【Gジェネジェネシス】おすすめ機体ユニット性能考察 ~Zガンダム~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

本日はGジェネジェネシスの記事です。おすすめユニット考察記事その4は、Zガンダムの考察です。Zガンダムは基本性能は300に届かず、あと一歩という性能ですが、武装は使いやすいものが揃っており、変形もできます。そこから開発を進めていくことでさらなるパワーアップもできるので、作っておいて損はしないユニットです。

それでは、さっそくZガンダムの性能をみていきましょう。

【1】ユニット性能

○MS形態

(1)基本性能

(2)ユニットアビリティ

・バイオ・センサー

(パイロットの覚醒値200以上かつ、テンション「超強気」以上で、攻撃・防御力+20。さらに、テンション「超一撃」以上で攻撃・防御力+40。)

・変形可能

(「変形」コマンドによってウェイブライダーに変形可能。)

○ウェイブライダー(MA形態)

(1)基本性能

(2)ユニットアビリティ

・バイオ・センサー

(パイロットの覚醒値200以上かつ、テンション「超強気」以上で、攻撃・防御力+20。さらに、テンション「超一撃」以上で攻撃・防御力+40。)

・変形可能

(「変形」コマンドによってウェイブライダーに変形可能。)

上でも述べたように、基本性能はそこまで高いわけではありません。ですが、Zガンダムシリーズ、ZZガンダムシリーズではゲストとして使える機体なのでそのあたりの作品まではメインとして戦っていけるくらいの性能は持っています。

武装の種類が豊富で、BEAM格闘に物理射撃、BEAM射撃の他に超強気以上で使える高威力のサイコミュ格闘があります。すべての武器を駆使すれば射程は1~7マスまで隙がなく、ほとんどの敵の攻撃に反撃ができます。最高威力をほこる巨大・ビームサーベルはパイロットの覚醒値が高いほど威力・射程が伸びます。レベル1のカミーユを乗せたときですら超一撃になれば1~4マスまで射程が伸び、使いやすい最強武器になります。もともとユニットアビリティのバイオ・センサーを発動させるためには覚醒値の高いキャラを乗せることが多くなるでしょうから、おのずとこの武器の性能も上がってくると思います。

変形も可能で、射撃武器のみになってしまいますが、変形後も2~7マスまでの射程はカバーしているので、1マスまで接近されなければウェイブライダー状態でも戦闘は可能です。

【2】入手方法

(1)開発

①Zガンダム3号機〔レベル3〕

→Zガンダム

②リック・ドム〔レベル6〕

→ドライセン〔レベル4〕

→バウ〔レベル3〕

→Zガンダム

開発はZガンダム3号機をクエストで入手し1回開発するのがもっとも早いです。生産リストに100体以上登録すれば3号機が生産リストに入るので、それを生産して開発しましょう。ZガンダムのシナリオでGETゲージをためるよりも楽です。また、我らがリック・ドムからも開発ができます。まあ、リック・ドムならこれくらい当然ですよね。

Zガンダムからリ・ガズィ→リ・ガズィ・カスタムと開発を進めていくと、そこからさらにνガンダム→Hi-ν→ユニコーンガンダムとどんどんパワーアップしていくので、将来性もあります。

(2)設計

ガンダムMk-Ⅱ + リック・ディアス

この2機の設計で生産リストに入れることもできます。Mk-Ⅱとリック・ディアスはそれぞれ2種類のカラーバリエーションがありますが、どの色の組み合わせでも大丈夫です。ただ、開発の方が手っ取り早いことが多いので、あまり設計に頼ることはないと思いますが。

以上、Zガンダムの考察でした。

私自身、作品としてZガンダムには結構思い入れがあります。私がガンダムを始めたのは「逆襲のシャア」を小学生のときに父に見せてもらったのがきっかけだったのですが、1番子供の頃にみたガンダム作品はZガンダムでした。もっともハマっている時期は毎日晩御飯のときにレンタルビデオ店で借りたものを見て、同じ話を何回も何回も見ていました。最終話の「宇宙を駆ける」なんて、何回見たのか数えきれないほどです。その中でZガンダムの戦う姿はすごく印象的で、終盤のバイオセンサーが発動してパイロットのカミーユと共に完全に従来のMSとは異質の存在に進化した姿は特に印象深く、ガンダムなのにドラゴンボールを見ているような気になりました。しかも最後にカミーユが精神崩壊してしまい、最終回なのにバットエンドのような終わり方をしてしまう話の進め方も、当時小学生だった私には衝撃的でした。普段小学生が見るような話なんて、正義の味方が悪を倒してめでたしめでたしというような話しかないですからね。私にとってZガンダムは、ガンダムの面白さを知る大きなきっかけになった作品でした。

やはりTVシリーズの主役を飾った機体なので、ちょっと特別感はありますよね。巨大ビーム・サーベルなんていう必殺技もありますし。使いやすい機体で性能には満足していますが、唯一の不満点はシロッコを倒したあの「ウェイブライダー突撃」ができないところです。あれだけビームが飛び交った戦場で最後に物理攻撃を仕掛けるという印象的なシーンだったので、ぜひゲーム内でも使いたかったです。まあ、次回作の楽しみにとっておこうと思います(いつになるかはわかりませんが)。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする