【MHXX】特別体験版感想その2 ~レンキンスタイルの使用感~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

モンハンダブルクロス特別体験版の感想記事です。今日は、レンキンスタイルについての感想を書いていきます。【MHXX】特別体験版感想 ~狩猟笛×ブレイヴスタイルの使用感~の記事では私がクロスからメインで使っている狩猟笛で使ってみたときの感想を書きましたが、今回は土曜日ということもあり時間もとれたので、狩猟笛・チャージアックス・ガンランスでレンキンスタイルを試してみました。

詳しい説明や考察はもっとたくさん使ってからやっていこうと思いますが、とりあえず今日は感想だけを書いていこうと思います。

【1】レンキンスタイルの特徴

レンキンスタイルは戦闘アクションに特別なものがあるわけではありません。レンキンスタイルの特徴は、クエスト中に使用アイテム欄に「マカ錬金タル」というものが加わり、戦闘中にレンキンゲージを溜めることでこれを使用することができるというものです。

レンキンゲージは時間経過で自然に増加していきますが、モンスターに攻撃を加えたり、戦闘動作をすることでも溜まっていきます。ゲージは最高5本まで溜めることができます。

アイテム欄から「マカ錬金タル」を使うと、その場でタルを振り回し、錬金術を行います。アクションの時間は結構短くて、モンスターがこちらを振り向くまでのわずかな時間でも可能です。錬金術をしたら2つのアイテムのうちどちらかを入手することができます。レンキンゲージの本数が増えていくと、追加で錬金術を行い、最大ゲージ量と同じ5回まで錬金ができます。回数が増えるごとに入手できるアイテムが変化します。

【2】レンキンスタイルを使ってみた感想

戦闘アクションの基本線は従来のスタイルと大きくは変わらないので、同じく新規追加されたブレイヴスタイルよりもとっつきやすい感じはしました。セットできる狩技は3つで、使用できる戦闘アクションはストライカースタイルに近いので、ストライカースタイルと似たような感覚で戦闘している感じです。ストライカースタイルが狩技特化のスタイルとするなら、こちらはマカ錬金タルによるアイテム使用を軸においたスタイルといったところです。錬金で入手できるアイテムの効果がどれくらいのものなのかは要検証ですが、耳栓効果のあるアイテムや回復アイテム、狩技ゲージをすべてMAXにするアイテムなど、プレイを大きくサポートしてくれるアイテムが多い感じです。手持ちのアイテムやスキル以外の効果も得られるスタイルということで、シングルプレイなんかでは便利そうな感じです。

狩猟笛との相性は結構良さそうな感じです。狩猟笛自身も旋律によってアイテムやスキルと同等の効果を戦闘中に得られるので、旋律と合わせて使用することで、様々なモンスターに最適なスキルで対応できる万能武器となってくれそうな気がします。しかし、攻撃特化のスタイルという感じではないので、討伐タイムは長くなりそうです。安定感を高めるスタイルという印象です。

以上、レンキンスタイルの感想でした。まだまだ未解明な部分が多く、強いのか微妙なのかまだ判断できないですね。ブレイヴスタイルも慣れが必要な部分があったので、それぞれのスタイルの真価を発揮できる戦術や戦闘法が見つかるまでは強さの結論を出すのは早いですね。せっかくの新スタイルなので、製品版がでたら私もたくさん使ってみてみようと思います。武器もメインは狩猟笛ですが、他の武器も手を出していきたいところです。

発売が今から楽しみです!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする