【Gジェネジェネシス】第3弾追加DLC情報 ~追加ユニットパック「SDガンダム GGENERATION オリジナル」のユニット性能考察その1~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

Gジェネジェネシス第3弾追加DLCの情報記事です。今回は追加ユニットパック「SDガンダム GGENERATION オリジナル」より、マスターフェニックスとハルファスガンダムのユニット性能を考察していきます。どちらもGジェネシリーズオリジナルユニットで、その性能は強機体ほどではありませんが、比較的戦いやすいユニットで、生産コストもお手頃です。何よりどの機体もかっこいいので、使ってみたくなるユニット達です。

では、2機の性能を見ていきましょう。

【1】マスターフェニックス

(1)基本性能

(2)ユニットアビリティ

・ナノスキン

(毎ターンHPを10%回復。)

(3)考察

基本性能は220~250と、Zガンダム時代のユニットくらいの性能です。ちょっと力不足ですが、レベルアップやOPでカバーできる範囲です。地形適正が優秀で、宇宙、地上、水中に適応している上に、自力で空中に浮遊可能です。このブログでは何回も空中の移動適正について触れましたが、今作は自力で浮遊できるユニットが少ないので、自力で浮遊できるユニットは非常に重宝します。

武装は格闘武器とビーム・キャノンです。最大射程は7マスと長めですが、超強気で使用可能なバーニング・ソードが無いと2~3マスの攻撃手段がないのは痛いところです。2~3マスと言えば多くのユニットは攻撃手段があり、結構攻撃されやすい射程なので。しかし、バーニング・ソードは威力が6000もある特殊格闘で、射程も1~3マスまである優秀な格闘武器です。燃費もそこまで悪くないので、ステージ開始時にスキル「ハイテンション」を使って超強気にし、バーニング・ソードでガンガン敵を切り刻んでいく戦法が取れます。MP消費もないので、仮に一撃で仕留めそこなっても、反撃をかわすことができればテンションが落ちることもありません。ビーム・キャノンは補助的な役割で、メインはバーニング・ソードによる接近戦だと思って運用するのがいいでしょう。

なので、パイロットは格闘値が高く、アビリティ「ファイター」でバーニング・ソードの射程を伸ばせるキャラクターがいいでしょう。

(4)開発先

レベル2:フェニックスガンダム

レベル4:ハルファスガンダム

レベル4:ハルファスベーゼ・ハルバード

レベル10:サイコ・ハロ

フェニックス系統のオリジナルユニットに派生します。そして、今作屈指の強機体であるサイコ・ハロに開発することもできます。そのまま育ててもいいですが、サイコ・ハロに開発するという選択肢もありですね。

【2】ハルファスガンダム

(1)基本性能

(2)ユニットアビリティ

・ナノスキン

(毎ターンHPを10%回復。)

(3)考察

基本性能はマスターフェニックスと似たような感じです。ハルファスガンダムの方が少し適正は全体的に弱い感じです。ですが、こちらも自力で浮遊できるので、空中で戦わなければならない地上ステージでは重宝するでしょう。

格闘重視だったマスターフェニックスに対して、ハルファスガンダムは射撃重視の武装です。最大射程は7マスでマスターフェニックスと同じですが、1マスからすべての射程で攻撃手段を持ち、さらにサイコミュ兵器のフェザー・ファンネルまであります。覚醒値の高いキャラをパイロットにし、テンションを超一撃まで上げれば、より遠くの敵と戦うことができます。さらに、マスターフェニックス同様、超強気以上で使える1~3マスの特殊格闘「バーニング・フレア」もあります。威力はバーニング・ソードよりも下がるものの、十分に優秀な格闘武器です。武装面の優秀さではハルファスガンダムの方に軍配が上がるといえるでしょう。

乗せるパイロットですが、最高威力の武器は特殊格闘のバーニング・フレアですが、メインとして使っていくのは射撃武器なので、射撃値の高いキャラにするのがいいでしょう。サイコミュ兵器もあるので、覚醒値も高ければさらに攻撃性能は上がります。

(4)開発先

レベル2:フェニックスガンダム

レベル4:ハルファスベーゼ・ハルバード

レベル4:マスターフェニックス

レベル10:サイコ・ハロ

開発ルートはマスターフェニックスと同じような感じです。こちらからもサイコ・ハロを作れるので、今となってはDLCを使えば誰でもすぐにサイコ・ハロを入手できるということですね。発売当初より自軍の戦力増強がより簡単になりました。

以上、マスターフェニックスとハルファスガンダムのユニット性能考察でした。どちらも性能は似通っていますが、マスターフェニックスは格闘、ハルファスガンダムは射撃と差別化はしっかりできているのかなと思います。強機体には及びませんが、ホットスクランブルガンダムみたいなぶっ壊れ性能でも面白くないので、ちょうどいい強さかと思います。

他の第3弾追加DLCユニットについての考察は以下よりどうぞ。

【Gジェネジェネシス】第3弾追加DLC情報 ~追加ユニット「ホットスクランブルガンダム」の性能考察~

【Gジェネジェネシス】第3弾追加DLC情報 ~追加ユニットパック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のユニット性能考察~

【Gジェネジェネシス】第3弾追加DLC情報 ~追加ユニットパック「SDガンダム GGENERATION オリジナル」のユニット性能考察その2~

マスターフェニックスとハルファスガンダムはGジェネオリジナルの主人公機的なポジションのユニットなので、追加を待ち望んでいた方も多かったと思います。マスターフェニックスなんかはコード・フェニックスを乗せてマスターユニットで使ってみたいところですね。ただ、コード・フェニックスはスカウトするのに200000CAPITALも払わなければならないので、あまり気楽にスカウトできないのですが。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする