【ドッカンバトル】超激戦イベント「恐怖のセルゲーム」難易度SUPER攻略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

パーフェクトセルとの超激戦「恐怖のセルゲーム」の攻略です。本日12月1日より、新難易度「SUPER」が実装されました。今回の記事はその攻略です。

パーフェクトセルのフェス限キャラはすでに技属性がいますが、今回のDOKKANフェスで、力属性の100%アップリーダーとしてフェス限キャラとして再び登場しました。これで通常ガシャ産と合わせて3体目のパーフェクトセルです。私は原作のボスキャラの中でもセル(というかセル編そのもの)が好きなので、1体くらいは欲しいのですが、残念ながら未だに縁はありません。現在龍石は当たりもしないベジットブルーに全て使い果たしてしまったので、とてもここで引く気にはなれません。2周年記念イベントや年明けイベントまでためておこうと思います。

キャラは手に入らなくても、超激戦に挑戦はしてみました。今回はとりあえずフェス限も使用可能にして、70%アップサンドで攻略していきます。

○難易度SUPER基本情報

すでに実装されていたステージ1、2はそのままに、ステージ3が追加され、それが難易度SUPERとなっています。ブロリーと同じパターンですね。ステージ2では特殊スキルである「再生能力」がやっかいで、一度にゲージ1本以上も回復されてしまいましたが、今回もセルは再生をしてきます。ステージ2同様、何体かのパッシブスキルか、リンクスキル「魂vs魂」の発動で、再生能力を減少させることができます。過去の難易度SUPERの超激戦の例にもれず連戦です。今回は3連戦です。

○ステージクリア報酬

難易度SUPERをクリアすると、恐怖のセルゲームメダルを7枚もらえます。ステージ2では1枚しかもらえませんが、ステージ3では7枚も手に入るという、これもブロリーと同じ形式ですね。今回新たにドッカン覚醒が追加されたキャラは、【受け継がれる魂】超サイヤ人孫悟飯(少年期)〔必要メダル35枚〕と、【完全勝利への道筋】パーフェクトセル〔必要メダル77枚〕と、【時を越える邪悪】セル(第一形態)〔必要メダル21枚〕です。

○攻略パーティー

screenshot_2016-12-01-20-14-17

今回はアルブウサンドでいきました。高火力・超回復で攻撃力と安定を兼ね備えたチームです。私の所持している知属性にはセルの再生対策として有効なキャラが多めにそろっていたので、超ベジットよりもこちらを優先しました。18号はパッシブスキルとリンクスキル、超トランクスと16号はリンクスキルで再生減少が狙えます。アルブウでガンガン気玉を取得して高火力を発揮するため、超サイヤ人悟空と合体13号で気玉を変換していきます。例によってアルブウの火力をひたすらあげることに特化したチーム編成です。

 

○基本戦略

自身とフレンドのアルブウは毎ターン登場して回復するために1・2番目に配置します。隣におく相方は、1つ目は超サイヤ人悟空、2つ目はパッシブがセルに有効な18号です。アルブウの攻撃は毎回30~40万もくらうので、かなりのダメージが行くのですが、セルはそれも上回る40~60万もの再生(体力回復)をしてきます。超トランクスなんかは自身のパッシブだけで毎回必殺技を打てるくらいの気力が補正されるので、どんどん必殺技を打って、全体火力を底上げしていきます。

○ボス攻略

・1戦目 セルジュニア(体属性)×2、(知属性)・(技属性)・(速属性)各1体ずつ

1戦目はいきなり5体との戦いです。しかし、ゴルフリの超激戦のように高火力、高耐久というわけではありません。通常攻撃ではこちらは1万もくらいません。また、必殺技もほとんど打ってこず、打ってきてもダメージは3万程度です。とはいえ、毎ターン5体とも攻撃を仕掛けてくるので、油断せずに1体1体確実に数を減らして被ダメージを抑えることが必要です。1体あたりの体力は20~30万くらいです。

・2戦目 パーフェクトセル(技属性)

見た目は技属性のドッカン覚醒前のものです。技属性なので、知属性のアルブウサンドでは通常攻撃で1万程度、必殺技でも3万程度のダメージに抑えることができます。体力ゲージは4本、1ターンの攻撃回数は3回です。3ターンに2回くらいのペースで再生能力スキルを使い、体力を回復してきます。ここでは有利属性なのでアルブウの攻撃力の方が高いので心配はいりませんが、40万以上の体力回復をしてくるのでやっかいです。しかし、18号のパッシブや「魂vs魂」リンクを発動させれば、回復はわずか1万程度まで減少します。これがあるか無いかで倒すために必要なダメージが100万以上変わってくることもあるので、必ず狙っていくべきです。3戦目が力属性なので、それを見越して超ベジットサンドで挑む場合はこの形態が鬼門になってくると思うので、ここで整列おばけを使って回復の回数を減らしていきましょう。下手したら、回復量を上回るダメージを与えられず、突破できなくなる恐れもあります。

・3戦目 パーフェクトセル(力属性)

体力ゲージは5本、1ターンの攻撃回数は4~5回です。ここは有利属性でないと通常攻撃で2~3万、必殺技は8万近くのダメージを受けてしまいます。また、スキルによる回復量も大きく、一度に60万近く回復してきます。しっかりと再生減少スキルを発動させ、敵の回復を妨害しましょう。こちらも減少スキルが発動すれば、回復量は1万程度まで減少させることができます。アルブウサンドはとにかく気玉をいかにたくさんアルブウに取らせるかだけを考え、残りのキャラはサポートに徹します。必殺技が打てそうなら、アルブウ以外でも必殺技を打ちます。他の多くの超激戦と違ってダメージ軽減スキルは持っていないので、とりあえずかめはめ波リンクの発動したアルブウなら、平均40~50万程度のダメージを与えることができます。再生減少を2ターンに1回は必ずぶつけることができれば、有利属性でなくても突破できると思います。

というわけで、「恐怖のセルゲーム」難易度SUPERの攻略でした。回復はうっとうしいですが、ダメージは気持ちいいくらい通るので、気持ちよく戦える相手でした。ただ、しっかりパッシブとリンクで再生能力を減少させないと面倒なので、ちゃんとこれらのスキルの発動するチームで戦った方がいいでしょう。ベジットブルーやロゼサンドでよほど高火力のキャラを寄せ集めたチームでもない限り、ただの力押しで攻略するのは難しいでしょう。パッシブはともかく、「魂vs魂」は超強襲の16号やパイクーハンなど、ドロップ入手できるキャラも持っているスキルなので、再生減少のガシャ産SSRを持っていなければ、これらのキャラを育てて活用するのも手でしょう。こういう特攻キャラのいるステージがあると様々なキャラが活躍できるので、私は大歓迎です。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする