【1月13日発表】ニンテンドースイッチのプレゼン情報まとめ ~発売日、価格、発売予定ソフトなど~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

昨日1月13日に、任天堂が新規ゲームハード「Nintendo Switch」に関するプレゼンテーションを行いました。今日の記事はそのプレゼン内容をまとめていきます。

ニンテンドースイッチはこれまで「NX」の通称で呼ばれていたWiiUに次ぐ新規据え置きゲームです。私もこれまで名前を聞いていたくらいで、買うかどうかはソフト次第かな、と思っていたのですが、今回のプレゼンをはじめとして情報を仕入れていたら、欲しくなってきてしまいました。個人的に一番魅力に感じたところは、「据え置き機でありながら携帯機としても遊べる」ところですね。

(1)発売日、価格について

発売日:2017年3月3日(金)

希望小売価格:29800円

個人的には価格は思ったより安いという印象です。最近のハードは高価格化がどんどん進んでおり、4万くらいすることもあったので、35000円くらいはいくかもと思っていたので。予約開始日は1月21日(土)という情報がありましたが、1月23日(月)に「マイニンテンドーストア」という公式ストアがオープンし、そこでスイッチの発売もされるとのことでした。果たして21日から予約できるショップがあるのでしょうか・・・?

(2)商品内容

・Nintendo Switch本体

・Joy-Con(L)、(R)

・Nintendo Switchドック

・Joy-Conグリップ

・Joy-Conストラップ×2

・Nintendo Switch ACアダプタ

・HDMIケーブル

※2つJoy-Conの色が違う2つバリエーションが発売(赤と青1つずつのセットと、両方グレーのセット)。

(別売)

・Nintendo Switch Proコントローラー

(3)据え置きとしても携帯機としても遊べる3つのゲームモード

冒頭でも触れたように、ニンテンドースイッチの1番の特徴は据え置き機でありながら携帯機としても遊べることです。これによって、家でみんなで集まったり、家族で一緒にプレイできるという据え置き機ならではの利点と、持ち出してどこでも遊べるという携帯機の利点の両方を兼ね備えることができます。

○ゲームモード1:TV Mode

本体とドックを合体させHDMI端子でTVとつなぎ、Joy-Conと呼ばれるコントローラーで操作するモードです。普通の据え置きゲーム機としての遊び方です。

○ゲームモード2:Tabletop Mode

TV Modeではスイッチ本体どドックが合体している状態で使いますが、ドックから本体を外して、本体についているスタンドを立てればそれ自体をゲーム画面として遊ぶことができます。これで、テレビの無いところでもみんなで画面を見ながらゲームをすることができます。

○ゲームモード3:Handheld Mode

Joy-conはJoy-Conグリップと呼ばれる本体から取り外して2つに分離することができ、本体に2つのJoy-Conを付けることで、携帯ゲーム機として遊ぶことができます。バッテリーの持続時間は2.5~6.5時間、ゼルダの伝説では約3時間とのことです。USB-TypeCに対応しており、アダプタと繋いで充電しながらゲームをすることも可能です。

もちろん、Wifiにも対応しており、世界中の人と一緒にゲームができます。また、ローカル通信では最大8台まで同時に遊ぶことができます。ニンテンドースイッチのオンラインサービスは発売開始からしばらく無料ですが、秋からは有料になるとのことです。

(4)コントローラーについて

ニンテンドースイッチには、Joy-Conと呼ばれる2つのコントローラーがついています。普段は2つともJoy-Conグリップについていますが、取り外してそれぞれ別のコントローラーとして2人で一緒にゲームをしたり、2つを本体につけて携帯ゲーム機のように遊ぶことができます。

○搭載されている機能

・NFCリーダーライター

・ゲーム画面のキャプチャ機能(将来的に動画撮影にも対応)

・加速度センサー、ジャイロセンサーによるモーションコントロール

・モーションIRカメラ(Joy-Conと任意の物体の距離を測れる機能)

・HD振動(コップに入る氷の感触まで再現が可能な振動機能)

Joy-Conには専用のストラップもついており、それをつけるとLRボタンが押しやすくなったり、Joy-Conが持ちやすくなります。

(5)発売予定ソフト

○本体と同日(3月3日)発売予定

・ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

・1-2-Switch(ワン・ツー・スイッチ)

・ドラゴンクエストヒーローズ1・2 for ニンテンドースイッチ

・スーパーボンバーマンR

・信長の野望 with パワーアップキット

・いけにえと雪のセツナ

・ぷよぷよテトリスS

・魔界戦記ディスガイア5

○2017年3月発売予定

・いっしょにチョキッとスニッパーズ

・三國志13 with パワーアップキット

○2017年4月28日(金)発売予定

・マリオカート8 デラックス

○2017年春発売予定

・ARMS

・みんなでワイワイ!スペランカー

○2017年夏発売予定

・スプラトゥーン2

○2017年冬発売予定

・スーパーマリオ オデッセイ

○2017年発売予定

・ゼノブレイド2

○発売日未定

・ウルトラストリートファイター2 ザ・ファイナルチャレンジャーズ

・プロジェクト オクトパス トラベラー

・ドラゴンボール ゼノバース2(仮称)

・真・女神転生シリーズ最新作

○その他名前の挙がったタイトル

・NBA2K18

・ブレイブルー

・EAスポーツ FIFA

・ソニック マニア

・ドラゴンクエストⅩ オンライン

・ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて

・ファイアーエムブレム無双

・プロジェクト ソニック 2017

・ダービースタリオン

・太鼓の達人

・アーケードアーカイブス

・テイルズオブシリーズ

・牧場物語

・スカイリム

・マインクラフト

以上、1月13日のプレゼンテーション内容のまとめでした。ソフトのラインナップを見てみると、任天堂のゲームだけでなく多くのメーカーのゲームの発売が既に決まっており、どのメーカーも目をつけているハードであることは間違いないと思います。私の中で購入確定のゲームは、スプラトゥーン2とゼノブレイド2ですね。スプラトゥーンはWiiUのときに相当やりこみ、のめりこんだので今回も楽しめそうです。ゼノブレイドは1をまだクリアし終わっていないのですが細部まで作りこんだやりこみ甲斐のあるRPGで、こちらも非常に面白かったので、続編に期待しています。あとはマリオオデッセイ、ゼノバース2といったところですかね。ただ、どれもスイッチ本体よりも遅れての発売のソフトなので、本体を買ったときに何か買おうかと思っています。やるならゼルダですかね。

ニンテンドースイッチは据え置き機にも携帯機にもなるという独特の個性を持ちながら、PS4とも戦っていけそうな高性能機なので、非常に期待値の高いハードです。私は普段は初期不良を恐れて新規ハードは遅れて購入する人間なのですが、せっかくゲームレビューや攻略をするブログを始めたことなので、買ってみようと思います。ただ、予約で売り切れなければの話ですが・・・。

ファミコンミニの時のように売り切れてしまってどこに行っても買えないということが無いように、早めに予約しておこうと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする