【Gジェネジェネシス】強機体ユニット性能考察 ~ネオ・ジオング~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

今日は今作最強MAとして名高いネオ・ジオングの考察をしていこうと思います。強機体考察記事も4回目になり、多くのユニットの素晴らしさを伝えてきましたが、このユニットの強さは、その中でも別格です。このユニットは基本性能はもちろんのこと、武装、ユニットアビリティもずば抜けています。サイズがXXLのため自軍の編成の幅を狭めてしまう、宇宙しか地形適正がないため地上では使えないなどの弱点もありますが、それを補ってあまりある強機体、いやもはや厨機体と言っても過言ではないほどの性能です。これを作ることができれば難易度HARDくらいまでの宇宙ステージはクリアできるくらいのポテンシャルを秘めています。

それでは、考察に入っていきましょう。

(1)基本性能

(2)ユニットアビリティ

・サイコフレーム

(命中・回避率+5、覚醒値+30。)

・インテンション・オートマチック・システム

(覚醒値200以上で、攻撃力+20、機動力+20。)

・サイコシャード

(周囲9マス範囲内の敵ユニットがBEAM射撃・物理射撃・特殊射撃属性の武装を使用できなくなる。)

・Iフィールド

(BEAM射撃属性に対するダメージを50%軽減する。)

・パージ可能

(「パージ」コマンド使用によってHP・ENを全回復し、シナンジュに形態変化する。帰艦すると元に戻る。)

(3)シナンジュの性能

○基本性能

○ユニットアビリティ

・サイコフレーム

(命中・回避率+5、覚醒値+30。)

・インテンション・オートマチック・システム

(覚醒値200以上で、攻撃力+20、機動力+20。)

(4)考察

基本性能からして他のユニットを大きく上回る性能です。攻撃・防御に関しては370もあり、時代が後の作品の機体であるΞガンダムを超えています。機動力は260と低く感じますが、それでもフルアーマーZZガンダムが270なので、わずか10しか変わりません。ちょっと足の遅めのMSくらいの機動力です。

このユニットの凶悪なところは、ユニットアビリティの「サイコシャード」の性能です。自機の周囲9マス範囲内のユニットは射撃攻撃が一切できません。BEAM、物理はもちろんですが、特殊射撃も封じるので、ファンネルなどのサイコミュ兵器すら使うことができません。このユニットが攻撃を受けるのは、格闘武器か、10マス以上の射程を持つ射撃武器のみです。しかし、10マス以上の射程を持つ射撃武器はかなり覚醒値を上げたパイロットが乗り、超強気くらいのテンションになってから使うファンネルや戦艦の武装、ヨルムンガンドの主砲くらいのものです。実質格闘武器でしかダメージを受けない、と言い換えてもいいくらいです。

その上、ダメージが蓄積しても、「パージ」してシナンジュになればHPが全回復します。ネオ・ジオングのHPが28000、シナンジュが17500なので、やられる前にパージすることを考えても、合わせて40000近くはHPがあることになります。パージはEN回復という利点もあるので、生存能力、継戦能力ともにNo1といっていいでしょう。

攻撃面でも隙がありません。1~9マスまでのすべての射程に穴がなく、BEAM射撃だけでなく特殊射撃のサイコミュ兵器まで備えています。1マスのアームユニットは少しもの足りない威力ですが、射撃武装に関しては威力も文句なしです。

さらに強いところが、パージによって変化するユニットがシナンジュというところです。シナンジュ自身もユニコーンガンダムと同等の性能を持つかなりの強機体です。こちらは豊富な格闘武器に最大射程も7マス、基本性能はオール300超えです。その中でも機動力は330もあります。覚醒値200以上のパイロットが乗れば、350です。そう簡単にやられることはないでしょう。

このユニットの力を最大限に生かすには、インテンション・オートマチック・システムの恩恵を受けられる覚醒値200以上のパイロットを乗せましょう。それだけで攻撃・機動

が+20されるので、基本性能の高さをさらに底上げできます。ネオ・ジオングのときに使えるビットの威力や射程にも影響するので、ここは外せないポイントです。

弱いところのないといってもいいくらいのユニットですが、上述したように、サイズと地形適正には注意が必要です。XXLという機体サイズは、通常の部隊に入れた場合、枠を4つも使ってしまうので、1部隊すべての枠を埋めてしまいます。さすがに4機編成できるのを1つにしてまでも使いたいというのは言い過ぎなので、基本的にマスターユニットで使うことになりそうです。他の大型ユニットと何体も並行して使うのはきついです。また、宇宙しかいけないので、地上ステージではこのユニットに頼った攻略はできません。まあ、このユニットを作っているころには他にも強力なユニットが生産リストに登録されているでしょうから、それらを使えばいいだけのことですが。

以上、ネオ・ジオングの考察でした。ユニットの説明をみる限り、誰が見てもぶっ壊れとわかるくらいの強力なユニットで、正直「考察しなくても強いってことくらい分かるよ」というユニットです。【Gジェネジェネシス】将来性のあるおすすめユニットと開発ルート紹介 ~シナリオ「機動戦士ガンダム」編~で紹介したように、ネオ・ジオングはリック・ドムから開発すればあっという間にできてしまいます。このゲームを手っ取り早く攻略したければ、とにかくリック・ドムを鍛えればいいということです。リック・ドム万歳!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする