しガンランスにも可能性を見いだすことができました。狩猟笛と並行して、ガンランスも久しぶりにメインとして使っていこうかと思っています。体験版では砲術王などのスキルを付けることができず、まだ真の性能を発揮しきれていないので、製品版での使用が今から楽しみです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする