【Gジェネジェネシス】おすすめ機体ユニット性能考察 ~ガンダムデルタカイ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

Gジェネジェネシスおすすめユニット考察第3弾になります。今回はガンダムデルタカイです。この機体はアニメシリーズには登場しない機体で、作品カテゴリはUC‐MSVになります。デルタガンダムとデルタプラスのデータをもとにしてつくられた機体で、2つの機体のさらに上位機として作られた機体です。なので、そのユニット性能はかなり高く、実はこれまで紹介してきた強機体達と肩を並べられるくらいのポテンシャルを秘めたユニットです。開発も前回の【Gジェネジェネシス】おすすめ機体ユニット性能考察 ~フルアーマー百式改~で紹介したフルアーマー百式改への派生を少し変えるだけでできてしまうので、比較的楽に作れるユニットです。見た目もMSVらしくスタイリッシュで個性的なカラーリングなので、メインで使ってみたくなるかっこいいユニットです。

それでは、ユニット考察に移っていきましょう。

○ガンダムデルタカイの考察

【1】ユニット性能

(1)MS形態

①基本性能

②ユニットアビリティ

・n_i_t_r_o

(命中・回避率+5。覚醒値+50。パイロットの性格が変更される。)

・変形可能

(「変形」コマンドにより、ウェイブライダーに形態変化が可能。)

(2)MA形態

①基本性能

②ユニットアビリティ

・n_i_t_r_o

(命中・回避率+5。覚醒値+50。パイロットの性格が変更される。)

・変形可能

(「変形」コマンドにより、ウェイブライダーに形態変化が可能。)

基本性能はオール300には届かないものの、機動力は315とかなり高いです。さらに、武装の射程は1~7マスまで穴がなく、威力も高いものが揃っているので攻撃面も非常に優秀と言えます。サイコミュ兵器であるプロト・フィン・ファンネルはνガンダムのフィン・ファンネルと威力が100しか変わらず、使い勝手はそのままなので多少威力が小さいくらいしか差は感じません。また、ユニットアビリティのn_i_t_r_o(ナイトロ)はパイロットの覚醒値を上げてくれるので、ファンネルの威力向上に貢献してくれます。パイロットの性格を強化人間タイプにしてしまいますが、今作は「ハイテンション」スキルによってすぐに超強気にできるので、このデメリットはあまり気にはならないでしょう。

MS形態の性能が優秀な上に、ガンダムデルタカイは変形によって移動力が伸び、空中戦も可能になります。さすがに接近戦はできませんが、なんとMA形態でファンネルを使うことができます。覚醒値の高いパイロットを乗せれば、遠くまで移動して長射程のファンネルで攻撃できる高機動サイコミュMAという独特の戦法が可能になります。MA形態が単なる移動手段ではなく攻撃面でも優秀というユニットはなかなかいません。

いいところばかり書きましたが、1つ不安が残るのはEN管理です。ファンネル以外の射撃武器のEN消費が激しいので、継戦能力はそこまで高くありません。ファンネルでギリギリ倒せない敵をハイ・メガ・キャノンなどで落としたりしていると、結構すぐにENが空になってしまいます。ビーム・ライフル的ポジションのロング・メガ・バスターのENも25と結構多く、レベル1では5回しか使えません。スキルやOPで補っていく必要があります。

【2】開発について

(1)ガンダムデルタカイの開発方法

①リック・ドム〔レベル5〕

→リック・ディアス〔レベル2〕

→リック・ディアス【レッドカラー】〔レベル5〕

→百式〔レベル4〕

→デルタガンダム〔レベル5〕

→デルタプラス〔レベル4〕

→ガンダムデルタカイ

②シャア専用ザクⅡ【ジ・オリジン版】〔レベル6〕

→百式〔レベル4〕

→デルタガンダム〔レベル5〕

→デルタプラス〔レベル4〕

→ガンダムデルタカイ

上述したように、百式から派生を変えることで開発できます。デルタガンダムから変形が可能になり、使用感はそのままに性能が順当に上がっていきます。デルタガンダムは武装がビーム・サーベルとビーム・ライフルしかなく、少し戦いにくいですが、デルタプラスになれば武装面は大分改善されます。もともとのスペックも高いので、育てていくのはそんなに大変ではないです。

(2)ガンダムデルタカイの開発先

レベル2:デルタガンダム

レベル3:デルタプラス

レベル4:Sガンダム

レベル5:νガンダム

ガンダムデルタカイはまだまだ将来的に強機体に成長させられるユニットです。レベル4でSガンダムになり、そこからEx-Sガンダムに開発できます。また、レベル5でνガンダム→Hi-νガンダム→ユニコーンガンダムへと開発を進めていくことができます。これまで紹介した強機体になれるという将来性も魅力の一つです。

以上、ガンダムデルタカイの考察でした。ここまで自分で記事を書いていて、おすすめユニットというよりは強機体の括りで紹介してもいいような気がしてきたのですが、さらに上のユニットが存在するという点でおすすめユニットとして考察していきました。不安要素にEN管理を挙げましたが、それもレベルを上げていけば気にならなくなってくるので、強機体達に混ざって終盤まで使っても全く足手まといにはならないと思います。アニメには出てこないのでこれまで知らなかった方も多いと思いますが、開発の途中で使ってみたら意外と使いやすいことに気付くと思います。レベルをしっかり上げればユニコーン系よりも活躍することがあるかもしれません。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする