【ドッカンバトル】物語イベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー完結編~」攻略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

2月7日(火)より開催された新規物語イベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー完結編~」の攻略です。前編にあたる物語イベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー編~」の後篇にあたります。

前編の攻略については以下のリンクをどうぞ。

【ドッカンバトル】物語イベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー編~」攻略

ドラゴンボールの原作を追体験する物語イベントですが、GTに関しては第1話から順番に話を進めていっています。今回は超サイヤ人4悟空が実装されたこともあり、ベビー編のツフル星での最終決戦が舞台になっています。

GTイベントは他の物語イベントと比べてやることが多く、報酬も豪華なので周回する価値の多いイベントです。今回の報酬で狙うべきはドロップキャラクター2体と、既存のドロップキャラクターのドッカン覚醒のためのメダル、秘宝で入手できるサタンバッヂといったところです。

それでは、イベントの情報をみていきましょう。

【1】ステージ報酬

ステージ数は6ステージと少なめです。しかし、全てのステージ・難易度で龍石が1個手に入るので合計12個の龍石を入手できます。ドロップキャラクターが必要ないくらい戦力の充実している方でも、最低限1回ずつは周回する価値がありますね。

物語イベントなので難易度は低く、そこまでステージクリアには苦戦しないでしょう。一番難しいステージ6のZ-HRADでは敵のHPが40万程度あり、1ターンに2回攻撃を仕掛けてきますが、超激戦と比べればはるかに楽です。

【2】周回するべきステージ

○ステージ2

このイベントでドロップ入手できる孫悟飯(GT)(寄生)とトランクス(GT)(寄生)のドッカン覚醒に必要な覚醒メダルを入手できます。2種類同時に手に入るチャンスがあるので、両方ともドッカン覚醒させたいときにちょうどいいです。ちなみに、このイベントの前編にあたるイベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー編~」でも同じ覚醒メダルが入手でき、そちらは1種類ずつドロップするステージがあります。ドッカン覚醒しているキャラが1つに絞られている場合は、そちらを周回した方がいいでしょう。

○ステージ3、4

ステージ3では孫悟飯(GT)(寄生)、ステージ4ではトランクス(GT)(寄生)がドロップします。どちらも自身と同じ属性の気力とDEFをサポートするパッシブを持っており、単属性チームで使える優秀なドロップキャラクターです。単属性チームを組むにあたって手持ちの戦力が足りない場合は、貴重な戦力となってくれるでしょう。

○ステージ6

前編イベントで手に入るドロップキャラクター【最悪の融合】ベジータベビーをさらにドッカン覚醒させるために必要な覚醒メダルが手に入ります。こちらもステージ2のメダル同様、前編イベントにドロップするステージがありますが、このステージの方が敵が1体しか出ない上に、2枚ドロップするので、周回効率はいいと思います。

【3】入手できるドロップキャラクター

①【邪気の発散】超サイヤ人孫悟飯(GT)(寄生)

上で述べたように、技属性の気力を+3、DEFを30%アップするパッシブスキルを持ちます。ドロップキャラとしては優秀な水準で、超3ゴテンクスサンドで気力とDEFを大きくサポートするキャラとしての活躍が期待できます。超サイヤ人、かめはめ波とリンクスキルに汎用性が高いものがあるのもポイントが高いです。超3ゴテンクス自体はあまり気力を上げ過ぎるとかえって必殺技の威力が落ちますが、チームに入るLR超サイヤ人悟空なんかは大量の気力を取得したいキャラなので、となりに置いてあげるといい仕事をしそうです。

②【溢れ出る殺意】超サイヤ人トランクス(GT)(寄生)

上の悟飯の知属性verパッシブ持ちです。知属性の気力+3、DEF30%アップということで、アルブウサンドで味方の能力を大きく上昇させてくれます。知属性にはDEF特化スキルを持ったLRピッコロがいるので、この2体がいればチーム全体の防御力をかなり上げてくれるでしょう。ただ、リンクスキルはかめはめ波を持たない分、上の孫悟飯には汎用性で劣ります。

③【侵食の脅威】スーパーベビー1

LRを除けばドロップキャラクター初の限界突破URです。今後はこういったキャラが追加されていくのでしょうか?

素の能力が高い上に、必殺技は超特大になりました。ドロップキャラクターで超特大の必殺技が使えるということは、相当にやばいことです。超特大といえばガシャ産SSRと同じ威力です。それをイベントで入手できるということは必殺技レベルMAXが容易にできるということを意味します。必殺技レベルを上げにくい下手なガシャ産URよりもはるかに優秀です。

さらに、パッシブスキルはターン開始時にATKとDEF5000アップです。そこまで大きな上昇ではありませんが、ほぼ確実に必殺技レベルMAXで運用できると考えれば、かなりの火力を出せそうです。超ベジットサンドに組み込んだらなかなかの活躍をしてくれそうです。

速属性のドロップキャラということで、LRフリーザを手に入れるための頂上決戦でも活躍が期待できます。

以上、物語イベント「ドラゴンボールGT ~復讐鬼ベビー完結編~」の攻略でした。このイベントに合わせて追加された初のドロップ産限界突破URであるスーパーベビー1の性能が衝撃的でした。ドロップ産でありながら、かなりのガシャ産SSRを上回る可能性があるキャラクターです。とりあえず、このスーパーベビー1だけでも作っておくと、フリーザの頂上決戦はかなり楽になるでしょうし、普通に速属性特化のチームでも活躍できそうです。

私みたいにドロップキャラを地道に強くしていくのが好きな方には、今回のスーパーベビー1の実装は今後の展開が楽しみになるイベントでした。今後の物語イベントに期待です!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする